サムネイル

彼女との喧嘩で絶対に言ってはいけない修復不可能ワード

どんなに仲の良い相手でも絶対に言ってはいけないことって必ずありますよね。それは彼女でも同じことで、そのひとことが2人の関係を左右することも。ここでは彼女と喧嘩しても絶対に言ってはいけないワードをご紹介します。感情のままに言葉を発すると後で後悔することになるかもしれませんから、是非、覚えておいてくださいね。

  • 更新日:

吐き出した言葉は戻りません

喧嘩をするとどうしても感情的になってしまい、言い過ぎることは誰にでもあることですが、言葉によっては言い過ぎでは済まされないこともあります。その相手が彼女となると、ふたりの関係がギクシャクしたり、あなたへの信用問題にも関わってきたりするかもしれません。本音はそんな風に思ってたんだ…と彼女が感じないためにも、どんなワードが修復不可能になるのかチェックしてみましょう。

彼女の家族をけなす

彼女がどんなに自分の親や兄弟のことを悪く言っていたとしても、第三者にけなされるのは気分が悪くなるものです。仮に、あなたの言っていることが事実だったとしても、喧嘩中では素直に受け止めてもらえないこと、あなた自身が感情的になって言い方が悪くなってしまうことなど、デメリットの方が多くなります。もし、彼女の家族について物申したいときは、お互いに冷静で言葉を選べる精神状態のときにしてください。

身体的欠点に文句を言う

顔や体などの欠点は、整形しなければ変えることができないこともあります。彼女がコンプレックスに思っている部分についての文句や悪口は、かなり心を傷つけるものです。自分ではどうしようもできないからこそ、自信を失い、あなたとの信頼関係も崩れていくことでしょう。

仕事をバカにする

仕事が好きでやりがいを感じている彼女にはもちろん、そうでもないけど何となく仕事をしている彼女でも、自分の仕事をバカにされるのは気分の良いものではありません。前者は自分をバカにしていると同じと捉え、後者は何も出来ないバカだと思っていると捉えられてしまう可能性があります。どちらも彼女の人格を否定していることに繋がるので、ふたりの関係が修復不可能になる可能性が大きいですね。

彼女の大切な物・好きな物をけなす

大切な物や好きな物は人によって違い、自分は共感できない物であることも多いですが、だからと言って彼女が大切にしている物や好きな物の悪口は言わないようにしましょう。それが、犯罪が関わっていたり人道的に問題のある物であれば仕方ないこともありますが、他人の好みにケチをつけるのは許されません。どうしても嫌だと感じるなら、喧嘩をしていないときに優しくお願いしましょうね。

すぐに別れようと言う

カップルの喧嘩で1番最低な言葉です。別れるという言葉は本気のときにしか使うものではありません。別れる気なんて全くないのに、すぐに別れようと言う人は、脅して相手をコントロールしようとしていることに気づいてください。何度も繰り返せば彼女の方が冷めてしまい、取り返しの付かないことになりますよ。

実はそんなに好きじゃないなどと言う

いくら喧嘩中でもこんなこと言われたら立ち直れません…。特に彼女が結婚を考えていた場合は、ダメージは想像以上のものになります。後になって、あれは本音じゃなかったと言い訳しても、絶対に信じてもらえませんよ。それくらい酷い言葉です。

元カレの話を持ち出す

その喧嘩の原因に元カレが関わっているなら話は別ですが、全く関係ないのに元カレの話題を出すのは卑怯です。過去のことは変えようのない事実なので、じゃあ私にどうしろっていうの!?と、彼女は思ってしまいます。それが続くと、過去のことをグチグチ気にする器の小さい男と認定されて、修復が不可能になるかもしれません。

彼女が感情的になっても冷静に

男性に比べて女性の方が感情的になりやすい傾向がありますが、彼女の感情に釣られてあなたも感情的になってしまっては、喧嘩は収まるどころか酷くなっていってしまいます。取り返しの付かない言葉を彼女に投げかけない為にも、できるだけ冷静に話をするようにしましょう。

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめのまとめ

人気のライター