サムネイル

ホテルに誘うための準備はOK?モテる男が踏むべきステップとは?

女性をホテルに誘いたい…そう思った時、昔なら勢い任せに誘っていたかもしれませんが、大人の男性なら余裕のあるスマートな誘い方をしたいものですよね。そのためにはホテルに行ってもいいと思わせるまでの着実なステップを踏むことが重要です。誘いたい女性がいるあなたに、女性の心をガッツリ掴んでYESと言わせる誘い方を教えちゃいます♡

  • 更新日:

下心さえセクシーに思わせる大人の男性の魅力を

男性からの下手な誘い方に女性が幻滅してしまうと、ホテルへ行くことを断られるだけでなく、あなた自身の評価を下げてしまうことにもなります。せっかく積み重ねた女性との関係を崩してしまうようなことになっては大変ですよね。なので、ホテルへ誘う際は慎重にならなければなりません。かといってあまりに構えすぎてしまうと反対に余裕をなくしてしまい、その余裕のなさが出てしまうとあなたの魅力半減…という印象にも繋がってしまいます。

女性は大人の男性が相手となると、経験豊富だろうからと誘い方ひとつに対してもハードルを上げてしまいがちです。そんな高いハードルを軽々と越えて、ホテルで一緒に甘いひとときを過ごせるように…♡女性の心と足をスムーズにホテルへと向かわせられるように、しっかりと会話や行動の流れをシミュレーションしておきましょう。あなたの見え隠れする下心を女性に色っぽいなと思わせられれば、もうその後の二人の結末は決まったも同然です♡

【ホテルの誘い方】その日一日の流れを頭に入れておく

デートをする時間帯、場所を決める

女性を初めてホテルに誘うとき、女性があなたからのホテルの誘いに乗りやすいシチュエーション、というのが大切になります。そのシチュエーションを作る第一歩が、『時間帯』『場所を決める』というところから始まります。

女性が初めての男性とホテルへ行くとき、多少なりとも恥ずかしさや不安感が伴うものです。そんな女性の感情を隠してくれるのは夜の暗さです。白昼堂々とホテルへ入って行けるのは、お互い何もかもを知った関係になってからでしょう。

ということからデート開始は夕暮れの少し薄暗くなってくる時間帯からのスタートが良さそう。そして場所はホテルに近い場所にしましょう。せっかく女性が「今夜はOK♡」な気分になっていても、ホテルまでの移動がスムーズでないとせっかく上がったテンションが下がってしまう恐れがあるからです。

二軒目に使いたいのは高級ホテル内にあるBAR

一番のオススメは、美味しい食事を終えたあとの二軒目に、ラグジュアリーなハイクラスホテルのBarに行くことです。素敵な夜景が見えたりするようなロケーションのBarだと尚◎です。リッチな空間に女性を連れていくことで、あなたの大人の男性としての株も上がり、もしいい感じになればそのまま外に出ずにお部屋にチェックインできるメリットもあります。

そして、ラブホテルではなく”ハイクラスなホテル”をチョイスすることで、あなたが女性のことをそのようなホテルに相応しい女性だと思っているという風にアピールできることから、簡単に落とされたと思われたくない女性のプライドをくすぐることで、女性も男性からのホテルのお誘いに応じやすくなります。

雰囲気重視!

近くにそのようなホテルがない場合、ホテルの近くにある雰囲気の良いおしゃれなお店を選んで下さい。女性は連れて行かれたお店のランクで、自分が相手の男性からどの程度のレベルの女性だと思われているかを図る傾向があります。間違っても大衆居酒屋のようなところは避けるべきです。女性は雰囲気にのまれやすい、もしくは分かっていてのまれたいと思う生き物なので、お店選びは重要なポイントです。

また、ホテルに誘う前にデートを成功させることがミッションです。事前に女性の食事の好みを知っておくと◎。美味しいと思って食事をしている時の脳からは快感物質が分泌されているのですが、この物質は性行為の時にも分泌されているのです。

つまり、美味しい食事をさせてくれた相手のことは性行為で快感を与えてくれた相手と同様、女性自身に幸せな快感を与えてくれる相手としてインプットされるのです♡これはホテルに誘うにはかなり有効!

会話で女性の気分を上げてホテルに誘う

〇同調する×否定しない

会話をする際には、女性の気分が良くなるように気を使いましょう。会話をする上で一番大切なのは女性の発言に同調すること、絶対にダメなのは女性の発言を否定することです。女性は共感しあえる相手に対して親近感が湧きます。この人は自分の気持ちや意見を理解してくれる人なのだというイメージを植え付けて下さい。

「それは違う!」と思うようなことを女性が言っていたとしても、否定してはいけません。討論をしにきたのではないので、あくまで女性の気分を良くすることを考えて女性の意見に賛同してあげて下さい。この人はわかってくれる=信用してくれる、一緒にいたいと思ってくれることにもつながります。

上手に褒める!

褒められて嫌な気分になる人はいませんよね。会話の節々で女性を上手に褒めることは女性の気分を良くし、結果ホテルへ行くことに繋がります。ただし、わざとらしく大袈裟に褒めてはしらけてしまって逆効果なので、さりげなく褒めることが大切です。

女性は可愛い、綺麗、というキーワードにはいくつになっても弱いものです。「今の表情すごく可愛かったな~」と会話の途中で不意打ちにサラッと褒めたり、「〇〇ちゃんって笑顔がすごくいいってよく言われるでしょ?」などと、女性の魅力はあなただけではなく世間からも認められるレベルだという褒め方も良いですね。

しかし外見的な部分ばかりを褒めていては安っぽく軽い男性にうつってしまうので、「〇〇ちゃんといるとすごい落ち着くよ~」「〇〇ちゃんと話してると楽しくて時間が過ぎるのが早いよ」など、内面的な部分にも惹かれているということを伝えることも大切ですね。

絶対NGな会話

仕事の愚痴を言う、自慢話をする、女性の興味のない話を延々とする、というような会話をしてしまうと、女性のテンションはいっきに下がってしまうのでホテルに誘う雰囲気どころではありません。絶対にNGです。

特に男性に多いのが、お酒が入るとマイワールドに入り込んでしまい女性が退屈そうに相槌をうっていることに気付かないまま、ずっと自分の好きな話をし続けるということ。もうこれでは女性があなたのホテルの誘いに乗る可能性はゼロに近くなってしまいます。むしろ、飲みに行くたびにこれかと思うと、サクッともいけません。お酒で程よく酔うのは良いのですが、あまり飲み過ぎて女性の空気を読めないようなことになるのだけは避けてくださいね。

少しずつ色っぽい雰囲気にして誘う

まずは相手の様子を伺う

会話が盛り上がってきて女性のご機嫌も上々になってきたら、徐々に色っぽい雰囲気を作っていきましょう。あからさまに「ホテル」や「セックス」といったワードは出さずに、この後の流れを連想させるような会話をしていき女性の反応をうかがってみて下さい。

「今日は何時まで一緒にいれるの?」「終電で帰らなきゃダメ?」

などと言って女性がすんなり帰ろうとしているのか、まだあなたとの時間を楽しみたいと思っているのかを探ります。

「今日は〇時までに帰らないとダメなの」「明日朝が早いんだよね」

というような返事が返ってきたら、今の段階ではまだ女性はあなたに対して最後の壁が取れない状態だと言えます。反対に「明日ゆっくりだから時間は気にしなくて大丈夫だよ」「もし終電逃してもタクシーがあるから平気だよ」といった感じの返事があれば、女性はまだあなたとのデートを終わらせたくないと思っている証拠だと思って良いでしょう♪

そして「〇〇ちゃんといると楽しくてあっという間に時間が過ぎちゃったから、まだまだ一緒にいたいな~」というやんわりとした言い方で、あなたは今日は「その気」だという意思表示を軽くしちゃって下さい。こうして軽くジャブをうって、女性に「もしかして今日ホテル誘いわわれるかな…?」と気付かせておくことで、女性にも心の準備をする時間を与えてあげるのです。

軽いボディタッチ→ディープなボディタッチへ

会話に色気が加わってきたところで軽いボディタッチを投入していきましょう。最初は会話の流れに沿って、呼びかける時や突っ込みを入れる時などに肩や腕を軽くたたいたり触れたりする程度から初めて下さい。そして徐々に女性のキュンキュンしちゃうポイントに触れていってみて下さい。

肩や腕なら普段の生活の中でも割と誰にでも触れられる可能性のある場所ですが、頭をポンポンとされたり、髪を撫でられる、頬に触れられるといったことはなかなかないのではないでしょう。「ほんと可愛いよねー」と言いながら頭をポンポンとしてみたり「髪すごい綺麗だよね」と言いながら髪を撫でてみたり「暑い?ちょっと顔が赤くなってるよ」と言いつつ頬に手をあててみる…。

このような女性がキュン♡となるポイントをしっかりと刺激しちゃえる行動が自然にできる男性は、その慣れた感じで下心がチラチラ見えてしまっていることすら、いやらしいという印象ではなくセクシー♡と女性に思わせることができる大人の男性といえますね♡

ここまできたらあとは誘って抱くだけ!?

ここまできて女性の反応が良ければ、ホテルへの最後のとどめをさしちゃって下さい!
これまでの接近戦で嫌がっていないということは、女性の方もまんざらでもない可能性が高いです。なので更にいっきに抱いて距離を縮めて下さい。

抱くのは「腰」です。横並びの席なら「もう少しこっちにおいでよ」と言い女性の腰を引き寄せる、女性がお手洗いに行く際などに「お手洗いこっちだよ」と誘導するように腰に手を添える、または「もう出ようか」とお店を出る時に腰を抱きながら歩く…など、場面に応じて腰を抱くのです。腰を抱かれるとそういう行為を連想しちゃうという女性もいるほどです。手を握るより、肩を抱くより、腰を抱くというのは特別な行為です。ここで女性が拒否しない、むしろうっとりしている…ような様子であればほぼホテルへ行こうと誘って断られることはないでしょう。逆にここまできて女性の反応がイマイチなら今日はもう諦めた方が良さそうです。

今回の反応が悪いのは逆にチャンス!

ただし!女性の反応が悪くても「今日は」諦めるだけで、次回に期待を持つことや次回誘っても大丈夫です。今回ここまでの段階を踏んだことで、あなたが女性をホテルに誘いたがっていることは女性にも伝わりました。なのに、最終的なアプローチはせずにあっさりと帰ってしまって下さい。

すると女性は来るはずのあなたからのお誘いがなかった、となるでしょう。そして少し日にちをあけて再度デートへ。次のデートでは今回の努力の積み重ねが残っています。その状態でのデートで1軒目から2軒目へうつる時間帯をわざと終電ギリギリの時間にしてホテルへ誘う。車の人は日にちをまたがないくらいの時間帯を狙えば良いでしょう。

そこで女性に楽しい!と思わせられたら「もう時間も時間だしこのままホテルへ行ってもいいかな」と思う可能性が。是非最初にホテルに誘った時の反応が悪くても、悲観せずに次のチャンスを伺ってみてくださいね。

ホテルへ誘う

さあ、では女性をホテルへ誘いましょう。

ホテルの誘い方でも、

「ホテル行こうか~」
「ホテル行ってもいい?」
「ホテル行きたいな~」

…そんなにストレートに言わないで欲しいのが女子の本音。初めての相手にそんな風にホテルに誘われ

「いいよ~♪」「オッケー!」「うん!」

と、元気よく返事するのはなかなか女性として恥ずかしさから言えないものです。むしろ、言わせないで下さい!

ここまできた状況で女性も大人なら理解しているはずです。お店を出てまだ家に帰らないとなれば二人が行く先はひとつ♡なので詳細を語る必要はありません。ストレートに返事を求めないで、「早く二人きりになりたいな~」「映画でもみてゆっくりしよっか~」「シャワー浴びたくない?」と独り言のように呟いてみてください。
その誘い方が嫌なら「今日は帰るよー!」と言えますしOKなら「うふふ♡」「そうだね~♡」と言いながら女性はあなたについていくだけです。女性に直球で向かって答えを求めると気まずい思いをさせてしまうので避けましょう。

大人の男性のホテルへの誘い方はスマート&セクシーに♡

いかがでしたか。
あらゆる一連の言動を女性に対して、自然に、そしてスマートかつセクシーに魅せることが女性の心を掴みホテルへ行ってもいい♡と思わせるポイントになります。若いと「チャラい」「遊んでそう」と思われてしまうようなことでも、大人の男性となると「経験豊富」「大人の余裕を感じる!」と好印象になります。是非実践して、女性とホテルで素敵な一夜を過ごして下さいね!

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめのまとめ

人気のライター