サムネイル

新生活におすすめ!育てやすい観葉植物5選と育てるコツ

オシャレなインテリアに欠かせないもの…それはインテリアグリーン!お部屋に植物があるだけで雰囲気は一気にオシャレに♡ もうすぐ春ですし、お部屋に観葉植物を取り入れて気分を一新しましょう!インテリアグリーン大好きなライターが観葉植物を育てるコツとオススメの植物をご紹介します。

  • 更新日:

グリーンで気分一新!癒しのインテリア「観葉植物」

新緑が芽吹き、気温も暖かくなる春。新生活として気分を一新したくなりませんか?

植物を育てるなんてフェミニンな感じがして抵抗があるという男性も、ぜひ観葉植物を置いてみてください。殺風景になりがちな男部屋にオシャレと癒しをもたらしてくれます。

「観葉植物を置くのは初めて」という方でも気楽に続けられるコツと、育てやすく長持ちする植物をご紹介します!

初心者でも失敗しないテクニック

「観葉植物には興味はあるけど、枯らしてしまいそうで…」
「インテリアとしてオシャレだけどお世話が面倒そう」

そう思っているあなたにも気負わず取り入れられるコツをご紹介します。殺風景になりがちな男部屋も、グリーンを置けば簡単に癒しと温もりが感じられるようになります。

道具は自宅にあるもので代用

グリーンショップにいくと、植物を育てるための道具がいろいろ売られています。それらをすべて揃えなくちゃと考えると敷居が高くなってしまいます。

でも、大丈夫。ほとんどがすでに自宅にあるもので代用できるはず。まずは、いろいろ購入せず自宅にあるもので代用しながら育ててみましょう。

植え替え不要!買ってきたままのポットでOK

植え替えや寄せ植えなど、そんな面倒なことはしなくても大丈夫。買ってきたままのポットでお部屋に置いても、十分にオシャレ感は出せます。

グリーンのある生活に目が慣れてきて、一段上を目指したくなったり、偶然にも一目惚れしたポットに出会ったり…そんなときが買い時です。

まずは1鉢、目につくところに

今がどんなインテリアでもご心配なく。まずは一鉢、直感で気に入った植物を購入してみましょう。そして、あなたのお部屋の中で、一番目につくところに置いてみます。

一鉢なら手間はかかりません。日々の植物の変化に気が付くようになると、育てるのが楽しくなります。

水やりは気がついたときに

グリーンを育てる上で一番気になるのが、お水をあげるタイミングです。グリーンショップでは「何日に一回」など具体的に指示されることもありますが、お部屋の湿度や日当たりによっても変わってきます。

実は「ちょっと元気がないかな」とあなたが気付いたときにあげるくらいが、ちょうど良かったりします。

初心者にも育てやすいオススメグリーン5選

グリーンを育てるのは初めて、という方にオススメの植物を5つご紹介します。
手に入りやすく、育てやすい。そして長持ち!ぜひここからトライしてみてください!

ポトス

初心者向きの観葉植物として代表的なポトス。日当たりのあまり良くない場所でも育ちますので、北向きのお部屋やマンションの方でも大丈夫。

ポトスは葉の寿命が長く、知らない間にグングン成長します。

シェフレラ

観葉植物の中でもトップクラスの丈夫さを誇るシェフレラ。枯れにくい特性を持っていますので、とても人気があります。

環境が変わるとポロポロと葉を落とすことがありますが、環境に慣れてくると次第に丈夫になり、葉も落ちなくなってきます。

アグラオネマ

映画「レオン」で主役のジャン・レノ扮する殺し屋が大切に育てていた植物です。映画ではレオンが葉に霧吹きをかけたり、マメにお手入れをしていますが、直射日光を避け、気が付いたときにお水をあげれば大丈夫。

このアグラオネマを飾ると幸せを呼び込むと言われています。葉が大きく存在感があり、男性のお部屋にもぴったりです。

多肉植物

個性的な多肉質の葉が可愛い多肉植物。水分を蓄える特性があるので、水やりもたまにでOK。逆に、水分が多すぎると枯れてしまうこともあります。水はけのよい環境を作ってあげてください。

種類が豊富なので、いろいろ揃えて並べておくだけで、オシャレ感がでます。

エアプランツ

一般的に植物は土から栄養や水分を吸収しますが、このエアプランツは、空気中の水分を吸収して成長します。そのため、エアプランツ(Air Plants = 空中植物)と呼ばれています。

空気中の水分を吸収して成長する為、土は全く不要です。机の上に転がしておくだけでも生きていける不思議な植物。針金で吊るしたり、器に飾りつけたり、いろいろアレンジして楽しむことが出来ます。

新生活に癒しのグリーンを!

どんなインテリアでも観葉植物を取り入れることで、お部屋がみずみずしい空間に変わります。風水的にも観葉植物は「悪い気を吸収してくれるもの」として活用されているんですよ!

植物を育てている男性はオシャレで、面倒見が良さそう。女性ウケも抜群です♡ぜひ取り入れてみてくださいね!

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター