サムネイル

「君が運命の人」彼女に結婚を意識させるには

「そろそろ結婚したいな」とこちらが考えていても、肝心の彼女がその気になってくれない…。そんな悲しい状況を打破するためにどうすればいいのでしょうか。最近は、仕事や趣味に没頭している女性も増えています。「結婚はしなくてもいい」「まだまだ先でいい」という考えの彼女をお持ちの皆様に、彼女との結婚を近づける方法をお伝えします。

  • 更新日:

ピンチ…彼女に結婚したいオーラが全然ない

「そろそろ結婚したい」「結婚したい女性が見つかった」など、男性が結婚を意識する瞬間は様々ですよね。理由はどうであれ、自分の一生のパートナーを決めるという覚悟はとても素敵だと思います。そんな時、相手にも同じ気持ちでいて欲しいものですが、現実はそうならないことも。大好きな彼女が、全く結婚の話にのってこない時、男性はどんな対応がベストなのでしょうか?
今回は、彼女から一向に結婚したいオーラが感じられない時にしていただきたいベストな対応方法をご紹介いたします。

過度なアピールは逆効果!?さり気なく結婚をアピールするには

自分が結婚したくても、それを強くアピールするのは危険です。結婚願望が薄い彼女の気持ちが、ますますゲンナリしてしまう可能性があります。アピールするなら、「さり気なく」がポイント。匂わす程度が丁度良いでしょう。

①彼女の周りにいる既婚者の話題に触れる

付き合い始めてから、彼女の友人に紹介されたことはありますか?交際期間が長ければ長いほど、その機会は増えるでしょう。その友人が結婚をすることになった、あるいは既に結婚している場合、その話題に触れてみましょう!周囲で結婚の話題がのぼっている時がチャンスです。彼女の結婚観や将来のことをさり気なく聞き出してみてください。

ポイントは、結婚に対するマイナスイメージを無くすことです。結婚がいかに素敵で楽しいものかをさり気なくアピールしてみましょう。時には彼女の友人に協力してもらい、一緒に食事をしている際に結婚生活の幸せぶりを語ってもらうのもいいですね!

②お互いの家族の話をたくさんする

交際していけば、自然と家族の話題も増えていくものです。その時、さり気なく「結婚後の生活が楽しいだろう」と思わせる話題を話してみてください。ポイントは、自分の両親(特に母親)が接しやすく優しい存在だということをアピールすることです。厳しい親だと認識されてしまったら、「嫁姑問題などで苦労しそう・・・」なんてマイナスイメージを持たれる可能性があります。それでは意味がありません。

「うちの母親は娘が欲しかったみたい」(男兄弟しかいない場合)
「同居したくないらしいんだよね、結婚したら」(別居生活できるとアピール)

このような発言によって、彼女はほっとするはずです。家族が息子の彼女を受け入れていることをしっかり伝えることで、結婚に対しても前向きになれるかもしれません。

③将来設計について語る、聞き出す

彼女が結婚に対して前向きではない、むしろ後向きだという場合、彼女の結婚観を聞き出すのは難しいかもしれません。意識していないことをすぐに答えるのは難しいものです。そんな時は、自分の結婚に対するイメージを語ってしまいましょう。いきなり「結婚」というキーワードを出すのが躊躇われる場合は、将来設計についてふわっと話すのも手です。

「次は最低でも2LDKに住みたいなぁ」
「子育てって大変だけど今はイクメンが定着してるね」
「仕事を頑張って将来のために貯金を増やそうかな」

といった結婚をイメージさせるようなキーワードで会話をしてみましょう。どんなに鈍感な女性でも、「あれ?」と思うはずです。結婚という言葉は使わなくても、将来のことをきちんと考えているんだなという印象は残せます。

④旅行計画を利用して、ハネムーンの話題へ

彼女と旅行に行く計画があるなら、それを利用しない手はありません。旅先のパンフレットや旅行雑誌などを使い、カップル向けの観光スポットをチェックしていきましょう。ポイントは、プロポーズできそうなロマンチックな場所を選択することです。本当にプロポーズをしなくても、カップルで素敵な思い出が作れそうなスポットを写真で見ながら、ついでのように結婚後のハネムーンの話題に触れてみてください。

「ここは新婚旅行でも人気があるらしいよ」
「カップル向けの素敵なホテルがあるみたい」
「素敵な思い出を作って、また○○年後も行きたいね」

など、ずっと一緒にいたいことをアピールします。彼女と結婚する意志が自分にはある、ということを彼女へ伝えれば、さり気ない一言でも彼女の心に響いてくれるはず。

⑤最終兵器!「結婚」という言葉をストレートに出してみる

長年付き合っているカップルの場合、結婚のタイミングが難しくなる傾向があります。子どもを授かったり、彼女の年齢が適齢期を過ぎていたり、仕事の都合で転勤が決まったりといった人生のターニングポイントがない限り、積極的になれない女性は多いものです。「このままでは結婚できないんじゃ・・・」と不安を抱えているなら、思い切って「結婚」の2文字を口に出してみましょう!

◆結婚に対する自分の意見、価値観、子どもの話など、できるだけ具体的な話をするのがポイント!

本来はさり気なく彼女の態度を見ながら攻めていきたいところですが、時間がない場合は直球勝負もありです。当たって砕けろ精神で、彼女の本音を聞き出してみてください。実際どう考えているかをはっきりさせるには、「結婚」のワードをたくさん出してみるのも方法です!

結婚はスタート、一緒に歩んでいきたくなる男性に

女性は結婚に対して現実的な見方をする人が多いです。炊事洗濯、育児、仕事と結婚の両立・・・。色々なことのメリットとデメリットを計算します。その時、「この人とだったら幸せになれる!結婚に踏み切れる!」と思わせるためには、頼れるパートナーになる必要があります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

内容について報告する