サムネイル

彼から「仕事と俺どっちが大切なの?」と言われたとき女性のホンネは?

彼女が仕事ばかりしていてなかなか彼氏の相手をする時間がないこともありますが、男性もそればかりでは「仕事と自分どっちが大切なのか」聞いてみたくなっちゃいますよね。「仕事と俺どっちが大切なの?」と聞かれた女性がどんな気持ちになるのか、今回は女子の本音をご紹介していきます。

  • 更新日:

仕事と俺どっちが大切なの!?に対する女子の本音

仕事が忙しくて、どうしてもデートや連絡する時間を作れない女性。そんなとき、あまりにも連絡や会える時間がなくなると、頭ではわかっていても聞きたくなるのは「仕事と俺どっちが大切なの?」という言葉。一昔前までは女性が言われることが常でしたが、最近では男性からもこんな発言が聞かれています。

この言葉を言われて、中には嬉しい!というケースもありますが、大抵の女性はいい気持ちがしません。男性だって同じですよね。そこで今回は良い面も悪い面も含め、女子の本音をお教えします!

ぶっちゃけ仕事のほうが大事だよ!

仕事にやりがいを感じている女性はたくさんいますし、独身である現在は自分の稼ぎによって生活しているので、恋愛よりも仕事を優先する女性も多いです。正直、恋愛はこの先どうなるかわからないですし、心も恋愛にばかり向いていると恋愛がうまくいかなくなったときに苦しくなります。仕事は自分が頑張っていればよほどのことがない限りは裏切りません。こういった女性に「仕事と俺どっちが大切なの?」と聞くと完全に呆れられますし、女性をイライラさせるので要注意です。

そんなこと聞く暇があったら働いて!

「そんなこと言うんだったら、あなたも頑張って働けば?」と思う女性もいます。好きで忙しくしているわけではない女性は、ストレスもかなりたまっています。そこへ、「仕事と俺…」という質問をするとかなり女性の反感をかいます。忙しくて疲れている女性には「お疲れ様」とねぎらいの言葉をかけたり、男性が女性の疲れを癒すのがベスト。それなのに、女性にさらにストレスのかかるような質問はNGです。どんどん男性に対して冷めていきます。どちらかが我慢しながら付き合うのはつらいですが、多少は譲り合わなくてはうまくいくものもいかなくなります。女性の気持ちも考えてくださいね。

仕事に理解を示してほしい!

「仕事と俺…」と言われるとどうしても女性が思ってしまうのが、仕事に理解がない!ということです。仕事についてどの程度お互いが話しているのかにもよりますが、あまり仕事内容を聞いていないようであれば男性のほうから、女性の仕事内容を聞くのもありです。仕事内容をよく知らずに「仕事と俺…」と女性に聞いてしまうと、これもまた女性が怒る原因になってしまいます。喧嘩を防ぐためにも、最初から仕事には理解があるという姿勢を女性に示したほうがいいですね。

わがまま言わないで!

男性の言葉はわがままだと思う女性もいます。どうしても「どっちが大切?」と聞かれると、本当は仕事も男性のことも大事なのに意地になってしまい、仕事のほうが大事!と言ってしまいがちな女性。わがままな言葉だと感じてしまい、どうしても素直に話す気にもなれなくなります。基本的に「どっち」というのはどちらかを優先して、どちらかをおろそかにするような聞き方です。男性も我慢ならなくて言ってしまうのはわかりますが、わがままだ!ととらえられないように聞き方を少し変えてみるのもいいでしょう。

もしかして気を引こうとしてる?

たいていの女性は「仕事と俺…」の質問でいやな気持になるものですが、この言葉を男性側が女性の気を引こうとしてるのかも、と思う女性もたまにいます。ポジティブな考え方ではありますが、絶対にない考えというわけでもありません。心に余裕のある女性なら、もしかしたらかまってほしい、甘えたいという気持ちで私にそう言ってくるのかなと思うこともあります。年上女性にはこういった余裕があるかもしれません。男性の甘えたい気持ちを受け入れられるタイプの女性ならば、「仕事と俺…」という言葉もいい効果を生むかもしれません!

まとめ

基本的には「仕事と俺どっちが大切なの?」という質問は女性だって、あまりされたくない質問です。たいていの場合は、その言葉のせいで男性と喧嘩になったり、今まで忙しくて連絡できなかったものをさらに連絡しなくなったりと男性側にメリットはほとんどありません。

まれなケースとしては、その言葉を「かわいい」と思う女性もいることですが、忙しいと心に余裕はないので要注意です。冷静になって、まず自分が言われたらどうか?ということを考えてみてください。おのずと答えは出るはずです。

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめのまとめ

人気のライター