サムネイル

ここぞという時こそアナログ!手紙で彼女を喜ばせる方法

メールやLINEでのコミュニケーションが主流になっている時代にあえて「手紙」を彼女に渡すのはとてもロマンチックで素敵です。彼氏から手紙を受け取ることに対してたいていの女性は好意的です。あなたのことを思って書いたその手紙は彼女の一生の大切な宝物として残るでしょう。

  • 更新日:

ここぞという時こそアナログ!手紙で彼女を喜ばせる方法

今の時代アナログな手紙なんてそうそう書いて渡しませんから、彼氏がわざわざ手紙を書いて渡してくれたというだけでも彼女は嬉しいものです。メールやLINEで済むはずのコミュニケーションをわざわざアナログな「手紙を書いて渡す」というコミュニケーションをしてくれるというのは、まるでプレゼントを貰ったかのような特別な気分になるでしょう。
せっかく手紙を書くのですから、その内容でもっと彼女を喜ばせることが出来たら、その手紙は彼女にとって一生の宝物になるかもしれませんね。手紙で彼女を喜ばせる方法をいくつかお教えいたしますので、彼女にお手紙を書く時に参考にしてみてくださいね。

普段は照れくさくて言えないようなキザなことを書く

手紙というロマンチックな行為だからこそ、メールやLINEで伝えにくい、普段では照れくさくて言えないようなキザな文章が書きやすいものです。
彼女も普段キザな言葉を伝えられたら「急にどうしたの?」となりますが、手紙を渡されるということ自体がロマンチックなので、内容が多少キザでも素直に喜べるものです。
少し照れながらも、一生懸命書いている彼氏の姿を想像して彼女は嬉しくて心が満たされていくでしょう。

普段言わない感謝やお礼を書く

関係が長く続くと、いろいろなことが当たり前になってしまって、感謝やお礼といった気持ちを伝える機会が少なくなっているかもしれません。当たり前のことになってしまっていたら、何でもない感謝の気持ちやお礼の気持ちがいざという時に照れくさくて言えないことも多々あります。そんな時に、メールやLINEではなく手紙を書いて渡すという行為をしてみてください。彼女はあなたの気持ちを普段から分かっていたとしても、その特別な行為をとても大事で重要なものとして受け取り、感動して、何度も読み返すことでしょう。

彼女の存在が自分の人生にプラスなっているということを書く

これは感謝やお礼と一緒で、関係が長く続くとお互いが一緒にいるのが当たり前のことになり空気のような存在になってしまいがちです。そのような場合彼女は、あなたにとってどの程度の重要な存在か分からなくなっている場合もあるかもしれません。そして時には自分の価値に悩む時があるかもしれません。そのような時にあなたが、「彼女の存在が自分の人生にとっていかに大きいか」「彼女がいることによっていかに楽しく充実した毎日が送れているか」というような、彼女の存在が自分の人生にプラスになっているかといったことを書いた手紙を渡せば、あなたとの関係性をこれからも続けていく上で彼女にとっては、その手紙はこのうえない支えとなるでしょう。

彼女と自分の未来について一言添える

メールやLINEはコミュニケーションとして効率的な割り切った道具ですが、今の時代、アナログな手紙は思いの丈を詰めるロマンチック道具として機能しますので、彼女としてはあなたへの特別な感情を手紙から見いだします。そして、もらった大事な手紙はふとしたタイミングで何度も読み返したりもするでしょう、頻繁には受け取らない手紙ですから、受け取った時の嬉しさを思い返すとともに、手紙をもらった時の特別な気持ちと、日常の気持ちとの間にギャップを覚え、少し寂しくなることとがあるかもしれません。ですから、手紙の内容に「また手紙書くね」とか「彼女と自分の将来」について書いてあげると、あなたとのこれから先の未来を彼女は思い描きやすくなり、とても安心できるでしょう。

手紙をもらうことは嬉しい

手紙をもらうと、特別な気持ちになりますよね。きっと男性でも、手紙をもらって嬉しいと感じる人は多いのではないでしょうか?普段あまり書かないような手紙だから、何を書いたら良いのか悩んでしまいますが、この記事を参考にして、彼女に手紙を書いてあげてくださいね。きっと2人の思い出の一つになりますよ。

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター