サムネイル

距離が離れていても君が大好き!遠距離女性と両想いになる方法

自分または好きな人が転勤になったり、SNSで知り合った女性が遠くに住んでいるなど、遠距離片思いのきっかけは様々です。「遠距離」というだけで、成就は難しいのでは、と考えてしまいますよね。実際に遠距離片思いが成就した人、残念ながら実らなかった人にはどんな違いがあるのかをご紹介します。

  • 更新日:

遠距離片思いは、本当に困難なのか?

既に付き合っている二人ですら、遠距離恋愛になってしまったことで自然消滅してしまった、相手に浮気されてしまった、といた話もあるくらいですから、片思いでの不安は計り知れませんよね。しかし遠距離だからこそ、好きな人と両思いになれた人もいます。それどころか、あっという間に結婚まで結び付いたというケースがあるのもまた事実です。肝心なのは「コミュニケーションの密度」です。

遠距離片想いを成就させる方法

連絡をまめに取り忘れない

もし彼女が遠く離れた場所に引っ越すことになったら。彼女にはあなたが知らない新しい人との出会いが沢山待っています。知らない間に魅力的な男性が出てくる可能性だって十分ありますよね。そこであなたができることは「遠く離れても自分のことを忘れないでくれている」という安心感を彼女に与えることです。

これはやりすぎ!

今も昔も、遠距離になって重要なのはメールやラインなどのコミュニケーションツール。これらをナシにして遠距離を成就させるのは不可能と言っていいでしょう。新しい出会いの中でも、好きな人には自分のことを忘れないで欲しい。その気持ちが過剰頻度のメッセージになってしまうのも分かります。が、焦りは禁物です。

「今何してる?」「今日は誰と会ったの?」「明日は何をするの?」不安な気持ちは分かります。百歩譲って付き合っているならまだしも、それ以前の関係の人から「今何してる?」と聞かれるのは、女性にとっては少々不快なもの。「この人は暇なのかな」「私以外に話す人がいないのかな」とも思われてしまいます。

連絡しなければ当然、そのまま消滅に

では逆に、連絡頻度を下げればいいのかというとそうでもありません。付き合う前の関係で、距離も離れてしまえば連絡が減るのは当たり前。遠くの好きな人より近くの友達です。実は彼女もあなたのことが気になっていたとしても、全く何の連絡もなければ、遠くに行ってしまったから仕方ないとそのまま消滅してしまいます。離れてしまったから、と連絡の頻度を下げるのはやめましょう。

女性は、あなたが誠実な気持ちなのかを知りたがっている

遠距離だろうが近距離だろうが、女性は生半可な気持ちでのアプローチには反応しません。焦って突然会ってほしいと時間を作ったり、急に女性のテリトリーに介入されたりしては、不快な気持ちを抱かせ逆効果に。そこで効果的なのが「自分の興味のついでに好きな人を関連させること」。

例えばSNSやオンラインゲームをする人なら、そこでの話題を広げてみるといいですね。「このアイテム手に入れた?」「この人の呟き見た?」など、直接彼女自身のことを知る話題より、適当な理由をつけて続けた会話から繋がりを深めていきます。女性は共感することに安心する生き物です。こうした小さな共感から、「この人と話すのは楽しい」と思わせることができるのです。

実際会うことに勝るアプローチ方法はない!

100回のラインのやり取りは、1回のデートに劣ります。たとえ話す内容が同じものであったとしても、顔を見たり声を聞いたり、同じ時間を共有できるなら、たとえ短時間でもその時間を作ってください。ただしここでも下心まる見えの会い方はNG。明らかに帰るつもりのない時間帯のデートや、定番のデートスポットは避けた方が無難です。付き合うまでのあなたは、あくまで「友達」でしかないことをお忘れなく。

たとえあなたに気があったとしても、女性はなかなかそれを見せません。どれだけ会いにきてくれたことが嬉しくても、自分自身に「いや、でもまた付き合う前だし」とストップをかけてしまうのです。「仕事で近くまで行くからご飯に付き合ってほしい」「仕事仲間にお土産を買いたいから買い物に付き合って欲しい」と、下心の無い恋愛以外のもっともらしい理由をつけて誘ってみてください。

遠距離だからこそできるアプローチもある

本音を言えば、正直避けたい遠距離。付き合っているならまだしも、片思いの遠距離はなかなか厳しいもの。しかし普段は会えない遠距離だからこそ、綿密なコミュニケーションは欠かせません。ちょっとしたサプライズや、親密になってきたらほんの少しロマンチックなシチュエーションを演出してもいいでしょう。あなたといると安心できる、あなたのそばにいる未来が想像できる。好きな人にそう思ってもらえれば、遠距離でもきっと成就しますよ。

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター