サムネイル

キスから気持ち良くなりたい♡女子が好きなディープキスの仕方

女性の大好きなキス。キスひとつであなたの愛を感じたり、エッチな気分になったり…。「キスはテクニックではなく愛情」と言っても、やはり気持ち悪いと感じてしまう残念なキスもあるものです。恋人同士の大事なコミュニケーションのキス。「こんなキスがイイ♡」と思うディープキスの仕方を女性目線で綴ってみました。あなたのキスはどう?

  • 更新日:

女子が好きなディープキスとは♡

たかがキス。されどキス。キスの種類は数あれど、「ディープキス」にスポットを当ててみます。ディープキスと言うと一番セクシャルなキスと言え、男性側も女性側も気持ちが高まってくるのではないでしょうか。

ただ男性側の思い込みから「こういうキスがイイんだろ?」と間違ったキスをしている可能性も…。キスはお互いがあってのもの。デートを盛り上げるにも、セックスの前戯としてもとても重要なディープキス。

女子が好きなキスはあなたが思っているのとは違うかもしれません。気持ちいいキスの仕方を女性目線から伝授していきます。

キスの始まり♡唇をそっと・・・

「強引なキスが好き!」と言う女性もいますが、気持ちのいいキスの始めは唇がそっと触れるキス。

ゆっくり唇に触れて、感触を確かめます。その時唇にむしゃぶりつくようにされると、ロマンティックな雰囲気が台無し。歯が当たったり唾液が唇についたりしたら結構最悪です…。「セックスしたいだけじゃないの?」と思われないように、気持ちは抑えてそっと優しく。それだけで女性はドキドキして次のステップへの期待が高まります。

気持ちいい以前の問題!?キスのマナー

キスはお互いの唇を合わせる行為。その時「口臭が・・・」なんて思われてしまってはロマンティックなキスどころか、近寄りたくない!と思われてしまうかも。デートの前日から食べる物には気をつけてニンニク料理・アルコールなどは控えたいですね。もちろんデート当日も口臭ケアを忘れずに。歯磨きはもちろんの事、コンビニなどでも売っている口臭ケアアイテムで素敵なお口にしてきましょう。

軽く口を開いて・・・

唇に触れるキスの後はだんだんと口の中に。口でお相手の唇をゆっくり開かせて、唇の裏側に触れていきます。お互いの熱を感じて一体になった感覚がしてきたら、いよいよ舌をお相手の口の中に♡

その時も焦らずゆっくりとお相手が自分で口を開くまでガマン。舌も優しく力を入れず、柔らかいままお相手の中へと入れていきます。「自分がリードしなきゃ!」と息込みすぎず、お相手の動きに合わせて優しく触れ合いましょう。

いよいよディープキス♡

お相手の舌に触れ合ったら、離したりくっつけたり。その時に舌をぐるんぐるん回したり、舌先を固くしていると女性はゲンナリ。舌を固くしていると、唾液が漏れて口の周りがべちゃべちゃ・・・なんてことも。あくまで力を入れず、優しく舌に触れ合います。ここまで来ると女性の方も「アッ♡」と声を漏らすかも。

さらに気持ちは高まりますが、ゆっくりと舌を動かしていきます。この時手は女性の腰に回したり、優しく頭を撫でたりすると「愛されてる!」と嬉しくなるものです。

愛を込めて・・・♡キスは気持ちが大事!

優しく舌を絡ませ合い、「この子が大好き!」という気持ちをキスに託して下さい。キスから女性は自分が愛されてる事を実感できます。おざなり・乱暴なキスをすると「愛されてないかも・・・」と気持ちが萎えてしまって、気持ちいいキスどころではありません。素敵なキスで女性が家に帰った後も忘れられない思い出を作ってあげましょう。せっかく愛があるなら優しく包み込むようにお相手を愛してみてはいかが?

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめのまとめ

人気のライター