サムネイル

やっぱりウザい。自称「非モテ」な男子にうんざりする時

自分から「非モテ」と言って女の子に近づいてませんか?世間は確かに「草食系男子」という言葉があるくらい、奥手な男性の方がモテることもあります。ただ「ウザい」と感じてしまうくらい非モテをアピールしても女の子にモテません。今回は自称「非モテ」男に対してうんざりする瞬間をお伝えします。こんなことあまりやらないほうがいいですよ。

  • 更新日:

ぜったい嘘でしょ?

「オレ非モテなんだ」と自分から言ってくる男性“自称非モテ男”。信じられないくらいステキな男性だったら、嘘だと思ってしまいますよね。このくらいの嘘ならいいけれど、これは絶対にアウト!という事例を今回はご紹介します。非モテって言っててもこれはなしでしょ?と女の子が感じるパターンをわたしの体験も交えてご紹介します。

自称非モテ男をウザいと感じるとき

1. 女友達が多い

いつも女性と遊んでいるような、女友達が多い男性が「非モテ」と言うと「はい嘘!」と思ってしまいます。女性から慕われて囲まれている光景はそうとしか思えません。本当にモテてることを実感してない鈍感な方なのかもしれませんが…。女友達が多い男性なら、彼女を作ることだって叶いそうですよね。もし当てはまる方は、自分の周りに良い人がいないか、周りにいる女性たちに目を向けてみてください。

2. 彼女が途切れたことがない

「自称非モテ男」によくある「オレ彼女いないんだ」と言っていたのに、翌週には彼女ができているパターンです。結局「なんだモテるじゃん」と女性から思われます。きっとこういう男性は「たくさんの女性から言い寄られること」を“モテる”と言ってるのかもしれませんが、女性からすると「彼女がいる」イコール“非モテではない”ので、なんだか嘘をつかれた気分になります。

3. 髪型や服装を気にしてる

「非モテ」と自分で言っておきながら、周りからファッションセンスを褒められている男性は「自称」がバレてしまいます。素敵なファッションが「非モテ」なんて言っても説得力がありません。こういう男性は「非モテ」発言もファッションの一部なのかもしれませんね。

4. 「好き」と軽く口にする

普段「非モテ」発言しているのに、2人きりになるといきなり「好き」と軽い感じで言ってしまう男も非モテではないことがバレてしまいます。人によっては「嬉しい」と思ってくれる人もいるかもしれませんが、大抵の女性は「なんだ、テクニック持ってるじゃん」とあきれてしまいます。非モテ発言はやめて、自称「チャラい」で通しましょう。

5. 非モテであることを突っ込むと機嫌が悪くなる

自称非モテ発言をしているくせに、他人から「モテないんでしょ」と言われると怒ったり、機嫌が悪くなる男性もウザいです。「え、非モテって言ってたじゃん」となりますし、場の雰囲気も悪くなるのでかなり痛いです。非モテが嫌だったらはじめから言わなきゃいいのに…と思ってしまいます。モテない発言は考えてからしましょう。

6. 間接キスが平気

自称非モテ男のくせに、回し飲みのときなど平気な顔で口をつける人がいます。非モテの男性は間接キスでさえもドキドキして気にするので嘘がバレバレで痛いです。ちょっと意識しちゃうのが非モテ男のかわいいところなのです。そこも考えて行動するようにしたら非モテを演じられるかもしれません。

7. 「オレって魅力ないし…」とネガティブ発言を連発する

自称非モテ男からネガティブな発言を連発されてはたまったものではありません。本当に非モテの男性は非モテ自慢をしないものだと思います。女性から「そんな事ないよ」とか「◯◯君カッコ良いよ」とか励まして欲しいのかもしれませんが、最初はそのネガティブ発言に付き合っても、そのうち「何この男」となって女性が離れていってしまいます。永遠に非モテであることをネガティブに言い続けると、聞いてる方も落ち込むのでやめたほうがよいでしょう。

8. 「好きな人に好かれないんだよね」と言っている

「好きな人にはモテなくて」とある一定の人達からの非モテを自称する男です。いやいや、モテてるじゃん!と突っ込みたくなる女性多数だと思います。「好きな人からモテない」ということは、他の人にはモテるということですもんね。逆に自慢になってしまいますので、それは非モテ宣言しない方が良いと思います。言ったとしても話半分で聞いている女性の方が多いでしょう。

自称非モテは言い過ぎに注意

あまり良い印象がない「非モテ」を自称する男。「◯◯さんってモテますよね」と言われたときに、謙遜で「いやいや全然モテないよ」というのはアリですが、自ら発言する「非モテ」は、女性からしてもその男性を恋愛対象として見れなくなっていきます。本当の非モテ男性に恨まれないためにも、ウザがられる「非モテ」発言は控えおいたほうがいいかもしれませんね。

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめのまとめ

人気のライター