• 実はクリスマスに予定がなかった女【グラビア:ベッドインの2時間前】(青山めぐ)
サムネイル

実はクリスマスに予定がなかった女【グラビア:ベッドインの2時間前】(青山めぐ)

ドキドキする妄想デートが体験できるJIONの連載グラビア「ベッドインの2時間前」。モデルは美人すぎると話題の青山めぐさん。ベットインの2時間前、今回は12月25日クリスマス当日の男女のリアルをご紹介いたします。

  • 更新日:

今日は12月25日。つまり、クリスマスだ。

そしてボクはいま、こんな美人と表参道のイルミネーションの下を歩いている。

これはもう、言っていいのではないだろうか。今年のクリスマスのボクは、「勝ち組だ」と。

思えば2週間前の自分は、会社の後輩に「先輩はクリスマスどうするんですか?」と聞かれ、

「あぁ、クリスマスか…。忙しくてその存在すら忘れてたわ…」

と大ウソをぶっこいていた。

その前日に【クリスマス 予定なし 割合】で検索して、本当かどうかはわからないパーセンテージに刹那的な安心感をもらっていたというのに…。

でも、どうだ。

こんな美人と過ごすクリスマスになるなんて、当人であるボクも予想しなかった。

こうなった経緯を説明しよう。

午後17時。ベッドインの8時間前。

今日ボクがクリスマスデートをすることになる青山さんは、まだ家でひとり海外ドラマのDVDを観ている。

青山さんとは、1年前に仕事で出会った。

同じプロジェクトに取り組むことになった会社で広報を担当していた彼女だが、3カ月ほど前にFacebookで「退職しました」という投稿をしていて、ボクはその投稿に「いいね!」だけでなくコメントをした。

うん、もちろん下心だ。

プロジェクトが進行していた当時、仕事で密に連絡をとっていたことからLINEでも繋がっていたボクは、

「青山さん、退職されたんですね。あの時は本当にお世話になりました!また飲みましょう!」

というようなメッセージも送った。

繰り返し言うまでもない。下心だ。

でも、退職してからというもの、毎週のようにリアルタイムで週末の楽しい様子をInstagram経由でFacebookにアップする彼女を見ていて、「まぁ自分には入る隙はないだろうな…」と勝手に諦め状態に入っていたのだ。

まさか、まさか、まさか…。

そんな彼女が、クリスマスに限って予定がなかったとは…。

「美人は誘われにくい」なんてのは都市伝説だと思っていたけど、おそらくボクと同じように「入る隙はないだろう」とあらゆるオトコたちが考えた結果、彼女の12月25日のスケジュールはぽっかり空いたのだ。

だから彼女は、家でひとり、ゴムチューブで適当に筋トレしながら海外ドラマを見ている。

この時点で彼女は、こう思っている。

「マジか…。あたし、クリスマス・イヴに予定なしか…。それがバレるわけにいかないから、今日は家で海外ドラマを永久に観る日にしよう」

時折スマホをいじったり女友達からかかってくる電話に出たりするが、「夜に予定がない」とは誰にも言えない。

だから、自然と海外ドラマ&筋トレに集中するようになる。

サムい心と反比例するように、カラダはアツくなって仕方ない。

彼女がそんな風に過ごしていたとき、同じく家でひとり「今日どうしよう…」と悩みながら【クリスマス ひとり 夜メシ】で検索していたボクは気づいたんだ。

「あれ、今日はまだ、青山さんのリアルタイムな“週末楽しいです”投稿がない!クリスマスなのに…」

ただ、この時点ではまだ、まさか彼女に予定がないだなんてことは思っていない。むしろ、「楽しい予定で忙しいからSNSなんてやる暇ないんだろうな…」と考えていた。

でも、よくよく見ると、彼女はFacebookに数分前にログインしてるんだ…。

ボクは、ダメもとでLINEを送ってみた。

「クリスマスの週末でお忙しいと思うんですけど、青山さんが前にオススメしてた海外ドラマって何でしたっけ? まったく予定がないので、今日は海外ドラマでも見て過ごそうと思って…」

すると、10分ほど経ってから、信じられない返信が送られてきたんだ。

「海外ドラマ…どれだろう? わたしたくさん見てるので…。『SUITS』かなぁ? というか、お仲間ですね。実は、わたしも今日予定ないんです。だから、同じく海外ドラマを見ようと思ってました(笑)」

このLINEが送られてきた瞬間、ボクが【クリスマス 予約なし ディナー】で検索したのは言うまでもない。

ここから数通のLINEを経て、青山さんとボクは、急遽クリスマスデートすることになったんだ。

そうしてやってきたのが、表参道というわけ。

「ベタにイルミネーションでも見ましょうか?」ということで、“原宿と表参道のあいだの交差点で”というザックリ待ち合わせでここまで来たが、驚くべきことが起きていた。

青山さんは、なんとコンドマニアの前で待機していたのだ。

なぜ、コンドマニアなんだ…。ラフォーレ原宿の前でも東急プラザの前でもいいのに、なんでコンドマニア前なんだ…。

まさか待ち合わせの時点でオカモトさんに今夜の応援をされるとは…。

そんな応援のおかげか、ディナーもイルミネーションも恋人モードで楽しむことができた。

そうしていま、ベッドインの2時間前。

ボクはいま、【会社 休む 言い訳】で検索している。

でもまぁ、行くけど。

こんな楽しいクリスマスの次の日に仕事を休んだら、バチが当たる。

(終)

モデル:青山めぐ

タレント/女優

バラエティ番組からドラマ、最近はモデルもこなしマルチに幅広く活躍中。最新情報は、Instagram・Twitter・ブログをチェック。

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター