サムネイル

決定的!!カラオケでの時にモテる男とモテない男

カラオケでの振舞いでモテるかどうかが分かれてしまう行動があるのをご存知ですか?普段の場所とは異なる場所だからこそアピールすることができます。できる男を演出しモテる男になれる方法、モテない男がやってしまいがちなNG行動をお教えいたしますので、参考にしてカラオケでモテるテクニックを身につけてくださいね!

  • 更新日:

カラオケって実はイイ男アピールできちゃう場所

会社や合コンなどで男女のグループでカラオケに行く機械は多いのではないでしょうか。カラオケで、実はモテる男とモテない男に分かれてしまう振舞いがあるのです。狭く密閉された空間だからこそ女の子に認識される行動も多いはず。周囲にしっかりアピールして、モテる男になってしまいましょう。

カラオケでモテる方法

1.よく気が付く

飲み物がなくなった時にさっと気づいて「なにか飲む?」と聞ける男はさり気ない気遣いのできるモテ男でしょう。特にポイントが高いのは、終了10分前の電話にさっと出ることでしょう。その他にも、入室した時は「コートかける?」などと聞いて率先してハンガーを持ちましょう。女子会で気が付く人だと評判になるはずです。

2.盛り上がっていない子に話しかける

カラオケで盛り上がるのが苦手な子などに積極的に話しかけ、みんなで盛り上がろうとすることが大切です。輪の中に入っていないなと気がついたら、さり気なく近づいて「部屋暑いよね」など話しかけてフォローをしてあげると、ポイントが高いです。「大丈夫?」とか「盛り上がってるー?」とかの、その女の子が1人になっていることに気がついているような言葉で話かけないのがポイントです。歌うのが苦手な子であれば一緒に歌おうと誘ってみるのも高評価です。

3.耳元で話しかける

カラオケの中は音が大きく、話しかける時に聞こえないことも多いですよね。そんな時は耳元で話しかけましょう。普段耳元で話しかけるシチュエーションはなかなかないので、不意に耳元に来ることできゅんとさせることができちゃいますね。

4.モテ曲を上手に歌える

歌がうまい人限定ですが、女子がきゅんきゅんするモテ曲をうまく歌われるとすごく素敵にみえます。歌がうまくない人は盛り上がる曲をいれることで、「あの人、面白い人だよね」と好印象につながるでしょう。カラオケでは自分が楽しむことよりもみんなが楽しむことを実践してみましょう。

モテない男がやってしまうNG行動

カラオケでモテる男の仕草について話しましたが、逆に、モテない男はどんな行動をしてしまっているのでしょうか。カラオケでモテないNG行動もお伝えしていきますので、自分がやってしまっているかも、と思ったら気をつけてくださいね。

1.人が歌っている時にハモってくる

本人は気持ちよくハモっているのですが、歌っている女子からしてみればテンションが下がります。良いのは、少し口ずさんだり、知ってる曲であれば合いの手を入れたりと盛り上げてくれることです。そのように自分が歌っている時に脇役で盛り上げてくれる男性は好感度大ですが、マイクでハモったりする行動はNGです。女の子が歌っている時は、女の子の見せ場です。それを横入りされて良い気持ちがする人はいないでしょう。

2.馴れ馴れしく体ごと近づけてくる

話しにくいからといって体ごと近づいてくるのはNGです。耳元くらいがちょうどよく、体ごと来られると少し引いてしまいます。カラオケで酔っぱらって手を繋いだりするのもNGです。軽い男だと思われてしまいますね。カラオケの部屋は暗い場合が多いですが、暗い場所でも手をつないでいるところを人に見られたり、近い状態でいる所を見られることを女の子は嫌がります。気をつけてくださいね。

3.みんなが知らない曲をいれる

みんなが全然知らない曲をずっと入れ続ける人いますよね。盛り上がらないし、空気の読めない男と認定されてしまいます。飲み会中のカラオケというみんなで盛り上がるための場所だからこそ、みんなのことを考えることができるといいですね。

4.自分に酔っている

マイクを変な持ち方で持ってみたり、角度をつけて持ってみたりする人は注意が必要です。女子のホンネは「あの人、自分に酔っていて気持ち悪い」と思われてします。また、バラードを入れて「なんか調子悪いな」などというのもNGです。歌がうまい人は堂々と歌いましょう。

まとめ

いかがでしたか?カラオケでモテる行動と、モテない男がやりがちなNG行動分かりましたか?カラオケに行く時は、結構皆飲んだ後で酔っぱらっている時だからこそ、自分勝手になったり周りを考えられなくなりがちなので、その時の気の遣い方や行動が、その後のモテる男とモテない男を分けます。モテる振る舞いを参考に、女子からの視線を独り占めしちゃいましょう。

内容について報告する