サムネイル

実はこんな事考えてます…年上男性と付き合う女性たちの悩みごと

落ち着いた言動ができる年上男性は、女性ウケのいいモテ男です。しかし、年上男性と付き合っている女性の中には年下彼女ならではの彼には言えない悩みを抱えている方も多いんです。今回は、そんな年上男性と付き合っている女性のリアルな悩みを一挙ご紹介いたしますので、ぜひ彼女との仲を深めるきっかけにしてみてくださいね。

  • 更新日:

年下彼女の可愛い悩み

「こんなこと言ったら子供っぽいって思われちゃうかな」「これをやったら失礼だと思われちゃうかな」年下彼女の悩みはたくさん。時間が経てば慣れる事もありますが、「未だにちょっとこれで正解なのか不安・・・」と感じている女性もいるかもしれません。今回は年下彼女が悩みやすいことを紹介しますので、年下彼女を持っている男性は是非チェックして、彼女が悩んでいないか考えてみてくださいね。

そもそも呼び方で迷っちゃう…!

実は年上男性と付き合っている女性は、自分が年下ということもあり彼のことをどう呼ぼうか悩んでしまうことも多いんです。男性からしてみれば、彼女だからこそ他の人とは違って親しい呼び名で呼んでほしいと思うものですが、意外と「彼を立てた呼び方をしたい」と考えるのも女性ならでは。「さんづけ」では他人行儀すぎるし、呼び捨てだと彼に申し訳ない気がする…。というように呼び名に迷ってしまうのも、年が離れているカップルならではの特徴です。

敬語で会話しないとNG?

職場恋愛などで恋人関係になったカップルが陥りがちなのが敬語の問題です。特に、付き合っている年上男性が自分の上司だった場合はOFFでもONっぽさが抜けきらず、「敬語で会話をしないといけないのかな?」と悩んでしまう女性も少なくありません。こうした悩みは付き合い初めに抱くことが多く、一度敬語で話すようになってしまうと、それが癖になってしまうこともあります。彼女自身も違和感を感じますが、なかなか彼に言い出せない場合もあるので、自分との会話で敬語を使わないでほしい時は、男性側から「タメ語でいいよ」と言ってあげるようにしましょう。

デート代を払うのは失礼?

彼氏が年下だったり、同世代だった場合は女性側からデート代を割り勘にしようと言い出しやすいものです。しかし、年上男性となるとそうはいきません。自分よりも年が上な男性は、恋愛キャリアが豊富な事が多いはずです。そんな男性に対してデート代を割り勘にしようと提案するのは逆に失礼なのかなと考える女性は意外に多いんです。また、女性の中には過去に年上男性と付き合った時、割り勘を嫌がられた経験があるという方もいます。一度そうした経験をしてしまうと、割り勘を切り出すこと自体が怖くなってしまいます。割り勘の提案は女性からの優しさでもあるからこそ、そんな気持ちをも包み込めるような器の大きい男になりましょうね。

ジェネレーションギャップを感じさせないか心配!

会話でジェネレーションギャップが生まれないかどうかということです。年が離れすぎている相手と付き合うと、趣味や嗜好の違いに驚かされることもありますよね。そうした違いは、年齢差が大きくなればなるほど強く感じてしまうものです。しかし、せっかく同じ時間を過ごすのだからお互いが盛り上がれるネタで楽しみたいと思っているのは、女性も同じです。だからこそ、「どんな会話をすれば彼の心に響くのだろう」と悩んでしまうんです。
彼女にこんな悩みを抱かせないためには、お互いが相手の趣味や嗜好に寄り添ってみるのもおすすめです。好きな人を理解したいという気持ちを持てば、ジェネレーションギャップは埋められますし、今までは気づけなかった新たな発見ができるかもしれません。

年上男性だからこそ彼女をスマートにエスコートしよう!

年上男性は大人の余裕を持ち合わせていることも魅力のひとつだからこそ、彼女が抱えがちな悩みをあらかじめ知っておくことも大切です。年下彼女の気持ちが分かれば2人の関係ももっとスムーズになっていくはずなので、ぜひ繊細な女心が分かる素敵な男性になれるよう、努力していきましょう。

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめのまとめ

人気のライター