サムネイル

「仕事と私どっちが大切なの?」の模範解答

「私と仕事どっちが大切なの?」という究極の質問。その場限りで「君が一番大事だよ。」と言うこともできますが、「じゃあ仕事休んで会いに来てよ。」なんて言われると困ってしまいますよね。ここでは仕事は大事だということを前提に、女性をうまくなだめる模範解答をご紹介します。

  • 更新日:

実際のところ男性には仕事を大切にしてほしい

「私と仕事どっちが大切なの?」という究極の質問、女性は「君の方が大事だよ。」と言って欲しかったとしても、実際に仕事をないがしろにする男性は嫌なんですよね。

ではなぜそんな質問をするかというと、一種のふっかけみたいなものでもあるんです。答えづらい質問をしてちょっと困らせてみたい(構ってほしい)、言質をとって今後さみしい思いをさせられた時に「私の方が大事って言ったじゃない!」と優位に立ちたいといった気持ちもあります。

そして万一の「じゃあ仕事休んで会いに来てよ。」を回避するためにも、「仕事は大事」だということを前提にした、いくつかの模範解答をご用意しました。

「仕事と私どっちが大切なの?」の模範解答

「君に喜んでもらうために一生懸命働いてるんだ。」

現金なもので、デートで美味しいものを食べたりプレゼントをもらえるなら、ある程度のことは我慢できるというのものです。でも本当に実践していないと納得されないので、デートでは彼女を喜ばせる努力を惜しまないようにしましょう。

「将来家族を養う男になる為に、今から必死で働かなくちゃいけないんだ。」

まともに働かない男性と結婚したい女性なんてほとんどいません。自分との将来も考えてくれてるように感じるし、幸せな未来を想像したら寂しさも薄れて応援したくなってしまうでしょう。

「俺はお前にそんなこと言わせるほど追いつめてたの?ごめんな。」

実際にどちらかの答えを知りたいわけじゃなくて寂しさから出た発言ですから、そちらの感情を癒してあげるのも効果的です。とにかく俺が悪かったと抱きしめてあげると彼女も落ち着いて話ができるようになるはずです。

「仕事ができないと立派な男とは言えない。胸を張って君に愛されたいんだ。」

「彼女に見合う男になるため」という体で行きましょう。自分のために良い男になろうと努力している男性を責めることはできません。むしろあなたのほうから「無職の男が君に釣り合うと思うか?」と質問してみても良いかもしれません。

「どうした?もしかして最近嫌なことでもあった?俺に話してみてよ。」

彼氏とは関係のないことで溜まっていたストレスが、ちょうど良く爆発して発した質問ということもあり得ます。あまり独占欲の強くないタイプの彼女なら、このパターンである可能性が濃厚です。彼女の話をよく聞いてあげて、大事に思っていることを伝えましょう。

「俺は自分の仕事が好きで誇りも持ってる。君もそんな俺を好きでいてくれると信じてるんだ。」

自分の仕事に誇りをもって頑張っている男性は素敵ですよね。そして自分への信頼を語られると、それ以上何も言えなくなってしまいます。どんなに忙しくても彼女の事をいつも想っていると言ってあげると尚良しです。

「そんなの比べられないよ。仕事もお前も生きるために必要なんだ。」

彼女の存在を「生きるために必要なもの」まで引き上げて、さり気なく喜ばせる手法です。彼女の怒りが少し収まったところで、すかさず「愛してるよ。」と抱き寄せてあげると雰囲気も盛り上がるはずです。

まとめ

仕事をしないと生きていけないことくらい彼女も分かっていますから、それを論理的に説明しても意味がないんです。基本的には「私をもっと大事にしてほしい」という気持ちの表れですから、そこをカバーしつつ自分にとっての仕事の大切さも分かってもらうようにすると良いでしょう。

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター