サムネイル

彼女とすぐに仲直りしてまたラブラブになる方法♡

彼女と喧嘩をしてしまってお互いに険悪モード。また以前のように仲良しの関係に戻りたいけれど、話しかけるタイミングがわからないし、どう関係を修復してよいかわからない…とお悩みの方。恋人との喧嘩は長引かせれば長引かせるほど修復が困難になってしまいます。またラブラブなふたりにもどるため、コツを踏まえてアプローチしてみませんか。

  • 更新日:

彼女と仲直りするにはまず"自分が動く"こと

彼女と仲直りするためのアクションを起こすのはタイミングを見計らう必要があります。喧嘩をしてしまったことを後悔する気持ちもわかりますが、今後も彼女と付き合っていきたいのであれば、”自分が”仲直りをする方法を考える必要があります。喧嘩の直後は両者ともヒートアップしていて、なかなか落ち着いて考えることができませんが、いち早く彼女と仲直りするための方法をご紹介いたします!

お互いに冷静になったころにアプローチ

彼女も自分も、お互いにヒートアップしているときは仲直りしようとしても火に油を注いでしまう可能性があります。まず、お互いに冷静になる必要があります。冷静になるには、物理的な距離と時間をとりましょう。ひとりになる空間と時間が必要です。そして冷静になって考えてみると、お互いに自分も悪かったな、などと客観視し始めます。このように、間を置いて、冷静になったころを見計らってアクションを起こすと仲直りがうまくいきやすいのです。

基本は大人の対応、謝ること

彼女への怒りや、謝ることにプライドもあるかもしれませんが、また仲良くラブラブな関係に戻りたいという思いがあるのなら、ここはぐっとこらえて先に謝るというのが大人の対応といえます。
喧嘩の原因はさまざまですが、全部の原因が片方だけ、ということはほとんどありません。よっぽどのことでもない限り、両者とも相手が誠実に謝ったらこっちも謝ろう、許してあげようという気持ちを持っている場合がほとんどです。

何もなかったように振舞って仲直り

謝るのがベストだと頭ではわかっていたとしても、実際にはなかなか難しい…。
自分から謝ることに抵抗がある方は、さきほどまで喧嘩していたことがなかったかのように、いつも通りに話しかけたり振舞ってみてはいかがでしょうか。

喧嘩のあとは、あなただけではなく、彼女もなかなか距離感が掴めず、どう話しかけて良いかわからないもの。そこであなたから喧嘩なんてなかったかのように普段通りの会話やメール、電話などをして、関係の修復を試みるのも手です。

手紙を書いてみる

喧嘩の後はバツが悪くて面と向かって上手く話せるか、きちんと謝ることができるか不安、という方も多いと思います。メールやLINEなどの便利なツールの発達している昨今、比較的手間や時間がかかってしまう手紙は機会は利用頻度が少ないものですが、喧嘩の後の仲直りには、メールやLINEなど手軽に打てるデジタルなツールよりも、手間がかかるけれど、あなたの心がこもっている直筆の手紙を書いてみては?文字を書くのはメールで文字を打つよりも時間がかかるけれど、だからこそ自分も心を落ち着かせて冷静に自分を客観視しつつ、文章を組み立てることができます。

内容を書く上でおさえておきたいポイント!

ポイントは、「自分が悪かった部分をきちんと素直に認めて謝ろうという姿勢が表れているか」ということです。ただの自分のいいわけを並べるのは逆効果。自分が逆の立場としてその手紙をもらった時に、きちんと誠意を感じられるかどうかを確認したうえで、手紙を送りましょう。

サプライズで!喧嘩を忘れさせて仲直り

◆花束をプレゼント

花には癒し効果があるといわれています。視覚の美しさだけではなく、独特の良い香りは嗅覚にも働きかけます。花は好きだけど、なかなか花を自分で買う機会がない女性も多いので、プレゼントとして喜んでもらえます。花のある空間は2人の関係も癒してくれるかもしれません。

◆美味しいスイーツを手土産に

ストレスを感じた時に、甘いものが食べたくなる、という女性は多いです。そこでおいしいと評判のスイーツを手土産に一緒に食べてみてはいかがでしょうか。ムスッとしていた彼女もおいしいスイーツで機嫌が良くなるかもしれません。

上級者向け!?ベッドインで仲直り♡

荒療治ですが、喧嘩の後のベッドインでまた仲良しカップルに元通りになることって多いのです。ポイントは、あくまで「仲直り」を目的とした行為なので、自分本位にならず、女性の満足を優先すること。彼女の喜ぶことを率先してすることです。

失敗すると逆に怒りを誘発してしまう可能性も高まるアプローチでもあるので、あくまでも見極めが重要です。

おわりに

喧嘩のあとはお互いに相手の出方をうかがっているもの。さっさと元のラブラブの関係に戻りたい気持ちがあるのなら、いつまでも待っていないで、タイミングを見計らったうえで勇気を出して行動してみましょう。

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター