サムネイル

同棲中のお金どうしてる? 関係が上手くいく分担方法

同棲していると困ることの1つがお金。お金の割り振り方には収入の差やカップルによって様々です。お金の割り振りをしっかりしていないと、同棲中に揉め事が起きたり喧嘩の原因になってしまいます。同棲を解消する際にも大きな影響があります。今回は、カップルの同棲が上手くいくお金の分担方法をご紹介致しますので、参考にしてみて下さいね!

  • 更新日:

同棲中のお金の扱いは別れの原因

同棲中の彼女がいる方も、これから同棲したいと思っている方も、お金の扱いはしっかりしないと不満の原因になってしまいます。彼女との関係が同棲をしたことによって破綻してしまっては切ないですよね…。
そんな同棲中のお金の扱いで彼女と揉めて、結果的に別れてしまった…という事態にならないようにするために、同棲中の彼女とのお金の扱い方のポイントについてご紹介いたします。

【同棲のお金の扱い】全ての費用を完全折半にする

彼女があなたと同じ位の収入ならば生活費を折半しても問題ないでしょう。大まかには【家賃、水道光熱費、通信費、食費、日用品、雑費】に分ける事が出来ますが、これを同じ金額で等分する方法です。この方法なら、単純に折半しているためお金で揉めることもあまりないでしょう。家事や掃除の方も分担していると更に揉め事が起こるリスクは減らせます。

お金が余った時は二人の貯金にしたり、光熱費のストックとして繰り越すこともオススメです。単純に折半することは難しいかもしれませんが、お財布は別でお金を出し合うイメージなので、同棲しているようで自立している関係を築くことができると思います。

折半がおすすめの男性のタイプは?

・同棲してもお小遣い制は反対!
・ある程度自分でなんでもできる男性
・同棲しても自由が欲しい男性

同棲しても自分の自由なお金が欲しい男性は、同棲をスタートさせる際には断固としてお小遣い制を拒否して財布を別にするべきです。お金の管理がしっかりできる、などの彼女の意向をしっかり守れるなら、自分で管理しても問題ないと思います。大切なことは、彼女の希望を聞くこと。その上で納得させられるようにプレゼンをしてみてください。

また、ある程度なんでも自分でできる男性なら、完全にお財布が別でも同棲生活はうまくいくと思います。彼女も同じ分だけ費用を出しているのに、家事は一切やらないなんてことはもはやアウト。家事も自分でできてはじめて不満なく二人で折半することができます。自分の自由のために、彼女を納得させられるかがポイントです。

お小遣いを導入する

同棲の生活費を彼女と折半にした上で、お小遣い制を導入する方法もあります。家計の予算としてお小遣いを確保することで、お互い自分が使えるお金がきちんと手元に残ります。ランチをしたり服を買ったり、男性に言わずにお小遣いでやりくりすることで、結婚のシュミレーションや結婚式費用の貯金にもなりますね。また、男性も自分だけでなく彼女と二人でお小遣いなら、変な不満を抱きにくいです。
同棲をすることの目的が単に一緒にいたい、だけでなく結婚が見据えられているなら、

*財布は別にした上でお小遣い制にする
*貯金金額を決める

などを同棲と同時にはじめることで、より結婚がリアルに感じられる効果もあります。

また、同棲カップルの喧嘩の原因として、お金の不満は多いです。そこで男性だけお小遣い制になり彼女だけがお金の決定権を持っていると、無駄なストレスを抱いてしまいます。そうならないためにも、同棲中は二人で同じ決まりですることが大切になります。

お小遣いの金額は、二人の収入を合わせて、無理のない金額に!

デメリットは何か?

折半にすると確かに計算は楽ですが、男性と女性で収入の格差がある場合は収入が少ない方がどうしても苦しくなってしまいます。全ての収支を計算した時に、給料の多い少ないは関係なくなるので、もし彼女と収支の差が大きいカップルが生活費を折半にする場合は、思いやりが必要です。

彼氏・彼女問わず収入が多い方は、たまに自分のお金から相手に何かしてあげたり、外食のお金を手元から出してあげるなど工夫すれば、お金に関して揉める事は少なくなります。どうしても折半にしたいと言う彼女の場合はこの方法でも良いですが、もし男性の方が収入が多い場合は、彼のあなたから金額を多めに出す提案をしてあげるとスマートです。やはりそこは男性に頼りたい気持ちが女性なら少しはあるはずなので‥。

また、完全に分担するなら家事も同様です。日々の食事や掃除、家事なども男女問わず協力しあって、自分の担当はしっかりこなせることが理想ですね!

【同棲のお金の扱い】男性の割合を多くする

「男だから俺が多く払うよ」そんな方が多いです。女性からすれば、もう「ありがとう」の感謝の一言です。稼いでいる女性もいますが、やはりビジネスマンの男性は高収入の方が多く、女性がその収入を稼ぐことは至難の技。男性から申し出てもらえたら、やはり心が軽くなります。

彼女が家事をやるカップルが多いので、男性が多くを負担している分家事を彼女がするというルールは納得する女性も多いと思います。お料理好きな男性もいらっしゃいますが、いつの間にか料理や掃除、洗濯などを女性がやっている場合は、お金を折半にしていると段々と女性の不満が溜まっていくケースも多々あります。

カップルのカタチによって様々ですが、「多く出す分〇〇はしてもらいたい」「これをやるから〇〇はお願い」などお互いの希望を擦り合せる機会を作って決めていけば失敗は少なくなります。

彼女の収入が少ないカップルが同棲する場合

同棲をする時点で、彼女に収入がない場合は必然的に男性の支払いが多くなります。ですが、その分彼女は家事全般を担当することが自然な流れです。今の彼女との結婚を意識して、二人の将来を見据えた上で【男性が生活費を負担する】【女性が家事全般をする】という選択するカップルは、逆にお金で揉める事は少ないと言われています。男性は外でしっかりと働き、女性は家の中の事をきちんとする、という昔ながらの家庭のカタチで二人が納得しているなら、それもベストな割り振り方です。

お金の管理はどちらがするのかは分かりませんが、基本的なお金のルールははじめに決めておいた方が良さそう。

【同棲のお金の扱い】2人で使える財布を作る

生活費の中で、毎月変動がない家賃などの固定費を払った後、二人共に収入がある場合は話し合ってきめたお金を生活費として「二人が使える財布」に入れる方法があります。

この中から、共同で使うものの支払いをしてもいいし、食費と日用品だけを出すと言う選択しもあります。電気代などの支払いも変動するのでそれを込みで二人の財布に入れておくことがおすすめです。お小遣い制にしない代わりに一定の金額を生活費として入れることで、同棲中のお金を明確に管理できます。

最近は家計簿アプリもありますので、その財布の収支を毎月つけて管理していくことで、ケンカに発展しにくくなるかもしれません。

【同棲のお金の扱い】決まった固定費を男性が出す

毎月の家賃と光熱費など、【主に決まった固定費を男性が出し、買い物や料理をする機会がある女性が食費と日用品を出す】という役割によって負担する項目を決めることもよくあります。

この方法なら、食材や日用品などを購入した際にいちいち彼からお金を貰わなくてもいいので面倒ではないですし、大きな固定費(家賃)を男性に出してもらっているので、食材と日用品を購入する際のお金は苦にならないという意見もあります。これだと、彼女も節約モチベーションが上がり、買い物などでも節約しようという気持ちになったりもします。カップルによって様々ですが、彼女に家事を任せている分自分が家賃を出す、などの気持ちは彼女にとっても嬉しい思いやりです。

彼のために頑張って料理をしたり家事をするモチベーションも上がり、節約が楽しくなることにもつながります。

家計簿をつけて!

同棲する場合は、家計簿をつけましょう。先ほども言った通り、アプリでレシートを読み込むだけでつけられるような便利な機能がついた家計簿アプリなどもたくさんあり、楽に継続できるものが多いです。

家計簿をつけることで、同棲にかかっているお金の流れが分かります。毎月の全てのお金の流れが知りたいと思う方は、すべてを家計簿に記録してもいいですし、そこまでは面倒だと言うかたは、二人の財布の分だけの家計簿をつけても構わないと思います。

二人のお金を入れた財布をどちらかが持つことになったとしても、中に入っているお金と残ってるお金と家計簿があれば簡単にお金の流れが分かるので、どちらか一人が胸の中でモヤモヤと考える必要がありませんよね!あくまでもお金の流れは明確にしておいた方が揉めるリスクも少なくなります。

同棲中のお金の扱い方はカップル様々

一緒に住むことで、一人暮らしでは経験しなかった不満やストレスが出てくることもありますが、二人で暮らすからこそ経験できる嬉しさや楽しさもあります。同棲したからには、彼女と仲良く暮らしていきたいですよね!まずは、お金の扱いを明確にすることが、ストレスフリーな同棲をする第一歩です。カップルによって同棲の方法もあるように、お金の扱い方も最初からガチガチに決めるのではなく、二人に合った方法をその都度話して改善していけばいいと思います。

一人でいろいろと考えるのではなく、いつでも二人で話し合いをする様に心がけて、楽しい同棲ライフを送ってくださいね。

内容について報告する