サムネイル

見逃さないで!彼女の結婚したいサイン♡

女性にとって結婚とは、人生においての大きな目標の1つです。しかも、出産には年齢の限界があるため、男性よりも結婚への焦りを感じています。もしかしたら、あなたの彼女も結婚したいと思っているかもしれませんよ?今回は、女性が結婚したいと感じる瞬間や結婚したいときに見せるサインをご紹介しますので、見逃さないように予習しましょう!

  • 更新日:

どうかプレッシャーに感じないで

これから彼女があなたと結婚したいときに見せるサインをご紹介しますが、当てはまったからといってプレッシャーに感じるのはやめて欲しいなとと思います。もしサインを感じとったら、結婚について考えてみる適齢期がきたのだと思って、彼女との結婚に向き合ってくれたら嬉しいです。

彼女が結婚したいときに見せるサイン

友達の結婚や出産の報告をしてくる

女性はただでさえ結婚に焦りを感じやすいものですが、自分の友達や身近な人が結婚や出産をすると、その焦りはさらに大きくなります。取り残されたらどうしようという気持ちになるので、自然と自分の結婚についても意識してしまうのです。

彼女が友達の結婚や出産の話を振ってきたら、それは遠回しに自分もしたいと言っているのだと覚えておきましょう。このときあなたが全く興味のないような反応をすると、あなたは将来子供が欲しくない人なのかもしれないと彼女を不安にさせる可能性がありますのでリアクションはしておきましょう。

彼女の親に紹介される

一般的に両親に紹介された場合、近い将来結婚を考えていることが多いです。彼女から「両親に挨拶にきて欲しい」と言われたときに断ってしまうと、「彼女との結婚は考えていない」という意味に捉えられてしまいます。もしあなたに結婚の意志があるのであれば、やむを得ない事情がある場合を除いてできるだけ参加しましょう。

もし彼女のご両親にお会いするときは、将来を意識してきちんとした態度で臨みましょう。また、親だけでなく、彼女の親友や会社の上司を紹介されることもあります。このときもあなたの反応を見られているので、良い印象を与えられるように気をつけてくださいね。

仕事が辛いとき

あまりポジティブな理由ではありませんが、仕事で辛いことがあったとき結婚に逃げたいと思う女性もいます。なかには「寿退社するまでは頑張ろう」と自分で期限を決めて仕事をしている場合もあります。

もちろんそういう女性ばかりではありませんが、もしあなたも彼女と結婚したくて将来家庭に入って欲しいと考えているなら、彼女を辛い職場から助けられるかもしれません。

久しぶりに帰省したとき

正月明けやお盆明けになると、結婚相談所の相談件数が増えると言われています。それは、実家に帰省した人たちが久しぶりに両親に会って「年をとったな」と感じるからだそうです。

特に女性は親が元気なうちに晴れ姿を見せてあげたい、孫を抱かせてあげたいという気持ちが強いので、彼女も実家に帰ると結婚したいという思いが大きくなるかもしれません。また、親戚が集まったときに誰かが結婚や出産をしていると、彼女は急かされることもあるでしょう。戻ってきた彼女の様子が違っていたら、結婚を意識している証拠かもしれませんよ。

賃貸の更新の話をしてくる

彼女が1人暮らしをしているなら、どこかのタイミングで更新をしなければなりません。しかし更新をするということは、また数年の間はその家に住むということです。

彼女が結婚したいと考えている場合、更新をしてしまう前にあなたにさりげなくその話をしてくるでしょう。「今のタイミングなら引っ越せるよ? 結婚はまだまだ先なの?」といった気持ちが込められており、不安を感じているはずです。もし彼女から賃貸の更新の話が出てきたら、思い切って「一緒に住もう」と言ってあげると彼女は喜びます。すぐに結婚でなくても、同棲を始めればあなたが結婚を考えてくれていると安心することができるでしょう。

「結婚しよう」と言ってくる

彼女が「結婚したい」と直接言ってきたら、もう言うまでもありませんね。特に女性がこの言葉を言うには非常に勇気がいるはずなので、彼女の思いは相当強いものだと言えます。

もしあなたも同じ考えであれば、迷わず受け入れましょう!今すぐは無理でも将来的に彼女との結婚を考えているなら、決してはぐらかしたり無下にしたりしてはいけません。結婚はしたいけれど今ではないというあなたの気持ちを正直に伝え、話し合うことが大切です。

結婚を焦ってるとは思われたくない

内心は早く結婚したくても、焦っていることに気づかれたくないと多くの女性は思っています。

それでも彼女が結婚したいサインを出してきたら、それはあなたからの言葉を待っている証拠です。もしそのサインを見逃してしまうと彼女は諦めて離れていく可能性があるので、しっかりと見極めてくださいね!

内容について報告する