サムネイル

女のホンネはこうなんです!セフレ女子の本音5選

性に関して多様化してきた近年でありますがセフレがいる女子ってなんだかあまりいいイメージを持たれないのが現状。「友達以上でも恋人にはしたくないんだー」と、セフレ持ちの女子もなんだか理由があるみたいですよ。今回は彼女たちの本音を探っていきます。

  • 更新日:

セフレ持ち女子=どスケベなの?

セフレがいる女性って、「そんなにセックスがしたいんだ…」と思いがちですが、理由はそれだけではないようです。
性のあり方も多様化している現代において、恋人同士ではないが肉体関係でつながっている「セフレ」という関係、「付き合いたくはないけどセックスはしたい」という微妙な感情を満たしてくれる関係性が成り立っている場合もあるそう。それでは他にどんな理由があるのか?今回はセフレがいる女性の本音にスポットをあてて解析してみました。

女のホンネはこうなんです!セフレ女子の本音5選

①彼氏が出来るまでの繋ぎ

彼氏を作るといってもそうそう簡単にできるわけではありません。顔の好みや相手の経済力、もちろん自分が好きでも相手が好きになってくれるとは限りません。彼氏を作るのには時間がかかる女性もいます。ですが、セフレは積極的になりさえすれば、彼氏を作るよりも簡単ですよね。しかも、割り切った関係なので女性としても楽なのです。
しかし、ただ単にセックスがしたいからという理由だけでセフレを作っているわけではありません。彼氏ができるまでの繋ぎ…要は時間潰しなのです。男性からしたら女性とセックスしたいという欲求をすんなり受け入れてくれるという女性といっただけの話です。

②その瞬間だけでも愛されていたい…

自分は望んでいなくとも、彼とつながっていたいがためにセフレでいるというちょっとせつないケースで、あくまで女性の方は、セフレという関係を望んでいないパターンです。一度セックスしてしまって、ずっとセフレの関係から抜け出せないままズルズルと関係を続けています。自分は相手のことが好きでたまらないのに、相手はどうやら自分をセフレと思っている…といった状況です。
自分はセックスが好きという訳でも性欲が強いという訳でもないのですが、女性からしたら「彼女になるのは無理でもセックスしている時だけは私だけを見てくれているような気がする」といった、好きな男性の言いなりになってしまっている状態です。

③ラフでWin-Winなセフレ関係

一度恋人同士だった二人が何かのキッカケでセフレになるといったケースです。女性としたら、付き合っていた頃と違って男性からのヤキモチや束縛もないし、「どちらかに彼氏や彼女ができるまでは続けよう」といったお互いWin-Winなセフレ関係です。一緒にいて気楽に過ごすことができるので、なかなかやめられないケースが多いようです。

④彼氏や夫に言いづらい性癖がある

彼氏や夫に言えない性癖があるケースです。「性癖=性欲が強い」という単純な事ではありません。例えちょっとした性癖でも、大事に思っている相手であればあるほど言い出せず、「引かれてしまうのではないか?」「嫌われてしまうのではないか?」といった感情に陥り、その感情が女性自身の引け目や負い目になっていく場合です。そして、その感情や性のはけ口としてセフレ作ってしまうのです。そしてセフレ相手には思う存分自分の素をさらけ出し、感情や性欲を爆発させますので、男性にとっては「性欲が強い女性」という印象を持つでしょう。

⑤セックスで寂しさを紛らわせるため

女性には寂しがり屋が多いですが、その寂しさの手軽な穴埋めにセックスをするといったケースです。特別に性欲が強いというよりは、かなりの寂しがり屋といったところでしょう。
このような女性は、寂しさを紛らわすためには、日替わりで気持ちを紛らわせてくれる相手がいないといけませんので複数のセフレがいる場合が多いです。曜日や都合に合わせてセフレを変えて自分の寂しさを紛らわせています。

女性がセフレを持つ理由、わかってくれましたか?

いかがでしたでしょうか?セフレがいる女性の本音は理解できましたでしょうか?「自らセフレになっている場合」「仕方なくなっているセフレになっている場合」もあるということですね。いずれにせよ、女性には色々な形のセフレ事情があるようです。どんな理由があるにしろ、あとあと後悔しないセックスライフを送ってもらいたいものです。

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめのまとめ

人気のライター