サムネイル

夜景デートはアリ・ナシ?付き合う前にいくべきデートスポットとは?

付き合う前の女性が、男性から誘われたら嬉しいデートスポットをご紹介。雰囲気の良い夜景スポットなら彼女との距離が縮まる可能性もあるかもしれません。数あるデートアイディアのここはあり?なし?という男性の疑問に経験豊富な女性ライターが答えます♡彼女になってもらうためにも、女性の心を掴めるデートスポットへ出かけてくださいね!

  • 更新日:

脈ありだと思うけど...付き合う前のデートはどうすればいい?

「合コンや婚活で知り合った女性との距離を縮めたい。でも最初のデートはどうすれば?」
「一流ホテルのバーなら間違いない?」

好きな女性との最初のデートで気合いが入る気持ちはわかりますが、ドレスアップが必要な夜景の見えるレストランやバーを重たく感じる女性も多いものです。付き合う前のデートは「まだ友人関係」であることをお忘れなく!相手に重たく感じさせずに楽しくデートができる付き合う前のデートスポットをご紹介致します!

まずはデートに誘う彼女をリサーチ

どこにデートするにも、まずは彼女自身をリサーチしましょう。例えば「おいしいものが好き」という彼女に、「女性はイタリアンが好きらしいから、友達に教えてもらったいい店予約しておこう」という先入観での行動はNG。彼女は日本食が好きかもしれません。

ビジネスにおいてマーケティングは大切なプロセスですが、それは恋愛も同じです。ターゲットが何を求めているかを事前にリサーチしておけば、的外れなパフォーマンスをせずに済むのです。彼女の話によく耳を傾けたりSNSで好きなことを事前にチェックしておくことが成功の秘訣です。

一番ハードルが低いのは仕事合間のランチ

心理学では、触れる回数が多いほど好感を抱きやすくなることをザイオンス効果といいます。彼女との接触回数を増やすことは良い結果につながりやすいのです。
そこで提案したいのは仕事合間のランチデートです。終わりの時間が決まっていますし、話のトピックを準備していなくてもあっという間に時間は経過します。同じ職場や彼女のオフィスまで近くに行く用事があれば、ランチに誘ってみましょう。ランチなら重くならずに済みますし、昼ということで彼女の警戒心を解きやすくなります。
ただ、仕事中はバタバタしたり、デスクで食べたり、ランチメンバーが決まっていたり、仕事モードなので遠慮したいという女性もおりますので、その場合はさらりと受入れましょう。

会社帰りにディナー

交際前の男性のために休日にわざわざ出かけるのを面倒に思う女性も数多いのがリアルな事情。ランチの次に誘いやすいのは平日のディナーデートです。これをきっかけに彼女の食の好みやお酒の飲める・飲めないなどもリサーチできます。

ただ、まだ友人関係だからといってあからさまなチェーン店やリーズナブルすぎるお店を選ぶのは考えもの。「僕と付き合ったらこんな貧しい食生活しかしないけどいい?」と主張しているようなものです。
これは女性がリーズナブルなお店でないと落ち着かないタイプか、熱狂的にあなたを好きな場合、そして「今日は大衆居酒屋っぽいところがいい」と思う女性(アラサーに多い)のみ有効です。そうでないなら、彼女が普段どのような場所で食事しているかをSNSなどでリサーチして、同等レベルかそれ以上のレストランやバーを探しましょう。

ライトアップされた夜の歩道を散歩する

東京なら丸の内ビル界隈、表参道、六本木ヒルズ。また、スカイツリーや公園など、ライティングスポットは各地に点在しています。ディナーに行く前後にライトアップされた歩道を歩けばロマンチックな雰囲気も演出できますね。桜や紅葉の時期にお散歩したり、夜景が見えるスポットでちょっと休憩するのも良いでしょう。ちょっとした時間でも、リフレッシュになったりデートの雰囲気が出たりします。

また、車道側を男性が歩く、人混みで彼女が人とぶつからないようにサポートするといった紳士的な行動が、彼女の胸キュンを誘うきっかけになるかもしれません。

付き合う前のデート…夜景を見に行くだけならアリ!

付き合う前の夜景デートに対して

「ドレスアップ必須の夜景ディナーは重いけど、ただ夜景を見に行くだけならアリ!」
「それが相手の気持ちを知るバロメーターにもなるので誘って欲しい。」

と、考える女子が急増中です。
付き合う前なら、かしこまった場よりも気楽に一緒の時間を楽しみ距離を縮めたいというのが女性の本音ですね。夜景がきれいなデートスポットは市内よりも気温が少し寒かったりするので、温かい飲み物を差し出してあげると喜ばれること間違いなしです。

付き合う前に夜景のみであれば、ドライブがてらに行けたり流れでいけますが、やはり夜景を見ながらのディナーデートはNG。面倒だし何より男性の気持ちが重すぎて、嫌いじゃなかったのに距離を置くきっかけになってしまうかもしれません。付き合う前は、あくまでも夜景のみでデートを楽しんで。

休日デートは「お互いが楽しめる何か」

彼女が休日に時間を割いてデートしてくれるようなら、あなたはかなり脈ありです。休日にランチをしてただブラブラ街を歩くのも良いですが、楽しい話題を提供し続けることに自信がない人は彼女との共通点を見つけましょう。
料理、映画鑑賞、美術館巡り、野球やサッカー観戦、音楽ライブなど。それにまつわるイベントに参加するのも良いですね。

なお、自分や彼女の趣味に無理につき合うのも、つき合わせるのもNGです。興味ないことに長時間つき合わされることは苦痛でしかありません。もし、彼女の趣味につき合ったとしても、好きでないことは「楽しくない」オーラが出るので彼女にも「この人と一緒にいても楽しくない」という印象を与えてしまいます。また、交際が始まったら、それにつき合い続けなければなりません。でないと、「釣った魚に餌をやらないの?」とケンカの要因になります。

お互いが無理せず気楽に楽しめるデートを

つき合う前のデートは重くならず、一緒に楽しい時間を過ごすように心がけましょう。非日常を演出するようなかしこまった場よりも、日常生活の延長線上の方が彼女も誘いに乗りやすく、交際後も無理なくおつき合いを続けていきやすくなります。
日常的なデートであっても一緒の時間を重ねれば、あなたの好意が彼女に伝わり、彼女もあなたに好意があるなら、彼女からも距離を近づけてきますし、そうでないなら思わせぶりな態度を取らないように気をつけるようになります。
非日常的なサプライズは特別な日のためにとっておきましょう。つき合う前のデートは、背伸びをしすぎない、お互いが楽しめる素敵な演出を心がけましょう。

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめのまとめ

人気のライター