サムネイル

【大人のマナー】同僚の出産祝い・相場とは?

同僚に子供が生まれたとき、”出産祝い”を渡すのが大人のマナー。でも、出産祝いの相場が分からない…とお困りの方も多いのではないでしょうか?お祝いをあげる上で、出産祝いの相場を知ることでより渡しやすくもなります。今回は、同僚に出産祝いをする際にいくら包むのがベストか、いくらの品を渡せば良いのか、マナーと一緒に解説致します。

  • 更新日:

同僚の出産祝い…相場は意外と幅広い!?

会社の同僚に贈る出産祝いの相場は意外に幅広いようです。というのも、個人で贈るかグループで贈るかによって、金額が大きく変わってくるからです。同僚との仲の良さも関係してきます。同じ部署なのか違う部署なのか、付き合ってきた期間がどれくらいなのか…そうしたことが金額に影響します。

知らずに渡してしまい、心の中で同僚から「え?」と思われてしまわないように、一般的な出産祝いの相場を把握して大人としての振る舞いをしましょう!具体的な相場についてまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてください。

個人で贈るなら¥3,000~¥10,000が相場

会社の同僚へ個人的に出産祝いを贈る場合、相手との上下関係に応じて3,000〜10,000円くらいを目安にしましょう。かなり幅広く感じられるかもしれませんが、相手が上司や先輩の場合は、やや多めの予算で考えておくといいと思います。5,000円~10,000円の間が目安ですね。逆に相手が部下や後輩だった場合は、あまり多額だと気を遣わせてしまうので、相場の下限である3,000円前後がよいでしょう。

出産祝いは結婚式のご祝儀とは相場が異なりますが、これが一般的。

グループで贈る場合の相場は¥1,000~¥2,000

出産祝いにいくらかければいいのか分からないときは、社内のグループで贈ることを提案してみるのも手です。もしグループの代表に指名されたとしても、お祝い金の相場を知っていれば、頭数で割るだけなので簡単な計算で済みます。まとめて出産祝いをする場合の相場は、一人当たり1,000円~2,000円くらいです。グループの人数にもよりますが、少人数なら2,000円前後、大人数なら1,000円前後で集金しましょう。

グループで贈る際にも、お返しの内祝いのことを考慮してあげるといいですよ。一人分の予算が少ないと、相手は内祝いが選びにくくなってしまい、困らせてしまう可能性があります。

「○○さんと□□さんと…のみんなから」

と、【参加人数】を相手に伝えてあげると親切です。お祝い金を渡す際に、明記してさり気なく伝えてもいいですね☆

出産祝いの表書きのマナー

出産祝いを現金で渡す場合は、ご祝儀袋の表書きに注意しましょう。出産祝いのご祝儀で間違いやすいマナーがいくつかあるので、正しいマナーで相手に失礼がないように準備してくださいね。

表書きには、「御祝」「ご出産」「寿」「御出産御祝」などと書きます。表書きを書く際は、”濃い墨”を使うのがマナー。そして、しっかり大きく書き入れるのが重要なポイントです。毛筆・筆ペン・サインペンなどで、かすれないように黒くしっかり書きましょう。最近は、すでに印字されたご祝儀袋が売られているので、そういうものを使えばラクチンです。相手次第ではありますが、可愛いイラスト(赤ちゃんをイメージしたデザイン)入りのご祝儀袋などもあるので、チェックしてみてくださいね!

同僚に喜ばれるオススメの出産祝いベスト3

同僚の出産祝いに贈りたい贈り物はいろいろありますが、ここはぜひ同僚に喜ばれるものを贈りたいですよね。ここでは、人気の高いオススメの出産祝いを3つ紹介してみたいと思います。

【第1位】現金や商品券

出産祝いとして喜ばれるものの第1位は、やはり「現金や商品券」などの利用方法が選べるもの。産後はいろいろとお金がかかるので、現金が一番喜ばれることが多いですね。また、現金だとちょっと…とはばかられる場合は、商品券やギフト券、カタログギフトを贈るのも手です。最近はいろいろな商品があるようで、Amazonでも出産祝い用のギフト券を販売しています。相手に好きなものを買ってもらえるメリットがあり、こちらも選ぶ時間を省けるメリットがありますね。

【第2位】ベビー服

出産祝いの代表的なプレゼントと言えば、この「ベビー服」でしょう。選ぶ際のポイントは、なるべくサイズの大きなものにすることです。産着は着られる期間が少ないため、できれば長く着用できる利便性と機能性の高いベビー服を選んであげましょう♪

直接ベビー服店に行って選ぶのもいいですが、最近は通販サイトなどでもいろいろな種類のベビー服を取り扱っています。写真も鮮明で、商品特徴やレビューなど細かい情報も見られるので、サイトを活用してもいいと思います。ちなみにAmazonでもベビー服をいろいろと販売しており、お店に行く時間のない方にもオススメ。人気ブランドからお手頃価格のものまで、選り取り見取りです♪

【第3位】よだれかけ(スタイ)

離乳食を食べるようになってから、しばらく活躍する「よだれかけ(スタイ)」も、喜ばれる出産祝いの一つです。授乳する際にも使えるので、長く愛用してもらえます♡最近はカラフルでお洒落なデザインのものがたくさん売られていて、機能性にも優れていますよ☆

例えば、防水機能のあるよだれかけ。少量の水やミルクならはじいてくれるので、取り扱いがラクチンです。油をはじく素材でできているものだと、食事をするようになってからも安心して使えます。また、洗濯機で洗えるタイプのよだれかけが多いので、色落ちしないように設計されていたりと、ありがたいアイテムと言えます。

予算に応じて、複数のデザインをセットで贈るのもいいと思います。色違いもいいですし、全く違うデザインのものを組み合わせるのも◎

出産祝いを渡すタイミングも大切

大前提として、出産祝いの贈り物は「出産の報せ」と「産後の母子の健康状態が良いか」を聞いてから準備します。もし母子の体調が優れないときに出産祝いを贈ってしまうと、相手側に負担をかけてしまうことになります。その点は必ず確認し、タイミングを間違えないよう気をつけましょう。

母子の体調次第ではありますが、一般的に「生後7日~1ヶ月」までに出産祝いを贈るのがマナーとされています。ただし、贈るタイミングは地域によって異なる場合があるため、相手の居住地や出産した地域でいつ贈るのがベストか、事前に調べると◎

もし、事情により出産祝いを贈るのが遅れてしまった場合、例えば出産祝いが1ヶ月以上遅れてしまったときは、初節句や一歳の誕生日などお祝いできる節目の日に合わせて『誕生祝い』として贈るとよいでしょう。出産祝いが遅れた謝罪と、誕生日を祝う気持ちを込めて贈ることが大切です☆

マナーを身につけ大人のとしての振る舞いを

いかがでしたか?
知っているようで知らない大人のマナーや常識は意外とたくさんあります。マナーを知りたい気持ちは、相手に失礼のないようにという思いやりや、自分自身の印象を悪くしないためという側面もありますよね。どちらも良識ある大人の男性として必要な振る舞いです。マナーをしっかり把握して、より良い人間関係を築いていきましょう!

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめのまとめ

人気のライター