サムネイル

妻を不倫に走らせる夫の身勝手な行為とは

それまで旦那に一途だった妻が不倫に走るのは、よっぽど旦那様の行動が酷かったのではないでしょうか。男性は【欲求の為】に不倫をしますが、女性は【気持ちの面】での不倫が多いのだそうです。あなたの奥様は大丈夫ですか?ご自身の胸に手をあてて考えてみてください。当てはまった方、今なら奥様が不倫に走るのを回避できるかもしれませんよ。

  • 更新日:

妻が不倫する前に

結婚して子どもがいたら、妻は家事と子育てに追われ時間がないからと安心しきってはいませんか?その考えはとんでもない間違いです。女性としてみてもらえる人が現れたなら、時間なんて簡単に作れちゃうんです。

奥様が不倫に走ってしまう原因を作っていないか、あなたの奥様への態度を振り返って一緒にみていきましょう。

妻を不倫に走らせる夫の行動とは?

1.奥様の考えや意見をすべて否定する

ご自身の考え方が一番正しいと思ってはいませんか?人間の考え方は十人十色です。だからこそ、人と出会うことが楽しいのですよね。それなのに、出会った時の気持ちをすっかり忘れ去り、自分の考えを奥様に押し付けてはいませんか?

奥様が一緒に生活する中で、考え、思う事に、耳を傾けましょう。奥様の考えを頭から否定していては、何の為に結婚し、一緒に生活しているのかわらなくなってしまいます。もし奥様の考えがあなたと真逆の考え方だったとしても、時には受け入れてみてはいかがでしょう。あなたが今壁にぶちあたっているのなら、なおのこと。夫の役に立ちたいと願う奥様の意見も聞き入れる余裕を持ちましょう。

2.子どもと同じレベル

結婚して子どもが産まれても、男性はそれほど生活を変えなくても良いことが多いのではないでしょうか。家事も子育ても、ほぼ妻に任せて、仕事に専念している男性は、要注意です!まして、仕事を持つ奥様が、疲れて帰ってきて、全部一人で家事&子育てをやって当たり前の環境ならぜひ今すぐ改善を。

そして子どものようなわがままを奥様に言ってはいないですか?例えば、夕食のおかずが魚料理だったとします。奥様が必死に作ったにもかかわらず、「今日は肉が食べたかった」なんて発言は控えましょう。奥様は、あなたのお母さまではありません。子どもみたいなワガママは控えるようにしてください。

3.亭主関白すぎる

さだまさしさんの『関白宣言』という歌の歌詞がありますよね。ほんとそのままの男性っていますよね。

・俺より後に起きてはいけない
・お前は俺の処へ 家を捨ててくるのだから 帰る場所はないと思え これからは俺がお前の家
・めしは上手く作れ いつもきれいでいろ できる範囲で構わないから

特に気になった歌詞を挙げてみました。なんでも完璧にしていたらストレスで病気になってしまいます。朝は奥様が先に起きて朝食を作ってくれているなら、食べ終わった食器は片づけるなど、奥様の家事を少しでも減らす気遣いがあると◎。

それに結婚って自分の実家を捨てることでしょうか。奥様が帰りたいときは、いつでも帰ってもよいのでは?男性は好きな時に帰っているとしたら不公平です。

3つ目の歌詞は、働きに出ている女性も多いでしょうし、綺麗にしている人がほとんどでしょう。でもそれを褒めてあげていますか。いつも綺麗でいて欲しいと願っている割に、ちゃんと維持している妻をほったらかしではありませんか?

4.仕事を理由に家庭を顧みない

何かにつけて、仕事、仕事。専業主婦であっても、家事や子育ては、立派な仕事です。男性だけが苦しいかのような、自分だけが稼いでいるかのような発言は避けましょう。

家の仕事は、誰にも評価されず、お給与ももらえず、ボランティアのようなもの。そんな妻に感謝することなく、朝方まで付き合いで呑んで帰るのが当たり前の日々。そっちが日常化してしまうと、浮気でもしているのでは?と不安にさせてしまうに違いありません。

そんな時、よその男性から声を掛けられたらどうでしょう。どうせ夫は朝まで帰ってこない…とふらっと気持が行ってしまうかもしれません。

5.お金遣いが豪快である

働いて稼いだお金を、全部自分だけのものだと思い込んでる旦那様はいませんか。仕事の大変さは、奥様も良く理解していることでしょう。しかし子どもができ成人するまでには思ってる以上にお金がかかります。それなのに、欲しい物は、必ず買って奥様を困らせてはいませんか?

なかでも妻に内緒で、キャバクラ、クラブ通いをして豪快にお金を使っているあなたは要注意です。そこにお金を湯水のように使うのではなく、遊ぶお金はほどほどにおさえ、たまには奥様へのプレゼントを買うために貯金されてはいかがでしょうか。最近、奥様の喜ぶ顔見てますか?

まとめ

あなたから、大事にされている事を実感できれば、奥様は不倫に走ることはないと言えるでしょう。ちゃんと女性扱いし、時には「綺麗だよ」と、好きになった時のような気持ちを思い出して言葉をかけましょう。奥様が癒しを他の男性に求めたくならないように、しっかり気持ちを掴んでおいてください。いつまでも仲の良いご夫婦でいられることを心より願っています♡

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター