サムネイル

別れる前に読んで欲しい…倦怠期の理由と乗り越え方

長く付き合っていると、相手のことを知り尽くした気分になってしまい刺激が足りなくなってしまうもの。「なんだか最近喧嘩ばかりで一緒にいても楽しくないなぁ」「これが倦怠期?」とお悩みのあなたに倦怠期になる理由と乗り越え方をご紹介いたします。

  • 更新日:

「倦怠期」はどのカップルでも起こりうる

恋愛をしているとどうしてもお互いの関係性に慣れ、マンネリ感が生まれ、倦怠期がやってくるという経験を持っている男性の方も多くいるかと思います。どうしてあれほど好きだった女性とお付き合いをしたのに、倦怠期がやってくるのでしょうか?それを乗り越える方法はないのでしょうか?今回はどんなカップルにも起こりうる倦怠期について検証していきます。

倦怠期になる理由と乗り越え方

「倦怠期を乗り越えると愛が深まる」これは本当のことだと思います。倦怠期中にいかにして相手と折り合いをつけるか、一生懸命相手を思いやって考えることで相手のいいところを見つけ愛を深めることができます。今回は交際期間別に倦怠期になる理由と乗り越える方法をご紹介いたします。

付き合いはじめ

付き合いはじめの倦怠期の理由

付き合い始めなのにもう倦怠期…。これは相手を良く知らないで恋愛感情の高ぶりだけで付き合ってしまった場合に良くあります。いざ付き合ってみたら想像していた女性と違ったなどといった理想と現実のギャップが理由です。

付き合いはじめの倦怠期の乗り越え方

付き合いたての場合、いさぎよく別れる方法もありだと思います。そうしたくない場合は、相手の魅力や考えをもっと知りたいと思うように考え方をシフトしましょう。ある程度の年月をかけないと分からない事も多くありますので、理想と現実のギャップを埋めるためにも、一緒にいる相手に興味を持てると改善できるかもしれません。

付き合って約3か月

付き合って3か月の倦怠期の理由

付き合いはじめは「最初だからこんなもの」「勘違いかもしれない」と流していた部分が、3ヶ月経過し大きく露呈した場合、気持ちが冷めて倦怠期に陥ることがあります。または3ヶ月も付き合ってデート回数は1,2度といった、本当に付き合ってるかどうか分からないようなカップルも当てはまります。

付き合って3か月の倦怠期の乗り越え方

これから長く良好な関係を続けていくにはこの3か月という期間はとても重要です。この期間に相手に対して思っている事を伝えられないとその後も伝えられない関係で結局はそのストレスが溜まり破局に至る場合もあります。倦怠期を打破したいなら、相手の気持ちも汲みつつ、自分の思っている事や相手に治して欲しい事はきちんと伝えましょう。そのタイミングで女性からの思いも告げられると思いますので、真摯に受け止め改善へ向けて話し合いましょう。

付き合って半年

付き合って半年の倦怠期の理由

3か月の倦怠期をうまく乗り越えられなかった場合、本当は倦怠期を感じていたのに解決せず我慢していた場合に、突如として起こる倦怠期です。溜まりに溜まっている分その反動は大きく破局に繋がるケースも少なくありません。

付き合って半年の倦怠期の乗り越え方

相手への不満が溜まりに溜まっているのでお互いちゃんと向き合い話し合いをしないと解決に至りません。ただし、相手への不満を感情の赴くままにぶつけてはそれこそ破局まっしぐらです。この状況の原因を相手だけになすりつけず、お互いの問題として認識し、思いやりを持って素直に相手に伝えましょう。

付き合って1年

付き合って1年の倦怠期の理由

当たりまえですが、お互いに慣れて、付き合い当初の恋愛のドキドキ感は1年もすれば薄くなっていくものです。お互いの事を良く知ってしまったがゆえのマンネリ化です。

付き合って1年の倦怠期の乗り越え方

お付き合いがマンネリ化しているだけですので、いつもと違ったデートプランを立ててみたり、普段行かないようなお店で食事をしてみたり、何泊かの旅行に出かけてみたりといった付き合い当初のドキドキ感を思い出せる行動をとれば良いのです。逆にいえば、普段からマンネリ化しないように気をつけていれば1年後でも倦怠期は起こらないと言えるでしょう。

付き合って3年

付き合って3年の倦怠期の理由

今までの倦怠期を乗り越えてきた、倦怠期なんてなかったというカップルも、つきあって3年がくれば誰しもがある程度の倦怠期を経験するといっても良いでしょう。要は人間の脳問題で3年たてば恋愛のドキドキ感を脳が作りださなくなるのです。夫婦であれば運命共同体の家族ですので、その倦怠感も許容して進んでいくという選択肢もありますが、カップルであればいっきに冷めて破局という事もあり得るのがこの3年の倦怠期です。

付き合って3年の倦怠期の乗り越え方

3年の倦怠期の理由で、家族であればそれを許容して進んでいく事もできると書きましたが、カップルでも、お互いがなくてはならない存在となるように今までの関係で築いていく事ができているのであれば、この3年の倦怠期を許容して恋愛という考えかたら家族のような存在という考え方にシフトしていく事も重要といえるでしょう。ただし、3年の間に良い関係性を築けていないのであれば、今後お互いにとって関係を続ける事が良い事とは限りませんので、いっその事話し合い別れるという選択肢もあるかと思います。その選択肢をお互いが納得しているのであれば、1つの恋愛を乗り越えたという事もいえるでしょう。

倦怠期はお互いを見直すチャンス

倦怠期の理由と乗り越え方はいかがでしたでしょうか?倦怠期に悩んでいるあなた、倦怠期で彼女と別れる事を現在進行形で考えているあなた、この機会に彼女ととことん話し合ってみましょう。

内容について報告する