サムネイル

外国人女子が語る日本人男性の魅力・交際していて不安なこと

日本人男性は外国人にモテないという一般論が出回っているようですが、実際はどうなのでしょうか?私自身、六本木のバーで働いているのですが、日本人男性と外国人女性のカップルを見かけることも少なくないです。今回は、実際に日本人男性と交際経験のある外国人女子に日本人男性の魅力、日本人男性と付き合う点で不安な点を聞いてみました!

  • 更新日:

日本人男性の魅力・付き合ってよかったところ

では実際に、日本人男性と交際した外国人美女達が語る、日本人男性の魅力とは何なのでしょうか?日本人女性にとっては当たり前のようなことでも、外国人女子には新鮮に感じられるようです♪

スウィートでソフトなところ♡

1.日本人男性はデートでも働き者

日本人男性がデートプランを事前に練ってくれて、スマートにエスコートしてくれるところが外国人女子には嬉しいようです。ローカルにしか分からない現地のデートスポットに連れて行くことにより、彼女に日本の魅力を再発見してもらえたら良いですね♪
また日本人男性は仕事だけでなく、ベッドの上でも働き者のようです。「日本人男性が今まで付き合った男性の中で、一番ベッドの上で努力していると思う!」という声もありました♡

2.デートで女の子に気を遣ってくれる

日本人男性独特の優しい物腰、女の子への繊細な気遣いが外国人女子には嬉しいそうです。
まずは彼女が”退屈にしてないか”、”疲れていないか”、”デートを楽しんでいるか”をちゃんと聞いて、常に心配りをしてくれる点が外国人女子にとって、魅力的だそう♪たしかに日本人男性で、デート中に誰も興味のない自分の趣味について語り出したり、自分の思想を他人に押し付けるような人はあまりいないかもしれないですね。
さらに交際当初のデートで気まずいのが、会計時。交際が進むにつれて、割り勘になるのは仕方がないと思いますが、交際当初のデートで男性側がスマートに支払いしてくれたら、女性側も「彼は私のことを真剣に考えてくれているのかしら」と特別扱いされている気分に♡ 国によっては、デートで女性には絶対支払わせないというところもあるので、彼女の国の風習を事前学習して、恥ずかしい思いをさせないのは最低限のマナーだと思います。(常軌を逸した風習は、スルーしていいと思いますが)

外国人女子は日本人男性のギャップに萌えるらしい

1.爽やかな見かけとは裏腹に、恋愛には奥手な日本男性にキュンキュン

女性はいわゆる男性のギャップに弱いんです。いわゆる一般的にルックスに自信を持って良いとされる男性は、ある程度自分に自信を持ち、女性にも積極的にアプローチをかけると思われがちです。しかーし、日本の良き純恋愛物に登場する青年たちは爽やかなルックスなのにも関わらず、恋愛にどこか不器用というか、女の子の扱いに慣れてない感じだと思いません?単なる中二病というよりは、この不器用な感じが逆に、恋愛慣れした欧米女子には新鮮に感じられるのかもしれませんね。

2.黒髪エキゾチックなむっつりスケベ

日本人男性の魅力といえば黒髪に繊細なところ・・はもちろんですが、むっつりスケベなところも外せないポイントですよね。今回協力してくれた外国人女子の口から出てくるSUKEBE WORD・・一体彼らは彼女達に何を教え込んだのかと突っ込みたくなりましたが、これも日本語の勉強ということにしておきましょうね。普段は優しくてシャイな日本人の彼が、ベッドの上で男になる感じに萌えるらしい・・です。これも女子には堪らないですね♡

日本人男性と結婚を考えるうえで不安な点

国際恋愛するうえで、いずれ浮上するのがビザの有効期限、結婚といった問題。今回は、日本人男性と将来を見据えて交際する上で不安な点についても聞いてみました。

結婚後はセックスレス?!

「日本のカップルは子供が出来た後、寝室が別になると聞いたけれど、それは本当?」
「日本人男性は結婚後、冷たいって聞いた。それが心配」
といった不安がある模様。

ー私がもし外国人女性で、日本人男性との将来を考えていたら、日本人男性と結婚した外国人女性のご意見番、ブログといったものは最低限チェックすると思います。「愛さえあれば、どうにかなる!」という発想は離婚率が半数を上回る国際結婚で通じないのはご存知なはず。ですから、もし外国人彼女と真剣に将来をお考えであるならば、彼女が不安にならないように将来のビジョンを積極的に語ってあげてください。逆に「こういった不安があるかもしれないけれど、大丈夫だから心配しないでね」と安心させてあげましょう。

外国人の彼女を彼の家族が受け入れてくれるかどうか

この部分はやはり、大きいと思います。特に日本で暮らす場合、彼女は家族とは離れ離れの状態で暮らすことになります。友人がいたとしても、ローカルの恋人の存在ほど心強いものはないです。さらに彼が自分の家族を紹介してくれて、その家族が外国人である自分を受け入れてくれたら、彼女も日本に”第二の家族”が出来たかのような安心感に包まれ、日本での将来を考えるきっかけになるかもしれません。外国人は日本人に比べて、家族との関係を何よりも大切と考える人が多いので、交際相手の家族との付き合い方を自分たちの将来を考える上で参考にするケースも少なくないでしょう。ですから、彼女を両親に紹介する事は、真剣交際をする上で大切な事だと思います。ここは勇気を出してご両親を説得し、愛を貫き通しましょう。自分の子供の幸せを邪魔したい親なんて存在しません。不安要素を解消すれば、理解を示してもらえるでしょう。

結婚後は家政婦扱い?!

だんだんと状況は改善されているものの、家事・育児は女性が行うものという概念が日本社会に存在することは否めません。実際に、日本人男性と結婚した外国人女性曰く”日本に来た途端、急に愛情表現やスキンシップがなくなって家政婦のような扱いを受けた”とのこと。仕事が忙しくて、家事全般任せっきりになってしまうのは仕方がないことかもしれませんが、そういった部分はたっぷりの愛情とスキンシップでフォローしましょう。

俗説は負け犬から生まれる

日本人男性はモテないとか、日本人女性はすぐにヤレるとった俗説が出回っているようですが、そもそも恋愛に定義など存在するのでしょうか?そもそも恋愛に方程式が存在したとしても、恋愛に答えなど存在しないのですから、馬鹿げた話です。こういった俗説で私が一番恐れていることは、本来こういった考え方をしていなかった人が、こういったいい加減な俗説に振り回されて自信をなくしてしまうことです。私は、前に外資系の会社の面接で「お前は日本ではブサイクかもしれない、でも西に行けばお前にも需要があるかもしれない。そんなの行ってみなければ分からないだろう」と言われました。つまり、同じ人間でも場所が変われば価値も変わる、日本人女性に相手にされないのであれば、他の地で探すのもアリということですね。ただ外国人女子で日本語ができる子はあまり多くはないので、国際恋愛したい方は英語を頑張らないと!!です。(切実)

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター