サムネイル

優しい噓って何?彼女が彼氏のためにつく噓

お付き合いしている男性や好きな人には、本当の自分を知ってほしい。そう思っている女性がほとんどです。でも、好きだからこそ、本当のことを言えない。愛しているからこそ隠したいことも女性には結構あります。あなたを大切に想うからこそついてしまう嘘。彼女が彼氏のためにつく「優しい嘘」を解説します!

  • 更新日:

嘘も方便? あなたが好きだからこそつく「優しい嘘」

「嘘も方便」という言葉があります。時と場合によって嘘が必要なこともあるという意味ですよね。「方便」とは、仏教用語で人間を真の教えに導く為に用いる仮の手段のこと。

「好きな人のことは全て真実を知りたい」と思う人は多いかもしれません。しかし、真実を知って傷付いたり、悲しい気持ちになったりするのは辛いものです。

ここでは、女性が男性につきがちな「優しい嘘」と、嘘をつく女性の心理を解説します。
あなたは彼女に「優しい嘘」をついたこと、ないですか?

優しい嘘1:「今夜は女子会だよ。」

一緒にいない時間でも、好きな人がどこで何をしているか知りたいと思うのが恋心です。彼女が飲み会に参加すると聞いて「その飲み会、誰がいるの?」と聞いたことはありませんか?

異性がいる飲み会に参加するときでも女性は「女子会だよ」と嘘をつくことがあります。それは、飲み会に異性がいる真実を伝えて、あなたを心配させたくないからです。

「やましいことがないなら正直に言えばいい」と思うかもしれません。でも、やましいことがないからこそ、女性は無駄なケンカや揉め事はあらかじめ避けたいのです。

優しい嘘2:「今までエッチしたのは2人。」

好きな人が過去に何人とエッチした経験があるのかは、誰でも気になるところです。年齢にもよりますが、実際の経験人数はさておき、多くもなく少なくもない無難な人数として「2~3人」と答える女性も多いようです。

中には「付き合った人数=エッチした人数」ではない女性もいます。事実は確認のしようがありません。あなたが好きになったのは、今、目の前にいる彼女です。過去は気にせず、これからの二人の未来を考えましょう。

優しい嘘3:「今日のエッチ、すごく良かった。」

エッチの途中に「気持ちいい?」と聞かれて、もしあまり気持ち良くなかった場合でも、正直に「良くない」と答えられる女性は少ないと思います。そんなに感じてなくても、感じているフリをしてしまったり…。

あなたの男性としてのプライドを傷つけないために、あまり気持ち良くなくでも「すごく良かった♡」と答えてしまうのが女性の優しさです。

優しい嘘4:「お料理、得意なの。」

世の中にはびこる「料理のできる女=良い女」という図式。女子力アピールとして、お料理が得意なことは確かにポイントが高いですよね。

とはいえ、女性がみんなお料理上手かというと、そんなことはありません。今ではネットで調べれば誰にでも簡単に美味しく作れるレシピが見つかる時代です。実はちょっと苦手でも「お料理、得意なの。」とつい嘘をついてしまうことがあります。

これは、好きな人に良い女として見られたいという女心です。彼女のお料理がそんなに美味しくなくても、大目に見てあげてくださいね。

優しい嘘5:「仕事が忙しくて。」

恋人がいてもひとりの時間が必要、と感じる人は少なくないはず。お互いに同じ考えならよいのですが、男性の方が“いつも彼女と一緒にいたいタイプ”という場合も。そんなとき、一人の時間を確保するため、仕事を言い訳として嘘をつくことがあります。

正直に「ひとりになりたい。」とは言いにくいもの。女性にも一人で羽をのばしたいときがあるのです。

女性の嘘、あなたは許せる?許せない?

「優しい嘘とはいえ嘘は嘘。傷ついても苦しくても、真実を知った上で判断したい。」

「何でも本音を語る正直者よりも、優しい嘘をついてくれる人のほうが、相手を傷つけない。」

“優しい嘘”について、あなたはどちらの考えですか?もしも彼女の嘘に気が付いても、それはあなたのためについた「優しい嘘」の可能性も。知らないフリをして受け入れてあげるのが、オトナの男性の優しさかもしれません。女性はあなたを愛し、愛されたいから嘘をつくのです。

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめのまとめ

人気のライター