• 冬なのに室内では夏な“ずるい”女【グラビア:ベッドインの2時間前】
サムネイル

冬なのに室内では夏な“ずるい”女【グラビア:ベッドインの2時間前】

ドキドキする妄想デートが体験できるJIONの連載グラビア「ベッドインの2時間前」がスタート!モデルは美人すぎると話題の青山めぐさん。ベットインの2時間前、男女の間ではどのような駆け引きが行われているのでしょうか…?

  • 更新日:

午後8時。いまは、ベッドインの5時間前だ。

いまボクの目の前で階段を上がっている女性は、メグさん

先に入店していたバーからわざわざ迎えに来てくれた。

年齢はメグさんのほうが1歳下だけど、ボクは「さん付け」している。メグさんはなんというか、さん付けしたくなるオンナなのだ。

だって、ジャケットを脱いだだけでこんなに惑わせてくる。やっぱり、メグさんは「メグさん」だ。



半年前に先輩主催の合コンで出会ったメグさん。

その合コン自体は火曜日開催ということもあってあまり盛り上がらなかったけど、メグさんとはそのときにFacebookで「友達」になっていた。

そして、2週間ほど前にボクが六本木のバーで飲んでいる写真をFacebookに投稿したところ、メグさんが「お、ここのバー、私も常連です!」と、別に常連ではないボクに対してコメント欄でマウンティングを仕掛けてきたのが今日のデートのきっかけだ。

ボクは彼女のマウンティングに従い、

「あのバーで常連なんてさすが!あそこキレイな女の人たくさんいたからビックリしたよ」

などと下からの姿勢でDMを送り続け、一緒に飲みに行くという約束をなんとか取り付けることができた。

奇しくも、今日は火曜日。またも平日の飲みになってしまったけど、目の前にはこの光景だ…。

アネゴ肌な彼女が見せる季節外れの素肌が、曜日感覚を狂わせる。

さて、飲み始めてから20分。何気なく、

「いま彼氏はいるの?」

と聞いてみた。

すると彼女は、その素肌以上にボクを惑わすイジワルな表情で、こう質問を返してきた。

「ん?なんで?」

ずるい。ずるいよ、それは。

おそらく彼女のなかで、この「彼氏の有無聞くならその意図を明かしなさい攻撃」は常套手段であり、聞いてきたオトコの自分への好意レベルを計る試金石なのだろう。

ただし、試されているということは、ボクは彼女にとって試す価値のあるオトコなのだ。

コンマ数秒の間に思考を張り巡らし、ボクはこう答えた。

「いや、いないなら、明日の朝会社に行く前に区役所に婚姻届取りに行かなきゃなと思って」

どうだ…。いちかばちかユーモア方向に走ってみたけど、どうだ…

「フフ。あーなるほどね。じゃあ、明日の朝は早起きしなきゃだね。いないよ、彼氏」

これは、好反応といっていいのではないだろうか。

その証拠に、メグさんはこんなことを言い始めた。

「最近、毎週ジムでトレーニングしてるの。見て、この腕。触ってみて」

触って…みて…。

二の腕を触るというのは、もはやセックスである。これは、中学2年生の夏にボクが電車でイチャイチャする大人のカップルを見て思ったことだ。

それから10年以上のあいだ、たくさんの女性の二の腕を触ってきたと自負しているけれど、やっぱり“ファースト二の腕タッチ”の瞬間はドキドキする。視覚では確認できないけれど実は小刻みに震えている僕の腕は、まるで“中2の腕”だ。

二の腕を触った。もう、今日が火曜日だなんてことはどうだっていい。この瞬間から、曜日感覚は積極的に狂わせていこう。

カラオケに移動した。いまは、ベッドインの3時間前だ。

個室に来たのだから、もうイチャイチャするだけだと思っていたけど、ここで困ったことが起きた。

そう、メグさんは、歌うときにスタンディング状態になる“ガチで歌いたい系女子”だったのだ。

頼むから、座ってくれ…。

ボクはそう思い、「これ聴きたいし歌いたい」とリクエストして、デュエットのバラードを入れた。曲は、m-flo loves YOSHIKAの『let go』。

ラップ部分はボクがやり、歌の部分はメグさん。デュエット相手のボクが座っていれば、彼女も座って歌うだろう。そんな隠れた意図も含めての選曲だ。

でも…

より激しく立って歌いやがった。


曲が終わる。「この感じだと、もう今夜は厳しいかな…」そう思っていると、メグさんは足と足が当たるくらい近くに座って、テンション高めにこう言った。

「ラップ上手いね!この曲こんな気持ちよく歌えたの初めて!」

ボクは、この世の中にラップが入った曲が無数にあるなかでこの1曲しかラップはできない、なんてことはおくびにも出さず、ただ一言、「良かった。楽しませることできて」と言った。

そして、近距離で座ってきたドサクサに紛れて、手を握った。

そこからボクたちは、このカラオケで1曲も歌っていない。

カラオケ画面からアーティストたちが「DAMチャンネルをご覧の皆さん、こんにちは~」と呼び掛けてくるなか、ボクらは…

ネクタイを引っ張ってくる少しSっ気あるメグさん。

でも、押されると途端に従順な目になるMっ気あるメグ。



そしていま、ベッドインの2時間前。

(終)

モデル:青山めぐ

タレント/女優

バラエティ番組からドラマ、最近はモデルもこなしマルチに幅広く活躍中。最新情報は、Instagram・Twitter・ブログをチェック。

※撮影協力:「one’R」
東京都港区六本木7‐9‐3韮澤ビル202
03‐3401‐1515

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター