サムネイル

【人妻のセフレの作り方】女性によって違う口説き方とは?

割り切った感情で限られたその時間だけ女性とセックスを楽しみたいなら、人妻とセフレになるのがオススメ。ただし、独身女性と同じように人妻を口説いてはいけません。セフレというただでさえタブーな関係。うまく人妻とセフレになるにはルールがあります。どうしても口説きたい方向けの、人妻のセフレを作る方法、教えちゃいます。

  • 更新日:

人妻のセフレを作るルールとは

絶対に誰にもバレてはいけない。好きな時間に自由に会えるわけじゃない。会える場所も限られている。人妻は独身女性とは違い、既婚者であるがゆえのある意味縛られた環境の中で生活しています。人妻をセフレにするというワードに魅力を感じる男性もいれば、特に興味が湧かない方もいると思います。ただし、共通して言えることは、セフレが欲しいと考えている男性は世の中に溢れていると言うこと。

通常のセフレでは満足できない、人妻セフレが欲しい!と言う方に、人妻とセフレになるにはどうすればいいのか、人妻を口説くときに大切なポイントをご紹介しちゃいます。あくまでも、どうしても欲しい‥と言う方だけです。

人妻をセフレにするための心得

会える時間帯があう人でないとダメ

・旦那様がいない昼間の時間帯しか会えない
・夜は〇時までに帰らないといけない

など、人妻が外に出られる時間帯は限られています。この時間帯にうまく時間があう相手としかセフレにはなれません。フィーリングがあうかどうかも大切ですが、相手が昼間も自由に会える仕事なのか、夜の数時間だけでも会えるような距離に住んでいるかどうかなど、セフレになるにあたって相手の男性が条件が合う相手かどうかは、人妻が最初に気になっているポイントです。

いくらタイプの男性であっても、会えなければセフレ関係が保てないので意味がないからです。出るのが難しい時間帯やタイミングに「会いたい」「ちょっとでも出てこれない?」「今暇?」など、通常のセフレに通用するような誘い方で無理を言ってしまうと、この人とセフレとしての関係を続けるのは無理だなと思い、気持ちが冷めてしまいます。

「無理しないでね」「できるだけスケジュールはあわせるよ~」というのも効果的な方法です。

あくまでも人妻の生活サイクルを崩さず無理をせずに会える相手であるということをアピールすると、「この人なら空いている時間にうまく楽しめそう」とその気になれます。

人妻との秘密を守れる相手であることはセフレ必須条件

口が軽い男性やポロッと言ってはいけない話を喋ってしまうようなタイプの男性は、もし自分とのことを周囲に話してバレてしまったら、と怖くなるので一線を越えることしません。自分が今セフレになろうとしている相手は既婚者であるという意識を忘れずに、絶対に秘密が守れる人間だということを感じさせることが大切です。

他人の噂話をペラペラ話したり、過去の女性との関係を大っぴらに話したりすると、いくらいい感じになった相手であっても、危険を察知した人妻は去って行ってしまいます。口の堅い男だということを人妻の女性に印象づけることが大切です。

セフレだとしても褒め上手であってほしい

独身の頃は道を歩けば声を掛けられ、夜呑みに出れば口説かれていた女性も、結婚して人妻になったと同時にライフスタイルや立場の変化によって、チヤホヤされたり口説かれる機会がグンと減ります。なので、褒められることに飢えている傾向があります。

「可愛い」「綺麗だね」「スタイルいいね」「独身に見えたよ」などと【容姿】を褒められると、久しぶりに男性に褒められる心地よい感覚に心も弾み、案外コロッと落ちちゃう可能性も…。また専業主婦の人妻は、仕事をして何か成果を出し評価されるという機会を失っているので、「家事も大変な仕事だよね」「がんばってるんだね」と現状を認めてあげる褒め方をすると良いです。

セフレにしたいと言う気持ちよりも、その女性そのものを見て褒めてあげることが、「セフレでも一緒にいたい」と思う相手です。

深入りしない関係を保てる相手がいい

先程褒め上手がいいとお伝えしましたが、「可愛いね」はOKでも「愛してる」「ずっと一緒にいたい」などの少し重めの言葉で口説こうとするのはNGです。あくまでもセフレはセックスだけの関係なので、あなたが軽い気持ちでヘビーな言葉を使って人妻が本気になっても危険です。
反対に「この人は家庭を壊してしまいそう」と人妻の方がひいてしまう可能性もあるからです。男性の方が口説こうとしているうちにセフレに対して本気になってしまい、セフレという関係以上のものを求め始めてしまったというケースを何度か目撃しました。その場合、少しでも男性が本気になっちゃったという行動が見られるようになると、途端に関係が壊れてしまっていました。

人妻の日常生活の行動範囲、例えばよく行くスーパーや家族で行くお店や職場のまわりに来るようになったり、家庭の時間だと分かっている時間に我慢できず「会いたい」などとラインを送られると怖くなってしまうのです。冷静な部分をきちんと持っておくことが大切です。

セフレでも疑似恋愛ができるかどうか

「愛してる」は言ってはいけないのに会っている時間限定の恋愛をしている雰囲気を出すことは大事なんです。その時間だけは人妻ではなく1人の女性として大切に扱ってくれていると感じると、限られた自由な時間をそんな男性と過ごしたい、と思えるのです。

いくらセフレであってもやりたいだけ、セックスさせてくれないならいらない、体だけが目的だ、ということをあからさまに出してしまうと人妻もその気になれません。重すぎず、軽すぎず、のバランスをうまく演出できる男性は人妻にモテます。

人妻セフレとは曖昧な関係を楽しむに限る

人妻とセフレ、という関係はどこまでも曖昧な関係。それを男性自身も割り切って楽しめて、相手の人妻にもそんな時間をうまく過ごさせてあげられる男性であることが人妻とセフレになる近道です。どんなに会っている時間が楽しくても、どんなにセックスが盛り上がっても、その関係に答えや結果が出ることはありません。人妻自身がそれを1番分かっています。だけど1人の女性でいられる時間は一時的であっても幸せを感じられる時間なのです。上手に口説いてひとときの甘い時間を一緒に楽しんじゃって下さい。あくまでも、こんな関係にはならないに越したことはありませんが‥。

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめのまとめ

人気のライター