サムネイル

【男のスキンケア】脱カサカサ!そろそろ乾燥対策がマスト

日差しを浴び続けた夏の肌は秋冬になり気温が下がってくるとカサカサ・ゴワゴワしてしまうもの。放おっておくと肌の潤いがなくなり、シワやたるみの原因になります。男性は気にしない方が多いかもしれないですが、できれば「疲れたオヤジ顔」は避けたいですよね。モテるツヤ肌を手に入れるためにもスキンケアに着手していきましょう。

  • 更新日:

お肌の水分不足は老化を招く!

海やフェスで陽射しをいっぱい浴びた夏から北風が吹いて乾燥が気になる季節に移り変わるこの時期、気温が下がってくると肌がカサカサしたり、肌が厚く硬くなったようなゴワゴワした感じになることがあります。
原因は、紫外線が表皮細胞に悪影響を与えた結果、角質層の保湿機能やバリア機能が低下した状態からおこる現象です。どんなにUVカットしていても、少なからず肌の奥ではダメージが進行しているものです。
カサカサ感ヤゴワゴワ感を自覚しなくても、紫外線からの悪影響は確実に保湿機能やバリア機能を低下させていますので、 肌トラブルや肌老化現象の可能性が高まっています。
しかも、夏ほど汗をかかなくなっていますので水分不足も深刻です。その分、皮脂の分泌量も増えるという男性特有の脂性肌の悪循環に陥ります。
秋冬を綺麗な肌で乗り切るためにも今の時期からスキンケア対策をしておきましょう!

お肌の乾燥対策

皮脂は全て洗い流しちゃダメ

みなさんが毎日行っているであろう洗顔。寒い季節は肌が夏より乾燥しやすく、洗顔のし過ぎは皮脂を落とし過ぎて余計乾燥しやすくなってしまいます。しかし洗顔をしないと古い角質が肌の保湿機能やバリア機能に悪い影響を与えてしまいますので、それらを健全に保つためにも、洗顔料は保湿成分が入ったものなどを選ぶように心がけましょう。

化粧水はマスト!

洗顔後は肌の水分も一緒に持ってかれるため、カサカサ肌になりやすくなります。ただでさえ夏に受けた紫外線のダメージと 乾燥のダメージで乾燥しやすくなっているため、化粧水などでたっぷりと水分や保湿成分を補給しましょう。 乾燥気味の肌は角質層の水分が不足し柔軟性が無い状態です。このままではお肌にハリがなくなりシワやたるみの原因になってしまいます。化粧水は手にとって、ぎゅっぎゅっと肌に浸透させるようにつけるのがオススメです。

乳液やクリームでふたをする

次に、油分を含んだ化粧品(乳液やクリームなど)により 潤いのベールを作り、水分の蒸散を防ぎましょう。
化粧水で肌に水分を補給した後は、しっかりと保湿をすることが重要。せっかく化粧水をぬってもそのままにしていては補給した水分も蒸発してしまうためです。乳液やクリームは、油分・保湿成分・水分を含み、皮脂膜と同様に肌を守ってくれます。
皮膚は、皮脂や汗からつくられた皮脂膜によって肌の潤いを保つとともに、外界の様々な刺激から守る役割をしています。寒くなると皮脂の分泌量は落ちていきますし、加齢とともにこの皮脂膜の量は少なくなってきます。 乳液やクリームは、この天然の皮脂膜に変わり代わり、 人工の皮脂膜として肌を保護すると同時に、柔軟効果を与えてくれます。

美容液で水分保持しつつ肌トラブルも改善

さらに、美容液などを利用し、肌の水分を保持し、乾燥から肌を守ることも大切です。 夏の紫外線でダメージを受けた肌をそのままにしておくのはシミやそばかすの原因になるので危険です。化粧水のみ使用した場合と比較しても、保湿機能のある美容液を併用した場合は肌の水分量維持率は大きく高まります。
美容液の効能は様々なので、ご自分が気になっている肌トラブルを解消してくれるものを使用しましょう。

秋冬も紫外線は出てます!

日差しが弱くなったり、気温が低くなったりすると、 紫外線がかなり減ってきているような印象を与えますが、それでもまったくなくなるわけではありません。ある程度の紫外線量は降り注いでいます。夏の日差しよりかなり弱いからといって、私たちが感じるより紫外線の量は減ってはいません。つまり寒くなっても、紫外線対策は引き続き継続する事は大事なんですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?化粧水、保湿クリーム、美容液、いろいろな工程があり「あれこれ面倒くさい」「自分は大丈夫」と思った方も多いかと思います。スキンケアは1晩で効果が出るわけではないため、毎日の継続が大事です。
スキンケアは早すぎるということはありません。常に今が一番の着手時です。加齢で衰えていく肌を将来にわたり男前な綺麗にキープするためにも、女性に綺麗な肌で好感度を持たれるためにも、早めに乾燥対策をおすすめします。

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめのまとめ

人気のライター