サムネイル

手抜きラインは別れの引き金に!彼女への失敗ライン例

近頃彼女へのラインを手抜きしてません?付き合いはじめは緊張感もあるので、ラインのやり取りひとつとっても真剣だったのが、関係に慣れてくると自分では気付かないうちに、ついつき手抜きなラインになってしまいがちです。そこで今回は手抜き失敗ラインをご紹介しますので、自分の送信メッセージを振り返りながら読んでみてくださいね。

  • 更新日:

最近手を抜いてませんか?

最近彼女に対してこんなラインしてませんか?

・いつも同じスタンプ
・「うん」「オッケー」のみ
・既読スルー

馴れ合った関係でも、手抜きが続くとふたりの関係もマンネリ化し始めます。

忙しいのは承知してますが、付き合いはじめの頃を思い出して、彼女を喜ばせるラインを送ってみてくださいね。

1:まじめな相談や話をしてるのに「へー」

彼女がまじめ相談や話をしてきているのに「へぇ~」「そうなんだぁ」といったような素っ気なく真剣味もない返事をしている時はありませんか?確かにまじめな話や相談はやり取りが長くなりがちで、場合によっては面倒と思う事もあるかもしれません。しかし、付き合いはじめを思いだしてみてください。付き合いはじめは彼女の悩みなどに真剣に相談にのっていたはずです。真剣な話題だからこそ彼氏であるあなたに相談しているのですから、そのような話題の場合はまじめに誠実に返信しましょう。

2:言いたい事だけ言って終了

彼女へラインをするのは良いのですが自分の言いたい事だけ言って終わってはいませんか?例えば、「〇〇ってなんだっけ?」と質問をして彼女が「〇〇だったと思うよ」などと返信をしてきたにも係わらず、ありがとうも何も言わずやり取りが終了…といったひとりよがりなやり取りはコミュニケーションとして成り立っておらず、彼女に迷惑なのでやめましょう。

3:中途半端な返信の間

忙しかったり他の事に熱中していたりする場合でも、彼女からのラインだとまた後でねと言えずダラダラやり取りを続けてしまう事もあるかと思います。そのような場合返信間隔も長くなったり、つい適当な返事をしたりとラインをやる気があるのかないのか中途半端になりがちです。彼女もそのようなラインのやり取りをしても面白くはありませんので、中途半端になるくらいで彼女にラインをできない理由を説明して理解してもらい一旦やめましょう。

4:スタンプばっかり

付き合いも長くなってくると相手がどう思うかをあまり考えなくなってきがちです。彼女へのラインの返信も付き合いはじめの頃は文章を一生懸命考えていたりしたのに、気が付けばスタンプや絵文字でやっつけ感満載の返信をしていませんか?しかも同じスタンプばかりになる事もしばしばです。これでは彼女へもう愛情が薄くなったと思われても仕方ありませんので気を付けましょう。

5:返信が面倒?既読スルー

例えば、彼女から予定を聞かれた場合、普通は「この日だったら空いてるよ」などの返信をするかと思います。手抜きラインは、ここを既読スルーする人。忙しかったり予定が分からなかったりするのであれば「あとで連絡する」「直接話そう」などと伝えて既読スルーは絶対避けましょう。最初のうちは「忙しいのかなー」と察していた彼女も次第に「自分への興味が薄くなったのかも…」と傷つく場合もあります。彼女の事が大事なのであれば、誠実な対応を心がけましょう。

たかがライン、されどライン。

ギクッとした項目はありましたか?良くも悪くも女性はちょっとしたラインの内容から男性の愛情をはかります。ラインも彼女と円滑な関係を続けるための大事なツールですので、手抜きのラインはやめるか、手抜きになりそうであれば、彼女に理由を説明して後回しにするぐらいの判断力を持ちましょう。

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター