サムネイル

やられたら惚れるどころかムカっとくる…好きな人への非モテアプローチ

あなたは好きな人へのアプローチに自信がありますか?男性がモテると思っているアプローチ、案外間違っているものが含まれているかもしれません。そこで今回は男性からアプローチされたときにイラッとしたものをご紹介します。過去の恋愛を振り返ったり、現在進行中の恋愛と照らし合わせたりして、好きな人へのNGアプローチを回避しましょう。

  • 更新日:

好きな人への非モテアプローチに気付いてますか?

知り合った男性から、謎のアプローチをかけられて困惑している女性は実は多く、男性からされたアプローチで「これ逆効果なんだけどなぁ」と思うことが多々有ります。良かれと思ってしている好きな人へのアプローチですが、女性が全然ウェルカムモードではありません。今回は、男性が好きな人へする非モテアプローチを詳しくご紹介したいと思います。

せっかく好きな人に好かれるために行動したのに、実は非モテアプローチだったなんて絶対避けたいですよね。気になる女性からブロックされる前に、自分のアプローチを見直してみましょう。

ムカっとくる男性の非モテアプローチ

連続LINEと電話のダブル攻撃

好きな人と連絡先を交換したら、さっそくアプローチ開始!と共に、返してもないのに連絡がたくさん来る。これはかなり萎えます。萎えるどころか、ブロックしたくなってしまう非モテアプローチです。男性からすれば、距離を縮めるためにどうにか早く1回目のデートにこぎつけたくてしてると思いますが、やはり会話のキャッチボールが成立していないのに連絡をしすぎるというのはNGアプローチです。

え?返事返してないのにまたLINEきた。怖い。

1日も空白期間も許さずに何事もなかったようにLINEや電話が来ると、たとえ暇だったり連絡ができるタイミングでももはや返したくなくなるかもしれません。
独りよがりになっているLINEはちょっと冷静に見返せばすぐにわかるはず。まずは相手にも生活やタイミングがあることを考えて、好きな人と連絡を取る際もきちんと気遣いをすることを忘れないでくださいね!彼氏にはマメにされたくても、アプローチの段階でマメにされると、正直「この人とはきちんと向かい合わなくてもいいや」と都合のいい男枠に入れられてしまうかもしれません。

好きな人だからこそ、やりとりは大切にアプローチしてみてくださいね!

自分に好意があるとわかった瞬間馴れ馴れしい

彼に対して「ちょっと」好意を持っているだけの状態で、必要以上に馴れ馴れしくされたり、過度なボディタッチをされるのは気持ちいいものではありません。
例えば、髪や顔に触れてきたり腰に手をまわしてきたり。飲み会の場で、「◯◯は俺の隣」など席を指定してきたり。女性からしたら、まだ付き合ってもいないのに、俺の彼女扱いされているようで引いちゃいます。Mな女性の場合で強引な感じが好き♡という女性のたまにいますが、だいたいの女性は無駄な彼氏ヅラには引いてしまうかも。

付き合ってからされるのは嬉しいんですけどね。女性にモテる男になるには、やはり条件があります…

友人を通してデートに誘ってくるまわりくどいアプローチ

「中学生か!」と言いたくなる行動。同時に自分に対する好意に気付くこともできますが、デートの誘いを自分で直接言わず、共通の友人を通して言ってくるというのはNGです。共通の友人と一緒にワイワイ遊ぶ場合はいいのですが、完全に自分がデートしたいと思っている時はやはり好きな人には直接自分からデートに誘うことです。

極端な話、好きな人に告白する時に友達に言ってもらうの?と言いたくなります。緊張していたりうまく言えなくても、逆にそこが純粋で「いい!」と好きな人の印象を良くすることもあります。人から聞いたらその分断りやすくもなってしまいます。どうしても好きな人にアプローチしたい時は、しっかり自分の言葉で伝えてあげてくださいね!好きな女性をうまくデートに誘ってアピールしたい時は、ちょっとしたコツがあるのです♡詳細は↓

「お茶をしよう」が本当にお茶だけ!?

誘い文句の「お茶をしようよ」はあくまで"相手を誘うための言葉"であって、お茶をするぐらいの時間だけデートしてよという言葉ではありません。女性も好きな人から誘われたら、お茶だけでデートが終わって良いとは思っていません。それが本当にお茶だけで終わってしまったら、デート前の高ぶったテンションがいっきに冷めてしまいます。長く連れ回せば良いというものではありませんが、事前にちゃんとお茶以外のデートプランも立てて女性の高ぶったテンションを満足させてあげるようにしましょう。

リアルな誘い文句として使ってる人はあまりいないかもしれませんが、使っている方は要注意です。もし女性があなたを好きな態度をしていたら、もっと積極的になっていいタイミングです。好きな女性の脈あり態度を見極めて、適切なアプローチを♡

ランチしようよ!も同じ

お茶しようよ!に引き続き、こちらの「ランチしよう」も同じです。昼間なら好きな人の警戒心も少なく、気軽に行きやすいデートなので女性もOKしやすいアプローチです。しかし、あくまでもランチがしたいのではなく、あなたと会うことが目的です。ランチの場合は、仕事中のこともあったりで一緒に過ごすことは難しいかもしれませんが、誘った男性には、次会う予定を用意して欲しいかもしれません。ランチした後何も連絡が来なかったら急速に友達関係へと進みそう。
好きな相手をランチに誘ったなら、「次は〇〇会える?」や「今度は飲みに行きたいね」など、次の予定を提示しながらアプローチしてくださいね!

自分を好きだと知った途端の上から目線アプローチ

男性は自分が好きな人が、自分に好意があると分かった途端に自然と言動が上から目線になる傾向がある気がします。せっかく好きになったのに、相手の男性から上から目線で”デートしてあげてもいいよ”的な態度を取られると、一気に気持ちも冷めてしまいます。せっかく好きになってきたのに、と逆に嫌な印象を与えてしまうことも。好きになってきただけで会って、完全に恋をしている訳ではない女性も多いです。

女性の気持ちを考えて、リードしてあげることは必要ですが、偉そうにアプローチするのは非モテです。

アピールがうざい

・仕事や経歴でどれだけすごいかをアピールしてくる
・有名人と知り合いネタで人脈を使ってアプローチしてくる

こんなことをされたら、好きになる前に女性はひいてしまいます。実際に合コンなどでもよくありますが、経歴が素晴らしい男性は素敵ですが、それをアピールしすぎると職業や経歴に頼りすぎているこじらせ男に見えてしまいます。また、有名人や芸能人などと知り合いなどのネタを押してくる男性も非モテです。話題として聞く分にはいいですが、それを自慢されても「え、そうなんだ〜」以上何も言えません。

ぜひ好きな人には、適切な自信と謙虚な態度のバランスを保って接してくださいね!

距離感がつかめてないアプローチ

好きな人にはされたいけど、まだ好きな人には触ってほしくない女性がほとんどです。自分のタイミングで男性にボディタッチするのはいいのですが、男性から無駄に触られるのは「無理」という女子が多いです。急に馴れ馴れしくしたり、肩に手を回したりして好意をアピールするのは危険です。

「お互いが好き」と感じられる距離になるまでは、急に彼氏気取りするような態度やボディタッチは避けて多いた方が無難です。ここぞという時に出して、女子をドキドキさせた方が効果抜群のアプローチになるはず♡また、女性の気持ちを考えてアプローチすることも大切です。上手な距離感は作れる!諦めずに実践してみては?

タイムラインに対する過剰な反応と個別LINE

好きな人と連絡を取っていなくても、今はSNSやタイムラインなどで相手の行動を見ることができますよね!何気なく投稿したものに対して、それを見て個別でLINEやメッセージを送ってくるのは結構怖いです。お互いが好きかな?くらいの距離なら逆にドキドキしたり嬉しいこともありますが、相手と自分の関係はしっかり見極めてから好きな人にアプローチした方が良さそう。

当てはまるものがあったら要注意!

いかがでしたでしょうか?当てはまる非モテアプローチはありましたでしょうか?好きな人と良い感じだったのに、急にぎこちない関係になったりするのは良くある話ですので、これを機に間違った非モテアプローチをしないように心掛けたいですよね。

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめのまとめ

人気のライター