サムネイル

B&B Italiaで一生モノを買おう。一流の大人の男が持つべきインテリアとは?

みなさんは一生モノというと何を思い浮かべますか?“男の一生モノ”と言うと、家や車、高級時計にオーダースーツなどなど、上質かつ値段も高いものが挙げられると思います。その中でも、女性に「センスがいい」と思われる一生モノはインテリア。自分の居場所にこそ何を置くかは重要。一流の男が持つべき家具をB&B Italiaからご紹介。

  • 更新日:

インテリアこそ女性が共感できる“一生モノ”

男性がこだわるモノに対して、いつだって女性はちょっと引き気味になってしまうのはよくある話ですよね。

車を買う男性の気持ちはわかるけれど、女性はそこまで詳しい人はおらず興味もそこまでない。高級時計も同じ。値段によって価値がわかるけれど、女性たちにとって男性がこだわる多くの一生モノについてはさほど興味が湧かないことがほとんどです。これ、女性のブランドバッグと同じで、男性にとって「そんなに高いのいる?」と思うハイブランドのバッグに女性たちはいつでも憧れているんですよね。そして、自分へのご褒美で買って満たされたり…。

ある意味一生モノとは自己満足的な側面をもち、自分が一番好きなものだからこそずっと使う覚悟ができたりします。そんな人とはなかなか分かり合えない一生モノですが、唯一男女が共感できるのがインテリア。

パートナーと過ごす部屋にあるインテリアは、その人の生活を表す1つのアイテム。モテ部屋と言われる様に、男性の部屋に遊びに行った時に置いてある家具たちがセンスがよければ、記憶に残るインパクトを女性に容易に与えられたりもします。

部屋にあるインテリアはセンスよくあるべし。一流の男が実際に部屋に置いているインテリアとはどこへ行けば見つかるのか…

B&B Italia 新作発表会

その答えはここ、B&B Italiaに!
今回新作発表会で目にしたのは、そんなこだわりが詰まったインテリアの数々。
青山にあるB&B Italiaショールームで行われた新作発表会で特に目を引いた“一生モノ”のインテリアたちをご紹介いたします!

SAKé

囲い込むような形状と直線的なシートバック、そして豊富なサイズ展開は、置かれる空間に調和し趣向に合せた選択を可能に。

ピエロ・リッソーニ氏と初めてコラボレーションしたのがこのソファSAKé(酒)シリーズ。なんでも、B&B Italiaの創業者とピエロ・リッソーニ氏が酒を酌み交わしたことがきっかけでこのコラボが実現したのだとか。 

座面は固めで沈みにくいが、空飛ぶ絨毯と呼ばれるぐらい浮遊感を感じられるシートになっている。
値段は100万円以上するが、間違いなく本物として揺るがないニーズがあり、ビジネスユースとしても多くの場所で用いられている。また、B&B Italiaのコレクションで唯一ソファベッドが存在するシリーズ。簡単な操作でベッドにできるので、リビングでゆったりと大切な人とくつろいでみては?

HARBOR

人間工学に基づいてデザイン・開発され、ヘッドレストを備えてリラックスを追求したハイバックチェアと、会話に適したローバックチェアの2 種類がある。回転機能と背中中央部にあるファスナーが特徴的。張地はファブリックとレザーから選択可能。オットマンは専用のトレーを置くことにより、テーブルとしても使える機能的な点も嬉しい。

著名なデザイナー、深澤直人氏とコラボレーションしたアームチェア「HARBOR」。最近ではパーソナルチェアニーズが増え、その座り心地の良さから寝室に置く人も多い。ゆったりと1日を振り返る時間を持てる大人の余裕は、もしかしたらこういう時間からくるのかもしれない。

JENS

中国のクラシカルな椅子に用いられた曲木と削り出しの職人技を再発見し、新しい命を吹き込んだJENS。厚革をシートとバックに施すことにより、さらに力強いデザインを実現。2種の肘有タイプと1種の肘無タイプ、フレームは木質5種。

JENSのクラシカルなデザインは、男性の部屋に置いても存在感のあるアイテムに。厚革のシートは大人の余裕を感じます。リビングに置くソファーだけでなくこういったチェアーにこだわる男性にはセンスを感じます。

ショールームにはラグジュアリーなインテリア

配色完璧。

清潔感もありつつ、男らしさも感じる。

新作発表会の後は、3階のショールームへ。今回の新作はもちろん、B&B Italiaの人気インテリアが配置され、実際の部屋にいるような感覚に。

こんなお家、ぜひ呼ばれてみたい…。

お洒落すぎる照明

こんなアイテムが置ける家に住む男性って、どんな人なんだろう。

これぞモテ部屋。

もう、帰りません。(笑)

センス溢れる空間と、本当に自分が良いと思うものを周りに置ける男性。仕事ができる、センスがある、扱いが丁寧、清潔感。女性が求めるデキる男性の要素が全て詰まっているような空間。

一生モノと言っても人それぞれですが、インテリアはライフスタイルを最も充実させることができるアイテムの1つだと強く感じました。

自分の一生モノをB&B Italiaで見つけよう

自分自身を高めるために、ファッションセンスを磨いたり持ち物にこだわったり、スキンケアや筋トレをしてビジュアルを磨くことも大切です。ただ、一流の男となるとさらに上を目指し、外見だけでなく自分らしいライフスタイルを探すことも大切な要素。

自分が一番リラックスできる空間をどう作るか。何を置くべきか。
部屋に置くインテリアによって与える印象も様々です。一流の男として持つべき一生モノを、B&B Italiaで見つけてみてくださいね。

B&B Italia Tokyo

Showroom
Aoyama OM-SQUARE 1F,3F
〒107-0061
東京都港区北青山2-5-8 青山OM-SQUARE 1,3F
Tel. 03-3478-3837/Free Dial. 0120-595-591
営業時間. 11:00-19:00

出典 https://bebitalia.co.jp/

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター