サムネイル

傷つけないでほしいな。女性を傷つけない上手なデートの断り方

その気になれない女性からのデートのお誘い、なんて断っていますか?下手に逃げ続けると女性もイライラされてしまうかも。逆に好きな気持ちが大きくなる可能性もあるため、取り返しがつかなくなる前に出来るだけ女性を傷つけずにお断りしましょう。今回はモテるアナタの為に上手なデートの断り方をご紹介します。

  • 更新日:

女性からデートのお誘いが!でも…

女の子からデートに誘うのは結構勇気が要るもの。そこで断られたらかなりショックを受けます。とはいえ男性も女性の好みがあるのは当然です。そこで問題になるのが、誘いを断る際の伝え方。あなたはどんな風に伝えてますか?まさか「無理」「君はタイプじゃないから行けない」なんて豪速球どストレートの返事をしていませんか。それでは彼女のショックはかなり大きく傷付いてしまいます。

今回ご紹介する女性から誘われた時の上手な断り方を知って、スマートかつ優しい断り方で女の子に悪い印象を残さない男性になりましょう!

女性のお誘いを上手に断るセリフ

THE 王道!「最近仕事が忙しくて…」

「最近仕事が忙しくて…」等に代表される、今時間が無くて忙しいという断り文句です。この言い方は、少し時間を置いて再度誘われる可能性が高いというデメリットもありますが、誘った女性が「なるほど。お呼びでないのね」と察してくれたり、「忙しいなら仕方ないね」と素直に引いてくれるメリットもあります。

たまに「じゃあ来週は?来月は?」と聞いてくる女性もいますが、その場合は少し辟易したような態度を見せても良いのではないでしょうか。ただ言い方は柔らかく女性を傷つけない為に「こちらが悪いんだよ、君は悪くないよ」という印象を残すべく、「誘ってくれるのは嬉しいけど、いつまでこの状態が続くのか分からない以上待たせられない。だからごめん」というセリフで締めましょう。

使い方によっては効果的「体調が悪い」

これもよくある手ですが、「最近会食が続いてて…」「最近少し体調が悪くて、仕事以外は家で寝たいんだよね」等の体調不良で行けない、と断るパターンです。やむを得ない理由で行けないことを強調出来るので、女の子の印象を悪くすることもありません。ただ女の子が本気で心配する可能性も低くはないため、申し訳なくなる場面があることも心得ておきましょう。

また、そう断ったにも関わらず結局飲みに行った写真がSNS等で広がることはないように注意しましょう。

流石に女性も諦める?「彼女がいるから…」

あなたがまだ恋人の有無を伝えていない場合なら使える手として「彼女がいるから…」という理由でお断りするのもアリです。このやり方の良い点としては、男性として誠実さをアピールできるところと、恐らく二度と誘われない点です。

ただ、あなたに恋人がいないことを知っている誰かが彼女の周辺に居る場合は使えません。また誘ってきた女の子の友人があなたの好きな人だったり、あなたに恋人がいることを周囲の人に広められた時に不都合があったりする場合も使えません。断るには効果的ではあるのですが、話が少しややこしくなる可能性もあることを覚えておきましょう。

逆に好きな人に関して相談する

好きな人についての話にすり替えてしまう方法もあります。例えば、予定を聞かれた日は気になる子とデートをする予定ということにして、逆に恋愛相談をしてしまうのです。どんな服で行けばいいか、何処に連れて行けばいいか、等を相談してしまえば、恐らく相手はそれ以上に誘ってはこないでしょう。

ただ、これは上手くはぐらかせる可能性が高い方法ではあるのですが、誘ってくれた女性を傷つける可能性も高くなってしまいます。相手の性格や態度を見極めて、好きな人との予定をほのめかす程度に留めるか、軽い相談にまで持ち込むか、慎重に話を進めてみて下さい。

もし相手がかなり真面目なテンションで誘ってきた場合はやめましょう。話がこじれる上に、女性を傷つけることになってしまいます。

誠心誠意、お断りする

正直に誠心誠意お断りするパターンです。あなたが女性からのお誘いを断る理由はなんでしょうか?他に好きな人がいるから?それとも、その子のことは“そういう風”には見れないからでしょうか?流石に嫌いな相手の場合は「あなたが嫌いだから行けない」なんてことは言わないで欲しいですが、他の理由の場合は正直に言ってしまうのも1つの方法です。女性が最も傷つく方法のように思えますが、人によってはそれが一番誠意を感じ納得いくので傷つかなくて済む、という考え方もあります。

「ほかに好きな人がいるから、君とは行けない」「自意識過剰かもしれないけど、期待を持たせるようなことは出来ないから」など。言うのは大変心苦しいのですが一番誠実な答えです。誘った女性も、きっと勇気が必要だったと思います。それに応えるには、やはりあなたもそれ相応の勇気で応えるべきなのだと思います。

女性の性質を見極めパターンを使い分ける必要アリ!

様々な断り方をご紹介してきましたが、これらは相手の女性によって使い分けることをおすすめします。直球で言ったら泣き出しそうな繊細な子の場合は「忙しいから」。沢山いる男友達の一人として誘ってきている子の場合は「彼女いるから」という理由で断るのがいいかもしれません。誘ってくれた女の子に似合う服を着せてあげるように、断り方もその子に合わせてチョイスしましょう。

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめのまとめ

人気のライター