サムネイル

キスマークの付け方・消し方のコツ&キスマークに対する女子の本音

カップルの愛の証と言えば、キスマーク。キスマークは愛するパートナを自分のものだと証明する「しるし」のような役割を持ちます。皆さんはキスマークをつけたことありますか?昔はつけてたけど、年齢と共につけなくなった…なんて方もいるのでは?そこで今回は、キスマークに関するあれこれを一挙ご紹介したいと思います!

  • 更新日:

2人の愛の証♡キスマークについて大公開!

恋人の証とも言える『キスマーク』。愛する彼女を自分のものだと証明するしるしでもあるキスマークは、首や胸元、背中、太ももなどに付けることで独占欲を示すマーキングのような役割を持ちます。愛情の表れだけではなく、浮気予防に付ける方も多いのではないでしょうか。さらにキスマークをつけると体を見るたびに自分を思い出してもらえるので、そのために付けることもあるでしょう。

しかし、中にはキスマークの付け方や消し方を知らない男性もいると思います。そこで今回は、キスマークの付け方や消し方のコツを一挙ご紹介します!さらにキスマークに対して女性が思っている本音も、女性目線からご紹介しちゃいます!一体女性はキスマークに関してどう思っているのでしょうか?ぜひ参考にしてみてくださいね。

キスマークのつけ方は?コツは?

まずはキスマークの付け方をご紹介します。
口はあまり大きく開けず、「う」の口の形に開きましょう。そのままキスマークを付けたい箇所に口をつけ、唇に力を入れて吸い付きます。この時、唇と肌をしっかりと密着させるのがポイントです。密着していないとうまくキスマークが付かなかったり薄くなったりするので注意しましょう。口の中を真空状態にさせるようなイメージで、一気に吸い上げてくださいね。その状態で数秒吸うことで、しっかりとキスマークが付きますよ♡
一回でキスマークを付けるのが難しい場合は、何度か繰り返してこの動作を行いましょう。ちゅっちゅっと数回に分けて吸うとキスマークが濃くなるため、様子を見ながら濃さを調整してくださいね。

ただし強く吸い過ぎないように注意!キスマークは濃くなりますが、女性が痛いと感じてしまっては元も子もありません!

キスマークの消し方は?

次にキスマークの消し方です。キスマークは自然には中々消えないのが難点。ですが、“あること”をすることで薄くすることが可能なんです。

まずキスマークは、皮下の血管が破裂して内出血が起こり、痣になった状態です。正式的には「吸引性皮下出血」と言われ、自然に消すには3日から1週間ほど掛かってしまいます。この内出血を治すには血行を良くする必要があります。

そこでキスマークを消すには、「温める」という行為が最も有効です。患部に蒸しタオル(水で濡らしたタオルを電子レンジで温めたもの)を当てたり、お風呂の中で患部をゆっくりとマッサージをすることで血行を良くします。最低でも15分続けることで、キスマークを薄くすることが出来ます。
またある程度の即効性を求めるのであれば、薬局で購入できる痣消しクリーム「ヘパリンZクリーム」がおすすめです。血行を良くする作用を持つので、患部に塗ってマッサージをしながら揉みこむとで即効性を期待できます。

キスマークをつけられた女性の本音を大公開

以上、キスマークの付け方と消し方をご紹介しました。愛のしるし、是非パートナーに実践してみて下さいね♡

がしかし…。実際にキスマークを付けられた女性は、一体どのような気持ちなのか気になりますよね。嬉しいのか、本当は嫌なのか?
ここからはそんな女性の気になる本音をご紹介します。上の項目を読んでみて、今後キスマークを付けてみようかなと思った方、是非こちらも参考にしてみてくださいね。

ほとんどの女性が嬉しい!

まず、キスマークを付けられることに対しては「嬉しい」と感じる女性がほとんどです。彼氏の独占欲のしるしなので、ふとした時にキスマークを見ると嬉しい気持ちになるという意見が多数。彼が「俺の女だ」という独占欲をキスマークによって表してくれたことが嬉しいんですね。たとえマンネリ化していたとしても、キスマークによって愛情を再確認できちゃうんだとか。

忙しくてなかなかエッチできていないという方は、彼女を心配させないためにも是非キスマークを付けてあげてください。きっと今以上に彼女との愛が深まるはずですよ♡

しかしキスマークを好まない女性も…

キスマークを好む人とは反対に、キスマークを嫌う人もいることを頭に入れておきましょう。嫌う人の多くの理由は、「キスマークを付けられた後の処理」だそうです。他人の目につく場所に付いたキスマークはどうしても“はしたない”という印象を与えてしまうので、会社などで見られないようにごまかす必要があります。

先程ご紹介したようにキスマークを消す方法はあるものの、すぐに完全に消すことは難しいのです…。特に肌の露出が増える夏には、普段見えないような胸元でもキスマークが見えてしまう可能性が…。ファンデーションを塗ったりストールを巻いたりして必死に隠すものの、やはりそれを面倒に感じてしまう女性が多いんです。

キスマークを付ける際には、女性から承諾を得たあとに出来る限り目立たない箇所を選んで付けるのがポイントです。自分の独占欲だけを優先してキスマークを付けるのは控えて下さいね。

キスマークを付けて2人の愛を深めよう!

いかがでしたか?
今回はキスマークの付け方や消し方、さらに女性の本音まで一挙ご紹介しました。キスマークは基本的にどんな女性も付けられて嬉しく感じるものの、付ける場所によっては女性に配慮することが必要です。自分の独占欲を満たすためだけに、独りよがりで付けることのないよう注意しましょう!

お互いの同意のもの、是非キスマークで2人の愛を深めてくださいね♡

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター