彼女とのLINEから判明!長続きするコツ4選

彼女とのLINE、何も考えずに送ってませんか?

付き合い始めのラブラブ時期は頻度が高く、慣れてきたら必要最低限の連絡しかしない…なんてことになったら、女性の不満はたまるばかり!終いには、「私ばっかり連絡して、全然連絡をくれない!愛情が冷めたの?」なんて言われかねません。

そうならないためにも、付き合い始めのLINEのペースや内容のコントロールは大切なのです。もちろんコミュニケーションしたい時に、自由に彼女にLINEを送ることはいいことです。でも、一つの心がけ次第で関係を長続きさせるきっかけにもなるのです!

彼女とのLINE①頻度にも注意!LINEは連絡手段として使おう

ラブラブな時期は、お互いに相手のことが好きすぎて、つい無理をしてまでもLINEを返したくなってしまうこともありますよね。LINEの頻度は人それぞれ、自分なりのペースがあるので、相手から急かされると喧嘩の原因になってしまうこともあります。

たまに「おはよう」や「おやすみ」の挨拶を送ると、彼女はあなたがそばにいてくれているような気がするので嬉しくもなるはず。ただこれを付き合った当初に毎日やってしまうと、そのうち、おはようとおやすみの挨拶が義務になってしまう可能性があるので要注意。「最近は毎日連絡してくれない」という不満の原因になります。

なので、本当に彼女と関係を長続きさせたいのであれば、付き合った直後から無理にたくさん送ろうとしないこと。LINEは、たわいのない会話や連絡手段として使うようにしましょう。

こうすれば、LINEの頻度で彼女を悩ませてしまうこともなくなり、男性も彼女からの見えないプレッシャーを感じなくてよくなります。

彼女とのLINE②甘い言葉は直接会って伝えよう

LINEは文字で相手に気持ちが伝えられるからこそ、「好きだよ」や「逢いたい」なんていう言葉も言いやすいものですよね。
特に口下手男子やシャイボーイは画面上で甘い言葉を言う機会も多いと思いますが、実はこれもNG。

文字で言われた「好き」や「逢いたい」は、やっぱり直接言われる言葉には適わないものなので、あまりにも言い続けていると彼女から「なんだか○○くんの言葉って軽い」と思われてしまうこともあります。
また、こうした言葉を言いすぎると特別感がなくなってしまうので、お互いの関係もマンネリ化しやすいというデメリットも。
「好き」や「逢いたい」という言葉は大切な言葉だからこそ、ここぞという時のためにきちんと取っておくようにしましょうね。

彼女とのLINE③感謝はこまめに送ろう

LINEは、感謝を伝える手段としてはもってこいな連絡ツールです。

彼女とデートの後や、何かあなたのためにしてくれた行動があったら、お礼LINEは必ず送りましょう。
「ありがとう」をこまめに言われてイヤな気分になる人はいないはずなので、些細なことで「嬉しい」と思ったらどんどん「ありがとう」という気持ちを伝えてみましょう。

こうしたこまめな気遣いこそが、長続きするための秘訣でもあるんです。
さらに、LINEなら感謝の気持ちを感じた時にはすぐ伝えられるというメリットも。

彼女とのLINE④ネタ系のやりとりで相手を楽しませよう

彼女から「この人と一緒にいたい!」と思われるためには、ユーモアセンスも大切。

一緒にいて楽しいと思えない人には居心地の悪さを感じてしまうのと同じで、LINEでテンションが合わないと思う人は、やりとりをしていても楽しくないと思われてしまうんです。

だからこそ、彼女をときめかせるような甘い台詞も大切ですが、時には彼女を思いっきり笑わせられるようなネタを送ってみるのもあり。
笑いのツボが同じ相手だと彼女が感じることができれば、2人の仲もより深まっていくはずです。

LINEを有効活用して愛を長続きさせよう

チャット感覚で気軽に相手とやりとりができるLINEは、有効活用させることができれば2人の関係を長続きさせる手段としても役立ってくれます。

「毎日連絡しなくちゃ…」
「おはようとおやすみの挨拶を送ろう…」
など頻度や定期的な連絡内容を決めるのではなく、あなたが彼女と繋がりたいタイミングで変則的に連絡を取っておいた方が、後々の2人ためにベターです。

現在、彼女となんだかマンネリ気味になってしまっているという方は、一度自分たちのやりとりを見返してみるのもいいかもしれませんね!

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター