サムネイル

実は演技。エッチで演技しちゃうこと

「エッチの最中に演技をしてことがある?」と聞かれれば、大半の女性は「ある」と答えるでしょう。ストレートに表現する男性とは違い、女性は体のことだけでなく相手の気持ちや自分の気持ちなど同時に考えられるので、それが演技につながるんだとか。ではその理由は?演技の内容は?早速見ていきましょう!

  • 更新日:

彼女、本当に感じてる?

あなたはいつも同じエッチをしていませんか?彼女はいつも同じセリフをはいて。終わったらせっせと寝ていませんか?もし当てはまるのなら、彼女は演技をしている可能性が大。今回紹介する項目をチェックして、当てはまるものがあればいつもとは違う方法を試してみて。彼女が本当に気持ちいいと思うポイントがわかるかも!

1、演技の定番?イッたふり

男性が明らかに気持ちよさそうだと「私もイクと喜ぶんだろうな〜」と、イクふりをする女性は多いです。しかし、男性とは違って毎回イクことができる女性は少ないです。エッチの最中にイッた経験がないという人もいれば、数回に1回程度という女性がほとんどでしょう。

2、感じていないのに喘ぐ

ごめん、そこじゃない…というアソコへの突き、女性なら誰もが感じたことがあるはず。気持ちよくない場所に激しく突かれると、痛みを我慢して嘘の喘ぎが大きくなることもあります。もしくは、痛くなくても彼が気持ちよさそうだからわざと喘ぐなんてことも。ずっと同じ体位ではなく、いろいろ変えながら気持ちいい場所を聞いてみましょう。

3、枕やシーツをぎゅっと掴む

気持ちいときは思わず掴んでしまいますが、さらに相手に伝えたいときに使う技がコレ。ぎゅっと掴むだけで「ああ、本当に感じてくれてるんだ!」と男性に思ってもらうためにわざと強く掴むこともあります。

4、「本当は痛いんだって!」を隠すセリフ「敏感」

乳首やアソコは強く触られると痛いもの。また、ソフトタッチでもずっと同じ場所を攻められているとヒリヒリしちゃいます。相手はよかれと思ってやってくれているので、痛いとは言えず「そこは敏感だから…」ともじもじしてしまうことも。そう言われたら他の場所に変えましょう。男性だって、性器の先端ばかりを強く攻められると痛いですよね?あれと同じなんです。

5、「こんなの初めて!」と初心者を装う

コスプレやSMプレイなど、ちょっとアブノーマルなエッチをするときや、オーガズムに達したときに思わず言ってしまうコレ。「自分が最初なんだ!」と優越感に浸ってもらうために思わずウソをついてしまうことがあるんです。そのほかにも「あなたが一番!」「今までで最高」など、一番を装うことも…。

6、AVスタイルを好きだという

「上目使いをしながらフェラ」「“いっぱい出して!”と言う」「恥ずかしい格好をさせられる」など、いかにもAVにありそうな演出を好きだというのは、男性からのリクエストに応えているだけかも。本当は恥ずかしくてあまりしたくなくても、相手が喜んでくれていたら「私も好き!」と同調することがあります。

7、ぶっちゃけ眠いんです…「挿れたい」おねだり

平日の夜や疲れているときに求められると、かわいそうだから断るまでいかなくとも、早く終わらせたいのが女性の本音。そんなときに使うのがこの演技です。前戯の時間がいつもより短くても「もう我慢できない!挿れて!」と訴えてくるのは、早く挿入してさっさと寝たいという本音かも。

8、アクロバティックな体位

日本には四十八手などというものがありますが、正直言って正常位かバックで十分という女性が多いです。立ちながらの挿入やあられもない姿での挿入など、あまりにアクロバティックな体位は気持ちよくないし、疲れるし…で、正直やりたくない女性も多いはず。

女性が演技をするのは「プライドを傷つけないため」

エッチの最中に演技をされている、とだけ聞くとショックかもしれませんが、ご安心を。女性の演技は「優しさ」です。正直あんまり感じていなくてもプライドを傷つけてはかわいそうだし、相手はとても気持ちよさそうだし…という気遣いから演技をしているんです。ただ、本当にしたいのは演技がいらないくらいの気持ちいいエッチなので、お互いに相手のことを知っていけるといいですね♡

内容について報告する