サムネイル

楽しい同棲・結婚生活を送る為にこころがけたい習慣

同棲すると、今まで見えなかった相手の癖や、生活習慣がみえてしまいます。そんな時に、どう解決するのか。それが長続きの秘訣ではないでしょうか。ただ全く違う環境で生きてきた二人が、一緒に生活するのですから、考えても理解できない事もあるでしょう。そこをどう乗り越えるかを、参考にしていただけたら幸いです♡

  • 更新日:

長く一緒に生活する為の5つの方法とは?

楽しい、夢のような同棲・結婚生活を想像していたあなた、現実はそんな甘くはありません。自分では当たり前の事でも、別々の親に育てられ、価値観の違う二人が、一緒に生活をするのです。ぶつかり合うのが当たり前です。お互いの気持をどこまで尊重するかが重要なポイントではないでしょうか。7年間の同棲経験者の私が、長続きの秘訣をお教えします。

1.こういう考え方もあると割り切る

相手がしている事を、どう考えても理解できない時があります。
例えば、洗濯機のホースをつないでいる蛇口の線ですが、私は開けっ放しにしています。しかし同棲していた彼は毎回閉めるのです。使用する度蛇口の線を開けるのが面倒に感じたので理由を聞きました。

すると「万が一、その蛇口のホースが外れたらどうなるのか?」想像してみるようにと・・・。しかし周囲の人に確認した所、蛇口をしめない人がダントツでした。そう簡単には抜けないようにつくられているはずなんです!確かに水漏れの恐れもあり、数回建てのマンションなら、下の階の方にご迷惑を掛けてしまうかもですが。

私は、どっちでも良い事だと考えるのですが。閉めない理由を彼には理解してもらえず。私が折れて、毎回気が付いた時は、閉めるようにしました。お互いの考えを理解し合えない時は、その考え方の良い所だけを吸収し、割り切る事です。相手の欠点も、考え方次第で長所に変えられるのです。

2.相手を労り、家事を分担する

部屋を綺麗に掃除していれば、気分もスッキリしますよね。ただその掃除は誰がどのようにやるのでしょう。

まずは共働きであるかどうかが大事です。家事は、仕事をするより楽なように思われますが、実際にやってみる山ほどあるので、一人では負担になります。身体が疲れてしまうと、余裕のある考え方できなくなってしまい喧嘩の原因になることも…。

例えば、玄関は常に綺麗にしておきたい。食事は必ず手作りのもの。トイレ掃除は毎日する等々。どちらかが、黙ってやってしまうと、やってくれている事が当たり前になってしまい、感謝の気持をもてなくなってしまいます。家事にはどれだけやる事があるのかを、お互いに把握しておきましょう。

3.なるべく一緒に食事をする

男性は、仕事で帰りが遅くなってしまう事もしばしば。なるべく待って一緒に食事をするのが、その日の出来事も話せてベストですが、あまり遅い時間に食事を取ると健康的にはよくないですよね。

彼女には先に食べてもらうようにし、あなたが帰ってきたら、話しを聞きながら食事する習慣にすると良いですよ。食べる事は、とても大事ですし、丹精を込めて作った料理を彼が美味しそうに食べてくれる姿にはとても癒されます。お仕事で疲れていると思いますが、そこで必ず料理に対する感想を伝えましょう。「美味しい、美味しい」と言われると作り甲斐を感じられ、「何か一味たりない」と言われれば、次こそは美味しいと言わせようと考えます。ただ感想を伝えるにしても「作らなきゃ良かった」と思われてしまわないように、言葉は選びましょう。

4.相手の気持になって考える

もし結婚したら、仕事や家事だけではなく、家族や近所との付き合いに育児など色々な事があります。あなたは相手が楽しそうに生活しているのか?不満を抱えているのでは?と観察してみてください。そのうち相手が今何を考えているのか。一緒にいると聞かなくてもわかってくるようになります。

でも同棲当初は、わからないので、直接聞いていました。様子がおかしいと感じたら「何かあった?」と。これも一つの方法だと思います。そして相手の立場になって、物事を考えてみましょう。そうすれば、衝突するのを避けられます。

もしどちらかが、何かで悩んでいたなら、話をじっくり聞いてあげましょう。代わってあげる事はできなくても、苦しい気持を理解してあげるのです。どう乗り越えたら良いかは、努力していたら必ず見つかります。

アメリカのコカコーラの社長がこんな事を言っています。

人生は、5つのボールでする「お手玉」と考えたらいい。

仕事、家庭、健康、友情、そして自分の心。仕事はゴムのボール。たとえ落ちても戻ってくる。けれどあとの4つはガラスのボール。仕事に気をとられて、落としたらもろくて壊れてしまう。人生においてバランスというものを理解し、生活しなければなりません。

5.HAPPYな事も嫌な出来事もシェアして、共感する

嬉しい事や楽しい事そして辛い事があったら、一番最初に一緒に生活している相手に伝えましょう。生活を共にしているのだから、嬉しいことは2倍、辛いことは、半分にするのです。

同じ部屋で、気持ちを共感できたなら、何があっても気持が離れていくことはないはず!もしどちらかが、その生活を続けていくことが、嫌になってしまったとしたら、しっかり話し合い、なぜ嫌になったのかを追及しましょう。喧嘩をして意見を言い合うことはとても大事です。

黙っていたら、勝手に気持ちを判断してしまい、どんどん溝がひろがってしまうなんてことも。相手の事をよく見て、よく理解し、支えあえる関係を築くことが何よりも必要ではないでしょうか。

まとめ

同棲、結婚する男女は、大勢いる人の中から、お互いを選び一緒に生活する事になったのですよね。想像していた同棲とはかけ離れているかもしれなですが、あなたが選んだ人なので、考え方を変えれば良いだけなんです。良い人だから、優しいからだけで生活はしていけません。お互いを高め合える関係でいる事が、長続きの秘訣です♡

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター