サムネイル

ジャンクセックスになってない?女性とのセックスで気をつけたいこと

女性を不幸にするジャンクセックス。身勝手で思いやりのないセックス。大切な彼女が相手であっても、疲れていたりするとついジャンクセックスになってしまっている男性は多いと思います。ジャンクセックスはセックスの満足度を下げてしまっています。男性本位のジャンクセックスで女性を悲しませないための気をつけるポイントをご紹介致します。

  • 更新日:

ジャンクセックスとは?

ジャンクセックスとは、男性本位の射精だけを目的とした、セックスのことを言います。平均20分たらずの愛撫、挿入、射精と、単純でお互いの体を使ったオナニーのようなセックス。

出典 https://blogs.yahoo.co.jp

相手とのセックスを楽しもうとせず、自分だけが気持ちよくなれれば良いという男性本位のセックスのことを【ジャンクセックス】と呼びます。つまり、女性の体を使って1人でしているのと同じことなのです。こう聞くと「ひどい!」と思いますが、案外無意識のうちにジャンクセックスをしてしまっている男性は多いのです。心当たり…ありませんか?

適当にお愛想だけの気持ちのこもっていない前戯をちょろちょろっとした後、まだ十分に女性のセックスへのテンションが上がっていないうちに挿入、女性が全く満足いっていないうちにフィニッシュ。女性からすれば悲しいやら腹立たしいやら…彼への気持ちも冷めてしまいそうになります。しかし優しい男性であっても、お付き合いの期間が長くなってきていたり、仕事で疲れているときなどにはジャンクセックスになりがちなのです。

そうならないために気をつけてもらいたいことを女性の目線からお伝えします!

ジャンクセックスにならないために気をつけること

無意識の中にジャンクセックスをしてしまわないように、男性が気をつけられることをご紹介致します。女性にすることばかりと思いがちですが、女性のセックスの満足度が上がればあなたの印象もセックスもさらにモテ度が上がります。

【基本!】前戯を丁寧に

いくら取り繕っても、気持ちの入っていない前戯というのを女性は敏感に感じ取ります。キスの仕方、服の脱がせ方、愛撫の仕方。最初は丁寧に優しく相手の反応を見ながら女性に尽くしていたことでしょう。それを女性はしっかりと覚えています。なので、手を抜くとすぐに分かってしまいます。

ジャンクセックスにならないためにも、まずは女性がちゃんと気持ちよくなっているのかを気にしながら、丁寧に前戯をすれば、自然と力の入り加減は「ソフト」になります。そして女性の表情や声に出る反応を伺いながら愛をこめて女性に触れていると、女性は必ず気持ちよくなれます。

しかしそんな気持ちの欠片もなくただ自分がイクことだけを考えていると、早く挿入しようと気持ちが急いでいるために、前戯は無造作に撫でまわすだけになったり、反対に激しくて痛いだけの前戯になってしまっています。そんなジャンクセックスにならないように、相手を大切に扱うことを忘れずに丁寧な前戯をお願い致します。

*愛撫は常にソフトに!
*15分以上はイチャイチャして気持ちを高めたい

さっさと1人でイカないこと

「俺、早漏だから仕方ない」という理由は通用しません。イクことが早いとわかっている男性ほど、ちゃんとセックスする気があるときは、早くイってしまわないように丁寧にしているのではないでしょうか。

しかし自分が気持ちよくなることしか頭にない時には、頑張らずにサクッとイッちゃうことが多くはありませんか?そんなことを女性に感じさせてしまうと、女性はすごく虚しい感情に襲われます。男性の気持ちがノッている時は、あれこれといろんな体位を時間をかけて楽しむのに、ジャンクセックスになると1つの体位で男性がイって終了。

ジャンクセックスにならないためには・・

これほど女性が悲しい気持ちになるセックスはありません。もう二度としたくない!とまで思わせてしまっているかも。挿入して男性がイってしまえばセックスは終わってしまいます。女性がイったのを確認してから男性もイクようにしてもらいたいものです。セックスとは2人で楽しむもの。2人共がお互いに心も体も満足してこそのセックスです。是非自分だけではなく女性を満足させる気持ちを忘れずにセックスに挑んで下さい!

セックスがパターン化してしまわないように!

慣れた相手とのセックスは次第にパターン化してしまいがちです。こうしてあれやって挿入してイって終わり、という流れが読めてしまうようなセックスは女性の満足度も感度も低くなってしまいます。イキたいだけのジャンクセックスで良いと思っている男性にはいいかもしれませんが、「セックスを共に楽しみたい、精神的にも満足したい」と思っている女性にとっては消化不良‥。

パターン化されたマンネリセックスは、義務のような退屈なジャンクセックスでしかありません。いつも同じ流れになってしまっているなと気付いたら、いつもと少し違うプレイをしてみたり場所を変えたりして、新鮮さを感じられるセックスにシフトすることがおすすめです。そうすると、お互いに今までと違ったセックスを楽しもうとする意欲に繋がったり、相手の新たな一面を見て更に気持ちも盛り上がったりということにも繋がります。

ジャンクセックスにならないためには、セックスを楽しもうという気持ちが大切!

脱ジャンクセックス!キーワードは”ソフト”と”スロー”

では、ジャンクセックスから脱却して女性に満足してもらえるセックスをするためには、どんな点を気をつければいいのか。ポイントは【ソフト】であること。そして【スロー】なセックスをすること。

男性本位のセックスで気持ちよくないのかと聞かれたら、「気持ちいい」と答えると思います。性感帯を刺激されれば気持ち良いですし、時間は短いにしてもセックスをしたと言う感じは少なくとも受けます。しかし、満足はできなかったと言うこと。つまり、自分の求めているセックスでないから不満が残ったり消化不良になってしまっています。

ソフトに触って欲しい!

そんな女性のセックスへの満足度をあげるには、まずソフトに触ること。前戯でも性感帯を触るときでも、ソフトに時間をかけて触ってもらうと、気持ちも体も感度が高まります。Mな女性だったりすると、強めの刺激がいいという人もいますが、基本的にはソフトに時間をかけて(5分くらい)一定の性感帯を刺激することで、女性の気持ちも感度もセックスをしている感で満たされます。大切なことは、激しさではなくソフトに触り続けることなんです。

スローセックスがしたい!

ただ触って挿れてイク、という流れのセックスではなく、セックスの1つ1つの行為を楽しみながらしたい女性が多いです。リラックスしてイチャイチャすることでエッチな気持ちも盛り上がるし、どんどん自分から大胆になれます。感度も高まるので記憶に残る気持ちいいセックスになります。

準備ができていない状態で彼に合わせてセックスをすることは、嫌な訳ではないですが良い訳でもありません。できればイチャイチャして気持ち的にもセックスモードに入りたいと言うところが女性の本音でもあります。

二人が気持ちよくなれるセックスをするために、是非参考にしてみてくださいね!

ジャンクセックスを回避するには相手への気持ちとセックスへの意欲が大切!

今一度自分のセックスを振り返ってみて、

「ジャンクセックスしてしまっているな」「そういえば終わった後相手の女性がなぜか不機嫌だったな」

という心当たりがある方は、是非セックスに対しての考え方を見直してみてください!相手にも気持ちよくなってもらうということ、セックス自体を楽しもうということ。その2つの気持ちがあれば、男性も女性も悲しいジャンクセックスを味わうことなく、幸せなセックスライフを送れると思います♡

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター