サムネイル

大人の女性を落とすための、大人男性のたしなみ

女性は男性に対し、包容力などの“大人な男性の振る舞い”を少なからず期待しています。中には“枯れ専”と言われる女性もいて、優しく包み込んでくれる男性なら年の差も気にしません。女性からモテるためには、大人のたしなみを身につけた素敵な男性になることが大事♡そんな男性が増えて欲しいなという思いを込めてこの記事を書きました。

  • 更新日:

大人な男性って?

自分の年齢が上がるにつれ、異性に求めるものも変わってきますよね。少なくとも一般教養は身につけていて欲しいし、燃え上がるような恋愛をする心の体力ももうなくなってきた…。デートも落ち着いた場所に行きたいし、「ツー」と言えば「カー」な関係の方が気楽。恋愛を重ねてきた年齢だからこそ、ソウルメイトのような居心地の良さを相手に求めてきているのでしょう。

恋愛の面以外にも年相応の振る舞いができる男性は人気があります。そんな“大人男性”のたしなみを多方面からお伝えしていきます♡

身だしなみ編

清潔感がある服装を

清潔感がない男性が女性から不人気である、とJIONの記事でも多く伝えてきました。大人な男性は、体の清潔感だけでなく服装の清潔感も気にしたいところです。シャツにはアイロンをかける、時計もいい物を身につける、若い頃に着ていたテイストの服装から卒業するetc...

同様にハンカチも持ち歩くようにして、下着もよれよれのものは捨てましょう。身につけるものを変えると、気持ちもビシッとするものです。

髪にもケアを

大人の男性は髪にも気を遣います。こまめに洗髪するのはもちろんの事、1〜2か月に1度は美容院で髪を切ってもらう、外へ出る時は髪型を整える。

スカルプケアもしていきたいですね。若い頃に使っていたシャンプーのままではなく、今のあなたに合ったものを選ぶのも大人男性のたしなみです。髪色も派手な色は避けて、地毛の黒髪・白髪染め程度の染色にしていきましょう。

お財布の扱い方

次はお財布の取り扱い方です。長年使ってきて財布が擦れていたり、レシートやカードでパンパン…なんてことは避けたいものです。

あと、偏見ではありますが、Gパンのお尻のポケットにパンパンに膨らんだ財布を入れるのも20代前半までにしておいてもらいたいものです。財布の重みでGパンが腰パンになっていく姿はちょっと大人男性とは程遠いかな、というのが私の見解です。

女性はそういった小物の取り扱い方もチェックしています。いつも新品の財布を使って欲しい…とは言いませんが、細かいケアができるのも大人男性のたしなみです。

立ち振る舞い編

自分語りはほどほどに

JIONでもたびたび物議を醸してる“自分語りが多い”男性。あんまり自分語りが多すぎると、子供っぽく見られますし、女性から「この人をもっと知りたい」と思われづらくなってしまいます。「この人がどういう人か」と決めるのは人それぞれ。過度な自己アピールをしなくても、見てくれてる人はいます。逆に“失敗談”を楽しく話せる男性は、程よく自己開示ができていて親しみが持てたりもします。

ゆったりした身のこなし

言わずもがなですが、周りに迷惑をかけるような騒ぎ方をする、落ち着きがない行動は学生時代で終わりにしたいものです。物を置く、歩く、話す声の大きさなども無駄に音を立てず静かにし、身の振る舞い方をゆったりすることを心がけましょう。
もちろん、まったく羽目を外して遊ぶなとか、友人と騒いだりするなということではなく、TPOに合わせてメリハリをつけて行動できる事が「ちゃんとわきまえてるんだな」と女性に思ってもらえることになるでしょう。

小さな気配り

気配りと言っても、これ見よがしなものではなくてさりげなく相手を思いやれる事が大事。自分がよく思われたいがための気配りは、受け入れてもらえなかった時点で苛立ちが生まれてしまうもの。

相手に「あなたの事を気にかけてますよ」という気持ちで、声かけや行動をしていきたいものですね。もちろん、意中の女性に対してだけでなく、身近な人たちにも気配りができるのが“大人の男性”と言えるでしょう。

大人男性は自分のことは二の次

いかがでしたでしょうか?年上の男性が好きな女性が多いのは、「私の事を大事にしてくれる」「私の事を分かってくれる」という事に他なりません。ましてや大人の女性であれば、上記のことをないがしろにしている男性を「素敵」だと思わないでしょう。まずは見た目から素敵な“大人男性”になってください♡

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめのまとめ

人気のライター