サムネイル

初心者でも安心♡キスの仕方を優しく丁寧に解説します!

キス初心者の方、ご安心ください。これを読めば大丈夫です!せっかく気になる彼女と良い雰囲気になったのに、キスで幻滅されるなんてことは避けたいですよね。自信がある人もそうでない人も、今一度キスの仕方を確認しておきましょう!いざというときに失敗しないよう、不安な人は事前にキスの仕方を練習すると安心です。

  • 更新日:

キスっていつすればいいの?

キスをするのに1番多いシチュエーションは、「相手の部屋」や「帰り道」です。日常の何気ない瞬間であれば、自然にキスをすることができるでしょう。
初めてのデートでキスをすると遊び慣れていると言う人もいますが、考え方は人によって違います。付き合うということは、その先にキスやそれ以上のスキンシップがありうることは誰もがわかっています。そのため、最初のデートでキスをすることは必ずしも悪いとは言えません。
キスをする上で大切なのは、タイミングを間違えないこと。いつそのときが来ても良いように、今回ご紹介するキスの仕方を読んでしっかりと心構えをしておきましょう。

彼女がドン引き? キスをするときの注意点

キスの仕方を学んだだけでは、安心とは言えません。彼女の幻滅ポイントは意外なところにもあるのです。この注意点をよく読んで、自分に当てはまっていないかチェックしましょう!

1) 意識しすぎない

今日はキスするぞと意識しすぎてしまうと、そのガツガツさが彼女に伝わり、引かれてしまうことも。さらにキスのタイミングを失ってしまう可能性があるので、注意が必要です。

2)口臭ケアを怠らない

この場合、一番のリスクは自分で口臭を気にしてしまうと、大胆な気持ちになれないことです。匂ってないかな?と心配をしながらしたキスは、きっと気持ちがこもらないでしょう。

顔と顔が近づくので、口臭はどうしても気になるもの。日頃からマウスケアをしていればそんな心配も不要です。なかには腸の不調が原因で口が臭くなることもあるため、普段から腸内環境も整えておきましょう。

3)唇を突き出して接近する

タコのように唇を突き出してくるキスは、後で女子会のネタにされるくらいやばいです。このキスの仕方は、せっかく高まった彼女の気持ちを台無しにしてしまうので絶対NG。自然な表情でキスできているか、鏡で要チェックです。

4)鼻毛は処理する

顔を近づけたときに鼻毛が出ていたら、彼女がキスに集中できません。彼女に引かれてしまわないように、エチケットとしてきちんと処理しましょう。

5)カッサカサの唇はアウト

カサカサ唇の人とのキスは、気持ちいいキスとは程遠いです。皮が固くなってるとむしろ痛いです。初キスの思い出をいいものにするためにも、リップクリームで乾燥知らずの唇を目指しましょう。

1人でできるキス練習方法は?

キスは相手と2人でするものなので、キスの仕方を頭の中でシミュレーションしているだけでは感覚が掴めません。実際にキスをするときに慌てないよう、実践形式でキスの仕方を練習する方法をお伝えします。

1) 相手役を用意する

人形でも枕でも良いので、キスの相手役になるものを用意します。多少柔らかく、抱きかかえられるサイズのものがおすすめです。

2) 口の位置を決める

テープなどを貼って、相手役の口の位置を決定します。

3)相手役の顔を片手もしくは両手で支え、顔をゆっくりと近づける

そのとき、自分の口を少しだけ開いた状態にします。開きすぎると格好が悪いので注意しましょう。
近づくときは顔だけ突き出すのではなく、上半身ごと前に出すというキスの仕方が自然です。

4)目を閉じる

唇が触れ合うタイミングで目を閉じましょう。目を閉じるのが早すぎると、キスをする場所がズレたり歯がぶつかったりする可能性があります。

5)顔を傾ける

キスするときに傾ける方向は右でも左でも良いですが、相手と同じ側に傾けないよう気をつけましょう。お互い傾けないでキスすると鼻同士がぶつかってしまい微妙なキスになってしまいます。

6)相手役の口に自分の唇を軽く押し当てる

キスの最中は鼻呼吸をする人が多いですが、鼻息が気になる場合は息を止めても良いです。息を止めるときは苦しくなる前に唇を離しましょう。キスで酸欠になってしまってはいけません。

より盛り上がるキスの仕方を覚えよう!

キスの相性が良いと、その後のスキンシップがより楽しみになりますよね。情熱的なキスの仕方も取り入れて、彼女の心をさらに惹きつけましょう!

1) 盛り上がるキスの仕方:あえて目を閉じずにキスをする

少し恥ずかしいかもしれませんが、見つめ合ったままキスをすることで「自分のものにしたい」という気持ちが伝わりやすくなります。

2) 盛り上がるキスの仕方:焦らしてみる

一度キスをしたら唇を離して目を見つめる「おあずけ」や、チュッチュッと短く繰り返す「バードキス」を取り入れて、焦らしてみましょう。彼女の方から積極的にキスをしてくれるようになるかもしれません。

3) 盛り上がるキスの仕方:キスをする体勢を変えてみる

彼女を後ろからハグし、振り向かせてキスをするやり方も。普段と違う体勢は、2人の気持ちを盛り上げます。

4) 盛り上がるキスの仕方:ちょっと街中で

人気のいない場所で、彼女の腰を抱いてチュッとキスしてみるのもドキドキするキスの仕方です。人前だとさすがに嫌がられます。夜景が素敵な場所などムードもあるところかどうかもチェックしたいポイント。

キスの間、手の位置は?

キスをする際に、寒いからとポケットに手をつっこんだり、体の横に置いたままだったりしては、何も好意は伝わりません。
キスの仕方は何も唇だけに限ったことではないため、手も彼女とのキスを盛り上げる道具としてつかいましょう。

彼女の頬

彼女の頬にそっと手をあて、キスをしましょう。彼女はあなたの手の温もりを感じることができます。手で顔の位置を把握でき、唇の位置もブレることなくキスができるので初心者にはおすすめです。

彼女の顎

ちょっとエロいキスの仕方ですね。男性のワイルドさを感じます。写真のように壁に手をつけると、より効果的です。

彼女の腰

こちらも頬と同じくらいスタンダードな手の位置。彼女からあなたの首に手をかければ、盛り上がっている証拠。スタンダードとはいえ、唇だけではなく体も密着できるキスの仕方です。

抱きしめる

一番密着度が高いキスの仕方がこちら。あなたに包まれることで彼女も愛されていることを実感できる、ラブラブなカップルならではの幸せいっぱいのキスです。

初心者のキスの仕方 まとめ

キスの仕方と言っても、マニュアルを意識しすぎてカチコチになってしまっては意味がありません。キスは自然な流れでスマートにするとGOOD!
彼女を優しくリードできるとさらに良いでしょう。初めてで余裕がない人は、独りよがりなキスにならないように注意。
彼女が喜ぶキスの仕方をマスターして、彼女との仲をより深めましょう!

内容について報告する