サムネイル

元カノと友達に戻りたい!その方法

元カノと友達関係に戻りたいと思っている男性もいますよね。男性にとって好きだった元カノを、完全に過去の思い出にすることは難しいかもしれません。元カノと友達関係に戻りたい理由は人によって様々だと思いますが、どうやったらすんなり違和感を覚えられずに元カノと友達に戻れるのでしょうか。元カノと友達に戻る方法をご紹介いたします!

  • 更新日:

元カノと友達に戻るのは不可能!?

彼女と別れた場合にもう顔も見たくないと思う男性がいる一方、元カノと友達になりたい男性もいますよね。理由は未練がある、ただ人として好きだから純粋に友達になりたいなど人によって様々。
元カノと友達に戻るのは不可能なのでしょうか。相手の考え方や別れ方にもよりますが、友達に戻れる場合も多いにあると思います。

どのような行動をすればよいのか、元カノと友達に戻るための方法をご紹介します。

元カノと友達になりたい?

元カノとどうして友達になりたいのか、理由は

●まだ好きで元カノと復縁のチャンスを狙いたいから
●一度付き合っていたから、他の女性よりも自分のことを理解しているし話しやすい
●純粋に人間として好きだから
●他の男性がいても自分を好きでいてほしいし、彼女の情報が欲しいから
●顔がタイプだから完全に他人になるよりも友達でいたい
●なんならセフレ狙い

など、純粋な理由から邪な理由までたくさんありますよね。共通して言えることは、完全なつながりを切りたくない魅力が元カノにあるということ。中身が好きだったり顔が好みだったり、セックスが忘れられないなど、好きな理由はたくさんあってもいいと思います。

あなたの気持ち次第では別れた元カノと復縁することもできます。しかし、大切なことはこれから自分はどうなりたいかといかということ。今回は、完全にお友達としてリセットさせたい場合の振る舞い方をご紹介いたします。

元カノと友達に戻るための方法

少なくても1ヶ月以上は連絡を取らない

彼女と別れた後はお互いある程度の冷却期間が必要です。お互いの気持ちや付き合いの期間などによって冷却期間は異なりますが、少なくても1ヶ月以上、場合によっては数ヶ月〜数年は元カノと連絡を取らない方がよいでしょう。友達になりたいからと言って、別れて数日後に元カノに連絡を取ろうとすると、まだ付き合っていたころの余韻を引きずってしまい、余計に友達になれなくなります。

ここは連絡を取りたくても我慢。あなたの気持ちがしっかり吹っ切れたころに連絡をするようにしましょう。もし連絡をして元カノがまだ吹っ切れていない様子なら、またしばらく距離を取ることも大切です。

復縁を匂わせる話はしない

友達に戻りたい場合、元カノとの復縁を匂わせる話は一切しないようにしましょう。「復縁」への期待が少しでも見えてしまうと、それは友達に戻るとは言いません。元カノにも余計に警戒されて、復縁はおろか避けられる原因になるかも。

もしあなたが元カノに未練がある場合でも、まずは友達に戻ることを選んだということ。であれば、元カノとの復縁を期待して焦ってはいけません。「お互いのことをよく知っていて楽に過ごせる性別を超えた友達」になれる努力をしましょう。

男女のムードは完全排除

お互い以前のように男女の性別を意識していては友達には戻れません。友達に戻りたいのなら、男女のムードは完全に排除することが大切です。特に夜二人でお酒を飲みに行ったりするとムードが盛り上がってしまうかもしれないので危険です。
なるべく二人っきりで会わない、会うときは昼間にするなど、最初のうちはムード排除のための工夫をした方がいいかもしれません。元カノに対して「女性」であることを意識しないようにすることが大切です。

共通の友人も誘って飲み会をする

元カノと友達に戻るきっかけとして一番おススメなのは、お互いの共通の友人を交えて飲み会をすることです。3、4人のような少ない人数ではなく、なるべく多くの人で行いましょう。元カノも友人や知人が大勢いれば参加しやすいし、警戒心も薄れます。「みんなでワイワイ」な空気が大切です。
もし元カノがあなたともう二度と会いたくないと思っていれば参加しないはず。場が温まったところで自然な感じで元カノに話しかけにいきます。「元気?」「どうしてた?」などと他愛ない話から始め、自然と会話が盛り上がれば友達に戻れる可能性が高いかもしれません。

軽い相談事を持ちかける

久しぶりに連絡を取る場合、軽い相談事を持ちかける方法があります。「女性の心理を教えて。」のように気になっている子がいるんだけどぜひ相談に乗ってほしいといった内容で送れば、元カノも友達としてアドバイスを送ってくれるかもしれません。「君にしか相談できない」と付け加えて、友達として頼りにしているアピールをしましょう。気になっている子がいるのなら復縁を迫られる可能性もないと元カノも判断し、警戒心が薄れるので友達になりやすいです。

デートで使った店の情報などを質問する

数ヶ月も距離が開いているところから連絡をするのならば、メールやLINEでデートで使った店などの情報を質問するのもおススメです。例えば、

「久しぶり。突然ゴメンね。ちょっと聞きたいことがあるんだけどいいかな?夏休みの旅行でランチで寄った店ってすごい美味しかったよね。友達が同じところに旅行行くらしいからおススメしようと思ったんだけど名前なんだったっけ?もし覚えていたら教えてください。」

のような文面はいかがでしょうか。彼女もあなたと付き合っていた頃の懐かしい思い出を思い出すのではないでしょうか。彼女も久しぶりにあなたと連絡を取りたくなるかもしれません。

「友達になりたい」とはっきり言う

もし別れたあとに何度も顔を合わす機会があり、お互い気まずい思いをしているのならば「このままだと気まずいから友達に戻らない?」とはっきり提案してしまうのも手です。元カノも、あなたとの関係が過去であることを意識し、元カレ、元カノの関係を引きずるより友達になる方を選ぶかもしれません。あくまであっけらかんと提案し、ジメっとした雰囲気にならないように気を付けましょう。友達としての態度を保つことが大切です。

元カノの本音って?

元カレに友達になりたいと言われて、心から嫌がる女性はあまりいないと思います。いい付き合いではなかったとしても、昔付き合っていた男性のことは美化されていくもので、元カレの存在自体が自分の思い出にはなくてはならない存在のはず。

完全に縁を切られてしまうような最低な別れ方をした場合は要検討ですが、たいてい女子の中で元カレは嫌悪感を抱くほど嫌いでもなければ、いつも思い出すほど好きでもありません。”ふと、思い出す”ような存在です。あなたが復縁をしたい真面目な気持ちの時は、しっかり伝えるべきだと思いますが、いい関係になって友達として付き合っていきたいなら、少し時間をおくことは重要です。

セフレにしたくて連絡を取りたいなら、元カノにあからさまに下心を出さないよう気をつけてくださいね。

友達と彼女は違うことをしっかり意識しよう

当然ですが、友達と彼女は違います。もし友達に戻ったとしても、今までの彼氏彼女だったころの口調や態度を取っていては友達とは言えません。まずは元カノを友達としてしっかり認識することから始めましょう。意識が変われば行動も自然と変わるはずです。元カノと友達として新しい関係を築いて行きましょう。

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター