サムネイル

挨拶で彼女のご両親を怒らせてしまったときに関係を修復する方法

これから人生を共に過ごしていきたいと思った運命の女性。付き合いも長くなり、そろそろ彼女の親へ挨拶へ。しかしその熱意を伝えるはずが思わぬ展開となり、彼女のご両親から怒りをかってしまった…。今回はそんな悩みを抱えている方へ、彼女の親を怒らせてしまった時に使えるマル秘テクニックを伝授します。

  • 更新日:

彼女の親が怒ってる・・・!?

彼女の親を怒らせてしまった時、どうして良いか分からなくなってしまいますよね。まずは原因を考えてみましょう。大抵の原因はあなたと彼女にあります。

彼女のご両親が怒る理由
・礼儀正しくない
・敬語や謙譲語が苦手
・娘も知らない転勤の可能性を語る
・娘を幸せにすると言ってくれない

このようにざっと並べてみましたが共通点があることにお気づきでしょうか?そうです…。彼女の親はあなたの良い所も見ていますが「娘が騙されているのではないか?」「娘は幸せになれるのか?」を見極めています。それも娘を大切に思っているからこそ。まずはその想いを分かってあげましょう。

彼女の親の深層心理を探る

◆彼女の親の性格を理解する

ご両親の性格を理解することで、どのような態度で接していけばいいのか攻略出来るようになります。彼女の親が厳格な人なのか、無口な人なのか、色々見極めてみましょう。さらに彼女と彼女のご両親との関係性も確認しておくことで、万全な準備ができます。

◆将来について考える

娘が今後どのような未来を歩んで行くのか、気になるのが親と言う生き物です。彼女と真剣に向き合い将来の目標や目的を考え、そのビジョンを話してあげることで安心するご両親もいるかもしれません。具体的な例をあげてみます。

・彼女を養えるぐらい仕事を頑張って3年以内に結婚したい
・彼女と結婚したら子供は2人欲しい
・子供が小学生に上がるまでにマイホームを買いたい

このように将来のビジョンを生き生きと話すことで、あなたと彼女からの熱意を感じ取ってくれるでしょう。きっとこのような目標や計画を立てることで、彼女も安心してご両親に紹介してくれますよ。

関係を修復するための3つの方法

①もう一度チャンスをもらう

どんなに打開策を練っていても、もう一度挨拶の機会を頂かない事にはどうにもなりません。彼女にも協力してもらって、日取りを設定しましょう。

・もう一度、直接会って話すことで彼女の親にどのようなメリットがあるかを伝える
・毎週末、用事があると断られ続けても彼女と一緒に実家を尋ねる
・彼女の親に手紙を書き、彼女に直接渡してもらう

このように色々な手段を考えて、もう一度挨拶の機会を作りましょう。日取りを決めることが出来たら、前回の挨拶で学んだ反省をきちんと振り返りましょう。この時は是非、彼女にも協力してもらい、彼女の親の好みを色々と教えてもらうと良いでしょう。

②身だしなみの再確認

第一印象で与えてしまったイメージと言うのはかなり大きいです。どんなにいい人でも第一印象が悪ければ、その後マイナスからプラスへ持っていくには非常に難しい道のりです。しかし、きちんとした誠意を見せれば一度与えてしまった印象も取り戻すことが出来ることもあります。

チェックポイント
・髪型は整っているか
・靴はキレイか
・しわしわのスーツでないか
・全体的に清潔感はあるか

特に注意したいのが「靴」です。その人となりを見る時、足元はよく見られるポイントです。つま先や側面に擦れた汚れ、踵を踏んだ後があっては論外です。これを機会に靴を新調するか、靴磨きなどをして「清潔」に保ちましょう。

③簡単な自己PRを考える

では彼女の親に再度挨拶の機会を頂いたらどうしたら良いのでしょう。まずは簡単な自己PR考え自分を売り込むつもりで会話をしてみましょう。

・今までの経歴
・今後の会社での目標
・彼女との今後の方針

このような点に重点を置き会話をしていくと良いでしょう。また日常的な部分においても、売り言葉は沢山用意しておきましょう。

・土日祝日は休みなので家族との時間を確保出来る
・残業が少ないので、夜彼女に寂しい思いをさせなくてすむ
・お互いの共通の趣味があるので休日は一緒に趣味を楽しむことが出来る

などなど、彼女に対してのメリットを幾つか考えてみましょう。自分をアピールすることは何もあなたのことを知らない親としては非常に興味深いところです。慎重になり過ぎてはいけませんが、ありのままの自分をアピールするだけでは良くありません。

いつかはあなたも親になる

彼女の親との関係を上手に築き上げられるよう頑張りましょう。何事においても言えることですが、「簡単に諦めない気持ち」が大切です。いつかはあなたも子を持つ親になります。その時、もし娘が連れてきた男性が頼りない人だったら心配になるはずです。その点も踏まえて、もし自分だったら?と彼女の親の立場になって考えてみましょう。

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター