サムネイル

知ってるようで知らない!?大人男子の和食マナー

和食ってほぼ毎日のように食べるものだけど実際に和食マナーについて聞かれると実は知らないことが多いですよね。そして洋食と和食でマナーの内容はかなり違うもの。日本人として、彼女のパートナーとして恥ずかしくない大人のマナーを身につけ、おいしく楽しい和食デートに彼女を誘ってみてはいかがでしょうか。

  • 更新日:

意外と知らない!和食マナーは大人のマナー

お米にお味噌汁・焼き魚に漬け物など日本人なら毎日のように食べている和食ですが、いざ料亭などの和食店でデートをしようと思ったとき、について自信がないという人も多いのではないでしょうか。身近なようで意外と知らない和食マナー。

ここでは、和食デートに行ったとき困らないように基本的な和食マナーと和食デートをするときのポイントをご紹介します。

和食のマナー

和室でのマナー

まず靴を脱ぐ時は、正面を向いて靴を脱いでから靴の向きを直します。後ろを向いたまま脱いではいけません。向きを直すときも背中を斜めにして膝をついて座ります。訪問先に背を向ける行為は失礼に当たります。また、室内を歩く時に敷居や畳の縁、座布団を踏むのはマナー違反です。ぼんやり歩くとすぐに踏んでしまうので注意が必要ですが、意識しすぎてぎこちない歩き方になるのも格好悪いですよね。作法やマナーがあることは頭に入れ、できるだけスマートに振る舞えるように意識しましょう!

基本的に和室は正座です。足がしびれても乾杯までは我慢・・。乾杯をして食事が始まれば足を崩すのは失礼に当たりませんので、正座が苦手な方もここは少しだけ我慢して!女性の前ではあくまでも紳士的に振る舞えるように頑張りましょう!

上座と下座

席には上座と下座があります。基本的に出入り口から一番遠くて床の間を背にした席が上座になります。床の間が背にならない席の場合、床の間に近い席が上座となります。以降は、床の間に向かって右側の方が上位の席、一番出入り口に近い席が下座になります。

これを覚えておくだけでも失態のリスク減りますよね!何も知らずに彼女のご両親を横目に自分が上座に座ってしまってはヒンシュク必須です。

食事が始まる前のマナー

割り箸は上下に割って一旦箸置きに戻します。食事中に箸を置くときも箸置きを使います。

おしぼりは手を拭くためのものなのでテーブルや口、顔などを拭いてはいけません。懐紙を用意しておくと便利です。ちょっとこぼしたときなどにテーブルを拭いたり、口元を拭くこともできます。懐紙はテーブルの下やポケットなど目につかないけれど取りやすい場所に置いておきましょう。料理が運ばれたら、蓋物の蓋は全て取りましょう。取った蓋は裏返しにして膳の外に置きます。

細かい点ですが、食事が始まる前でもマナーは必要ですよね!ガチガチに固まった食事はお互いが楽しめなかったりしてしまいがちですが、そこはデートということを忘れずに!

食事中のマナー

和食では椀や小皿は持ち上げていただきます。刺身のしょうゆや天つゆなどは胸元まで持っていって食べるようにしましょう。食べるときに手を添えて食べる人も多いですが、実はマナー違反です。気を付けましょう。

食べる時は箸で一口大にしてから口に運びます。真ん中から取るのではなく、手前や端のものからいただきます。揚げ物など一口で食べられないものは2、3回に分けて食べてもよいですが、一度口をつけた料理を皿に再び戻してはいけません。

食後のマナー

食べ終わったら全ての蓋を元通りに戻します。蓋を逆さにするのは傷がつくのでやめましょう。同様の理由で空いた皿や器を重ねてはいけません。魚の骨や頭やしっぽなど残ったものは、器の隅に寄せて懐紙で覆い隠しましょう。口元を拭く時も懐紙を使用します。和食では極力おしぼりを汚さないことがマナーになります。

普段やりがちなおしぼりの乱用ですが、和食に置いてはNGマナーに。ついつい居酒屋やレストランの感覚のままやってしまいがちですが、ここは懐紙を使いましょう!高級レストランと同じですので、気をつけましょう!

彼女との和食デートで押さえるべきポイント

レディーファーストではなく男性優位

フレンチやイタリアンなど洋食のレストランではレディーファーストが当たり前ですが、和食はレディーファーストではなく基本的に男性優位となります。ですので、席も上座が男性、下座が女性になります。

お店に行く前に女性に一言話しておくとスムーズに座ることができると思います。男性優位だからといって当然偉そうにしたり見下したりしていいわけではなく、お互いに敬意を持って楽しく食事をしましょう。

懐紙を店に入る前に渡しておこう

食事のマナーで紹介したように、和食では口元を拭くとき、テーブルの上を拭くときなど懐紙があるとよい場合がたくさんあります。彼女が和食マナーに詳しくて持っていればいいのですが、そうでない場合事前に懐紙を渡して、使い方を教えてあげてください。

男性側だけ懐紙を持っていてスマートに食事をしていて彼女が何ももっていないのでは、彼女に恥をかかしてしまうことになって気まずい食事になってしまいます。偉そうに教えるのではなく、さりげなく教えて渡してあげるのが優しさです。男性がさりげなく懐紙をくれるなんて。大人の男性しかできないことなので、ぜひ覚えておいてくださいね!

彼女がマナーを知らない場合は教えてあげよう

和食のマナーはたくさんあるので中には彼女が知らないものもあるかもしれません。彼女がマナー違反なことをしたときはさりげなく教えてあげてください。「こんなことも知らないのかよー」と見下した態度ではなく、食事中の雰囲気を壊すことなくさりげない会話の一環として話してあげると彼女も素直に聞いてくれると思います。

しかしあまりうるさく言い過ぎると彼女は不愉快になってせっかくのデートも台無しになる可能性があります。多少のマナー違反は目を瞑ってあげることもときには大切です。

まとめ

和食のマナーはなかなか難しく、知っているようで意外と知らないものも多かった人もいるのではないでしょうか。せっかくの日本人ですから、和食デートもたまにはいいですよね。マナーを知っていれば大人の男性として堂々と振る舞うことができると思います。ぜひ参考にしてみてください。

和食マナーを知っておくとデートだけでなく接待などで色々な場面で役に立ちます。

内容について報告する