サムネイル

【やばい…どうしよう!】彼女を泣かせた時のベストな対処方法

彼女を泣かせてしまった!自分では愛情の裏返しで彼女をからかったり、なにげなく口にしてしまった言葉で彼女を泣かせてしまうと、どうしたらいいのかパニック状態になってしまう方も多いのでないでしょうか。そこで今回はシチュエーション別に彼女を泣かせたときの対処法をご説明いたしますので、ぜひ活用してみてくださいね!

  • 更新日:

【シチュエーション別】彼女を泣かせたときの対処法

どんな理由であれ、彼女が涙を泣かせた時は2人の関係の危険信号!
男性として、包容力のある適切な対処でその場をうまく収めましょう。

1.冗談を言いすぎた場合

男性は好きな子ほどいじめたくなってしまう気持ちを持っているからこそ、愛情の裏返しでつい彼女に対してきつい冗談を言ってしまうこともあるのではないでしょうか。
女性が冗談で泣いてしまった場合は、我慢の限界だというサインでもあります。
ある程度の冗談なら女性だって我慢できますが、その程度を超えると冗談を冗談だと思えなくなり、心を傷つけられてしまうもの。
だからこそ、自分が口にした冗談で彼女を泣かせたときは、まず素直に謝りましょう。
そして、次に本当はそんなことを思っていないということをきちんと伝えるのも大切です。
また、どんな冗談で彼女を泣かせたのかを覚えておくのも重要。
うっかり忘れて同じ言葉をもう一度言ってしまうと「あんなに嫌がったのに○○くんは私の気持ちを分かってくれない」と彼女に思われ、別れがきてしまうこともあるので要注意です。

2.浮気など自分に非があった場合

浮気など自分に非があって彼女を泣かせた場合は、とにかく何度も謝ることが大切です。
一度「もういい」と言われたからと言って彼女を放置しておくと、そのまま別れにつながってしまうケースも少なくありません。
この場合は、彼女に嫌がられても抱きしめながら謝るのも効果的です。
その際は心の底から反省をして、「本当に好きなのは○○だけだよ」と伝えましょう。
また、浮気の場合は今後も彼女に心配をさせないためにも彼女の目の前で相手の連絡先を消すのもおすすめ。
心配性な彼女には「これからは勝手に携帯を見てもいいよ」と伝えるのもありです。

3.彼女に非があった場合

性は自分に非があった場合でも、自分自身が泣いてしまうこともあります。
そんなときは、彼女の話をじっくりと聞いてあげるようにしましょう。
例えば、彼女が浮気をしてしまった場合は話を聞かずに外に出ていくのはNG。
女性の浮気は寂しさを感じたときに起こりやすいので、もしかしたら心の中であなたに対する不満を抱えている証拠かもしれません。
こんな風に話を聞かず、一方的に距離を置いてしまうと自分もモヤモヤしてしまいますし、根本的な問題が解決していないからこそ、彼女とやり直してもまた同じ問題が起きてしまうこともあるので、彼女の話にも耳を傾けてあげるようにしましょうね。

4.寂しくて彼女が泣いている場合

遠距離恋愛をしているカップルにありがちなのが、彼女が寂しさのあまり泣いてしまうこと。
そんな彼女の姿を見ていると男性はどうしていいのか分からなくなってしまうものですよね。
こんなとき、彼女の心を満たすためにはハグやキスで彼女が感じている寂しさを埋めてあげることです。
さらに、甘い言葉を彼女にささやいて、不安な気持ちを取り除いてあげるのも効果的です。
また、別れ際には次に会う約束を具体的に決めるのもOK。
「また少し我慢すれば○○くんに会える」と思うことができれば、彼女だって前向きな気持ちになってくれるはずです。
寂しいという気持ちを言われると、男性はなんだか自分が責められているような気持ちになってしまいますが、女性からしてみれば責めるつもりはなく、自分の抱えている寂しさを分かってほしいと思っているだけなので、彼女の心に寄り添うことが解決のカギになります。

女の涙は男の包容力で包み込もう!

大好きな彼女の涙は焦ってしまうからこそ、男らしい包容力を見せることが大切です。
複雑そうに思える女心も、きちんと彼女の気持ちを理解してあげることができれば、手に負えないと感じることもなくなるはず。
日ごろから女性の涙に弱いという男性は、ぜひこれを参考に涙を使って二人の絆を深めちゃいましょう!

内容について報告する