• クリぼっちですけど、何か?イブはカップルで過ごす風潮なんて気にしない
サムネイル

クリぼっちですけど、何か?イブはカップルで過ごす風潮なんて気にしない

そもそもクリスマスが、神道系信者・仏教徒が大半を占める日本で恋人同士が過ごすイベントとして発展したのはおかしな話ですね。それなのに、何故シングルの人はイブを前に憂鬱な気分に陥り、敗者のような気持ちに浸らなければならないのでしょうか?今回は、独女達のイブの過ごし方・またクリスマスラブに出会う方法ご紹介いたします。

  • 更新日:

そもそもどうして日本ではクリスマスは恋人で過ごすという風潮が広まったのか

ー日本人クリスマスがなんなのか知らないから、そんな風潮すらおかしいと思う(キリスト教徒、女性、26歳、独身)

クリスマスを恋人で過ごすという風潮が広まったきっかけと言われているのが、1983年12月の"anan"で、「クリスマス特集、今夜こそ彼のハートを捕まえる。クリスマスの翌朝はルームサービスで」という特集だそうです。
日本は保守的な国なのに、結婚は欧米式が主流、ハロウィンには警察官が大量に導入され、お葬式は神道もしくは仏教というところも面白いですね。自分でもいつどこで、”クリスマスは恋人と過ごすものらしい”という考えを刷り込まれたのかよく覚えてないですが。今回はそんな世間の風潮を物ともせず、自分なりのクリスマスイブをエンジョイする独女達のぶっ飛び体験談、そして今年の彼女達の予定を聞いてみました。

Case 1. アイドルサークルに所属するキチガイ現役女子大生22歳

ー愛らしい顔立ちと、高学歴というまさに才色兼備という言葉がふさわしい彼女の過去のシングルイブの過ごし方は?

「イルミネーションの写真をツイートして、誰か男と過ごした風を装っていた。」(現実は自室に引きこもって、一人ツイッター)

ー今年のクリスマスイブの予定と現代の日本におけるクリスマスの風潮に関して

「イブは友達と街コンに行く予定。世の中、お互い相思相愛なカップルなんて珍しいのに、高い金使わなきゃいけなくてざまぁみろって感じだね!」


Case 2. 癒し系美人受け付け嬢25歳

ー今までのイブの過ごし方の中で一番印象深いのは?今年のイブの予定は?

「イブの晩に、やけくそになって、キャバクラの体験入店に行ったことがある。サンタさんの衣装が袖なしで、ムダ毛処理してなくてめちゃくちゃ焦った。今年のイブは一人でカンボジアに行く予定!」

Case 3. イブの悲劇の女王 現役女子大生 21歳

ー今までで最も印象的なクリスマスイブの思い出と今年の予定は?

「一昨年のイブのことは忘れもしない。交際相手がいたのにも関わらず、北朝鮮のミサイル威嚇の影響で彼は日本に居なかった。それで、友人のシングルパーティーに招待され、昼から缶酎ハイを煽って、渋谷の路上で酔っ払っていた。完全に負け犬だったけど、カップルが活動しだす夜にはお酒の力を借りて寝ていたので、憂鬱な気分に陥ることはなかった。今年のイブは、ようやく誰かとイルミネーションが見られると思ったが、交際相手の宗教柄、難しそう。恐らく家でナイトメアービフォアクリスマスを見ながら、チキンの足の骨をしゃぶって、SNSを完全にシャットアウトする。現代の風潮においては、皆好きなように勝手にすればいいと思うけど、クリスマスデートのポストとか目障り以外の何者でもないから、載せる人の神経疑う。」

クリスマスマジックで恋人をゲット♡

今年のクリスマスは週末ですね♡仕事も休みで、家で何もしないよりはクリスマスを満喫して、同時に恋人もゲットしてしちゃいましょう♪イブデートは理想とは裏腹に、リスクがつきものです。どこに行っても混んでいるし、プレゼントやらクリスマスディナーやらでお金は飛んでいくし、若いカップルは、更にラブホテルが見つからないという絶望的状況に追い込まれ、せっかくのクリスマスデートに喧嘩してしまうカップルもいます。そう言った状況に比べれば、シングルはストレスフリーなのです。クリスマス前に悪あがきするのは、はっきりいって見苦しいです。それよりは、クリスマスの日に偶然、素敵な女性に出会えたらロマンチックだと思いませんか?

1. 街コン・合コンに参加する

ーそもそも街コンとは?
”街コンは、街ぐるみで行われる大型の合コンイベントである。 一般的な合コンと異なり、参加者は少ない場合でも100名以上、規模の大きいものでは3000名弱にもなる。 同性2名以上で1組となり、開催地区の定められた複数の飲食店を廻る。”

出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/街コン

毎日同じ生活パターン、職場に出会いがない、人生が単調で刺激がない。俺この先ずっと誰にも出会えないまま独り身なのかな・・そんな物思いに耽っている暇があったら、出会いを求めている女の子と出会える街コンに参加しませんか?
クラブやバーで女の子を口説いて、ドリンクだけ買わされて、一人寂しく、いつもの日常に戻るよりは、出会いを求めている女の子達と出会える街コンの方がずっと効率的です。日常で出会いがない方は、いつものルーティーンから抜け出さない限り、今の状況を脱するのは難しいかと思います。
合コンもありだと思います。街コンに比べて小規模なので、気になる女の子がいれば、距離をぐっと縮めることも可能でしょう。

2. バー・クラブに繰り出す

クリスマスの日に、バーやクラブで女性だけのグループを見かけたら、密かに出会いを求めていると思って構わないと思います。ちょっとクリスマスに一人で過ごすのも寂しいし、どうせなら女友達と出かけて、ついでに出会いもあったらいいな♪といった感じだと思います。彼女たちがどこまで求めているのかはケースバイケースだと思いますが、出会いのチャンスがあるのは間違いないです。今年のクリスマスは週末ですし、クリスマスコスプレの女子とかもいそうですね♡

3. 気になるあの子を勇気を出して誘う

クリスマスの日にデートに誘うのは、すごく勇気がいることだと思います。先ほど、クリスマスデートのデメリットを上げましたが、何事にも良い点と悪い点があるわけで、好きな人とクリスマスにデート出来たら、二人の愛が深まるだけでなく、二人にとって素敵な思い出になります。クリスマス前に彼女が欲しいとか、そんなみみっちい発想は捨てましょう。本当に好きな人がいるなら、思い切ってデートに誘ってみましょう。気になっている男性からクリスマスデートに誘われたら、女性側としてはかなり嬉しいです。イルミネーションの前で、”好き”と告白したら、とーってもロマンチック♡ 私もされてみたい。

世間の風潮なんてどうでもいい、自分が一番楽しいと思うことをすればいい

良い意味でも、悪い意味でも、日本はすごく周りの目を気にしたり、世間の風潮が個人感に影響する国だと思います。世間の風潮なんて、一時的なものです。そんなものに流されているよりは、自分をしっかり持って、自分が本当にしたいことをする、もしくはそれを実現するために行動を起こすことが大切だと思います。クリスマスを一人で過ごしているからといって、”くりぼっち”とかいう属性に勝手に分類されたりするのは、おかしいと思います。ですから、「今年もまた一人だ・・」なんて悲しい気持ちにならないでくださいね。クリスマスの過ごし方は、人それぞれです。気の置けない人達と美味しい食事とお酒が堪能できれば、満足ですよね♪

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめのまとめ

人気のライター