サムネイル

正直恋人いらないんじゃない…?カモフレという斬新すぎる男女関係

みなさんは「カモフレ(カモフラージュフレンド)」という言葉をご存知ですか?セフレでもソフレでもない、新ジャンルの関係です。ちょっと理解できない…という方もいるかもしれませんが、今回は話題のカモフレを徹底解説していきたいと思います。興味がある方はぜひ参考にしてみてくださいね。

  • 更新日:

セフレでもソフレでもない「カモフレ」って?

皆さん、「カモフレ」ってご存知ですか?カモフレとは、カモフラージュフレンドと略になります。このカモフレについて、まずは基本的なことから解説していきます。
2016年くらいから、10代・20代の若者を中心に急増した新しい関係がカモフレです。そのときどきに応じて、さまざまな役割を担ってくれる異性のパートナーをカモフレと呼びます。「彼氏は不要!でもひとりぼっちは寂しすぎる」という感情から生まれたのだとか。深い愛情がなくても、恋愛のドキドキを疑似体験できる、ある意味都合の良い関係と言えるかもしれませんね。

その他にも色々な言葉がありますが、セフレは恋愛感情なしにセックスを楽しむ関係、ソフレは体の関係なしで添い寝だけする関係、キスフレはその名の通りキスするだけの関係を意味します。年々さまざまなタイプの男女関係が現れ、これらの言葉はすでに若者から幅広い年齢層に浸透しつつありますよね。

今、カモフレが増えている理由

それでは、なぜ今、カモフレが増えているのでしょうか?
草食男子というワードが流行したように、近年、恋愛に対して消極的な男性や性欲があまりない男性が増えてきています。恋人を作ることにメリットよりデメリットを感じている若者も多いようです。恋人を作るより自分の時間を大事にしたいと考える人も多いかもしれませんね。でも、日常生活の中でドキドキしたり、ときめいたりする感情は欲しいと考える人は多く、恋人に似た関係性を持てる相手を求めたことから、「カモフレ」が生まれたと考えられます。
リアルな恋愛で傷つきたくない、ケンカしたくない、気遣うのは疲れる、束縛関係は怖い…そんな心理が働き、軽い気持ちで関係を築けるカモフレが流行しつつあるのだと思います。

カモフレを何となく理解できましたでしょうか?とは言っても、実際カモフレはどのようなことをする間柄なのかまだモヤモヤされていることと思います。セフレのように明確な線引きがないのがカモフレの大きな特徴ですが、より具体的にカモフレについて見ていきたいと思います。

特徴①デートをする

カモフレの多くは、普通にデートを楽しみます。男女のどちらかが「行きたいところがある」と提案し、それに同意して一緒に遊びに行くことがあるようです。
一見普通のカップルに見えるのがカモフレの特徴。デートスポットに一緒に行って手をつないだり腕を組んだりすることもあり、一人では行きにくいスポットや、二人の方が楽しめる場所へデートに行くのがカモフレです。

恋愛関係を築くときには、相手に気を遣ったり二回目のデートを誘う方法を考えたり、正直気詰まりになることがありますよね。それが恋愛の醍醐味でもあるのですが、今の若者はそれを面倒と感じてしまうのです。気を遣わず、気楽にデートができることが楽しいようですね。

特徴②キスすることも!?

キスフレのように、カモフレでもキスをする関係があります。大好きな人とだけキスをしたいという考えよりは、寂しい夜やデートの帰り際にさらっとキスをして別れるような流れがあるようです。
カモフレを作った後輩にいろいろ聞いたところ、「キスは好きだけど彼が好きなわけではない。彼のキスは気持ち良いのでとりあえずしちゃいます」という新鮮な意見が。「セックスするわけじゃないし、何となく負担も少ないですし」とも。

アラサー女子としては「う~ん」と理解し難いところもありましたが、「酔っぱらって、この人ならいいな♪という相手にキスしちゃう感じにちょっと似ています」という言葉を聞き、ちょっと納得してしまいました(笑)

特徴③家族の一員みたい

女性が彼氏を作るとき、どうしても見栄を張ったり、女子力を上げようと努力したり、背伸びして無理をすることがあります。でも、カモフレが相手ならそんな無理をする必要がなく、自然体の自分を見せられるというメリットがあるのです。
まるで家族の一員になったかのような感覚に近いのがカモフレ。人によってはスッピンOK、ジャージOKなんて女性もいるそう。飾る必要がないから、メイクやボディケアなどに無駄に時間を使うこともない。ありのままの自分を受け入れてくれるカモフレが見つかれば、彼氏がいなくても満足できるという女性が増えているようですね。

特徴④困ったときに頼れる!

カモフレの名前通り、困ったときに彼氏のフリをしてもらえるメリットがあるのも、カモフレの特徴です。男性目線で言えば、彼女のフリをしてもらいたいときに良い意味で利用することができます。カモフレを持つ女性と男性の知人に、それぞれのカモフレ活用術を聞いたところ、こんなときに便利なのだそう。

・飲み会のゲーム(ハグやチュー)を断る理由にする
・面倒な合コンの誘いを断る口実になる
・若干ストーカー化しそうな人の撃退に有効

などなど、さまざまな困ったシーンに使えるのがカモフレだそうです。20代後半の女友達は、親に「結婚、結婚」とうるさく言われて面倒だったため、「彼氏います」とカモフレを紹介して静かにさせたそうです(笑)そしてしばらく経ったら適当な理由を付けて別れたことにすると言っていました。

私はこの話を聞いて、飲み会や同僚、家族にもカモフレが使えるのか!と、カモフレとは便利なものなのだと感じました。お互いにカモフラージュすることで、Win-Winの関係を築けますよね。

カモフレにはこんなメリットが

カモフレのい良いところは、二人でルールを決めて関係をキープできるところだと思います。ボディタッチは一切なし!という条件があれば、手をつないだりキスをしたりすることは一切ありません。男女間の友情の延長線上にカモフレがあると言えるでしょう。そして、二人でお互いに必要なときにカレカノのフリをすることで、あらゆる危機を回避することもできます。
恋愛感情はなくても、愛情に近い情を持った関係性とも言えるかもしれませんね。

人間として好きな異性となら、カモフレ関係を続けて楽しく過ごすのもアリなのでは…?と個人的に思いました。

恋愛のトラウマをカモフレでリハビリできる

「本当はリアルな恋愛をしたい」という人の中にも、実はカモフレを作る人がいます。その理由の多くは、恋愛をして傷つき、トラウマになって前に進めない…というもの。つまり、本当は現実の彼氏彼女を作りたくても、怖くて行動できないということなのでしょう。
そういう人の場合は、カモフレを作ってリハビリするのもアリだと思います。恋愛中に経験してきたことをそのまま疑似体験していき、本当の恋愛を始める練習にすることも良いのではないでしょうか。

将来結婚を考えているなら、カモフレ関係を永久的に続けることは難しいでしょう。若いうちだから許されることもあると思います。将来にどんなビジョンを持っているかで、カモフレを作るかどうかをゆっくり決めてみるといいかもしれませんね。

「カモフレ」も「リアル」も、どちらもメリット・デメリットはあるもの

今流行りの「カモフレ」について解説してきましたが、いかがだったでしょうか。
お互いの都合に合わせて主従関係なく、お互い平等な立場でいられるカモフレはある意味理想的な関係な気もします。リアルな恋愛もカモフレ関係も、どちらにもメリット・デメリットがあるもの。どちらがいいかは、自分の状況や未来予想図に任せてみてはいかがでしょうか。

仕事が大事で本格的な恋愛をする時間がない、もったいないと考えている男性は、一度カモフレを作ってみても良いかもしれませんね。

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター