サムネイル

男だって甘えたい時がある!彼女への甘え方

甘えるのは女性の特権だなんて思っていませんか?男性が女性に甘えることは少し恥ずかしい気もしますよね。でも、男性だって好きな彼女に甘えたくなるときはあるはず。実は女性にとっても、彼の甘える姿は自分だけに見せてくれる特別な顔。とっても嬉しいものです♡彼女への甘え方をマスターして、彼女ともっともっとラブラブになりましょう!

  • 更新日:

彼女は甘えて欲しいと思っています♡

「甘える」とひと言で言っても、普段人に甘えることに慣れていない男性は少し想像しにくいのかもしれません。仕事で疲れているとき、何かちょっとした悩みがあるとき、なんとなく元気が出ないとき。そんなときは彼女に上手に甘えて癒してもらうのがいちばんだと思います!
男性からすると少し恥ずかしいことかもしれませんが、彼女は彼に甘えて欲しいと思っていることが多いです。いつも甘えられるのは女々しく感じますが、甘え方次第ではさらに彼への気持ちが深まります♡

実際に彼にこんな風に甘えられたらたまらない!彼氏だけどついつい可愛く見えてしまうなどなど男性の上手な甘え方を、ほぼ私の経験からくる独断と偏見(と、少しの一般論)でご紹介します♡

彼女が彼に甘えられたい瞬間

異性の友達に嫉妬してふくれる

何気なく男友達の話をしたときに
「ふーん。仲良いんだ。いつからの友達なの?」
「ふーん。けっこう遊んだりしてたの?」

など、ちょっとだけふくれている男性のヤキモチ姿はとっても微笑ましくてかわいいです♡怒っている訳ではなく、ちょっと残念そうな寂しそうな顔はたまりません。彼女への甘え方のポイントは『ちょっとだけふくれている』ところ(笑)これが本気でふくれたり怒ったりスネ出すと、途端に”めんどくさい男”になってしまうので要注意です!

「○○また食べたいなぁ」

以前に彼のために作ってあげたことのある料理やお菓子のことを、急にふと

「○○食べたいなぁ」

なんて言われると、キュンとしてまた作ってあげたくなっちゃいます♡このセリフの私の個人的”甘え上手なツボ”は、「また作って」じゃなく「また食べたい」という言い回し。「作って」と言われると上からな気がしたり気分が乗らないと面倒だなと感じてしまいますが、「食べたい」と言われると、押し付けがましくないのでやってあげたくなるんです。彼へ彼女が自発的に『してあげたい』と思わせられるかどうかが上手な甘え方のコツでもあります。

言い方一つで受け取り手の印象もガラッと変わるので、上手に甘えてくださいね!

肩に頭を乗せてくる

ソファなどに座ってふたりで並んでいる時に、ちょっと恥ずかしげに遠慮がちにコツン、と肩に頭を乗せてくる仕草..。女性の方がやりそうな仕草ですが、男性がすると自分しか見れない彼の素の姿っぽくてついきゅんとしてしまいます♡

個人的にはひざまくらなんかも良い甘え方だと思います。ただ、毎回甘えて寄りかかられると新鮮さが薄れてしまって、そのうち「ちょっと、重たい」なんて言われてしまいがちなので、あくまでも様子を見て時々やる程度にしましょう!

ちょっとした弱音を吐きながら抱きついてくる

「んー、疲れたー」

などと言いながらキュッと抱きついて甘えてくる男性の姿、本当にかわいすぎます♡♡ちなみに抱きつくのは後ろからでも前からでもいいですが、私的には後ろから不意打ちで来られる方がきゅんときます!「よしよし」と頭を撫でたくなる瞬間ですね。

人肌ってそれだけで癒しだけど、ちょっと休憩したいときの好きな人の温度は格別ですよね。甘えたい時でも我慢する男性も多いですが、好きな人が本当に寄りかかりたくなった時に一番に頼って欲しいと彼女は思っています。素直に甘えるのもカップルの絆が深まる行為だと思います♡

好きな人はずっとかっこよくなくていい

いかがでしたか?
相手が誰であれ「他人に甘える」ことは得意不得意があるし、男性は特に勇気がいることだと思います。でも、これからも一緒に居たいと思う相手にかっこつけても仕方ありません!好きな人は常にかっこよくなくていいんです。かっこわるくても、ちょっとだけ勇気を出して彼女に甘えてみてくださいね。今の彼女が、あなたの甘える部分や弱いところを受け入れてくれる女性なら、ぜひ大切に大切にしてくださいね。

あなたと彼女がいつまでも仲良く幸せで居られますように♡

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター