サムネイル

【略奪愛】どうしても好き‥彼がいる女性を略奪して付き合う方法

彼がいる女性をうっかり好きになってしまった…ということ、ありますか?諦めがつくくらいの気持ちならよかったけれど、どうしても彼女への気持ちが止められない、という方は自分をアピールして彼女に振り向いてもらう必要があります。半端な気持ちNG!どうしても好きな場合に女性を振り向かせて略奪愛を成功させる方法をご紹介いたします。

  • 更新日:

ダメなのに止められない略奪愛・・

略奪愛って辛いことも多いですよね。ライバルがいるから余計に燃えてしまっているのか、出会うタイミングがずれていただけで本当に運命の相手だから惹かれているのか。どちらにせよ、気付いた頃にはどっぷりとはまっちゃっていた、もう引き下がれない、という略奪愛の入り口に入ってしまったあなたに、略奪愛が成就する方法を順を追ってお伝え致します。

人の幸せを壊しかねないことでもありますので、本当に彼女が好きで諦められない!自分が今の相手よりも必ず幸せにする!と言う強い覚悟がある方だけでお願いいたします。

彼女の良き相談相手になる

略奪愛を成功させるためのステップとして、まずは女性の「良き相談相手」という存在になって下さい。「恋愛や仕事の相談をしていたらいつのまにか好きになっちゃってた」という話、本当によくあります。誰しも大小関わらずひとつやふたつ悩み事があるものです。その女性の悩みの聞き役・相談相手になり、自分は彼女の「一番の理解者」であることを女性に感じさせるのです。

悩みを共有してくれている、そしてそれを親身に聞いてくれる、という相手は自分の中でも「特別な存在」になります。ただし、あくまでも話を聞いて共感する、ということだけに徹して下さい。そして時々優しい口調でやんわりとアドバイスするのが効果的です。

女性の悩みをバッサリ斬ってしまったり、ズバリ!な意見を言い過ぎて傷つけたりしてはいけません。それでは「理解者」という存在にはなりません。

そして、その相談内容が彼との恋愛相談であればラッキーです。彼への不満や、うまくいっていないと分かる内容であれば、自分は彼とは違って女性にもっとこういうふうにしてあげられる、という面をアピールできるからです。かといって彼自体を否定したり一緒になって不満に同調するのは絶対にNGです。

人の悪口を言う男性には魅力を感じません。彼を否定して自分を上げるのではなく「彼はそういう考えなんだね~僕はこういう考えだな~」という感じの言い方を要所要所に挟むと「今の彼よりもこの人の方があいそう」と彼女に思わせられます。

ときめき+安心感が略奪愛のカギ

ときめかせる

女性は胸がキュン♡とするようなときめきに弱い生き物です。付き合っている彼とはだんだんときめきが薄れていきます。彼にはないあなたの強みはここにあります。新鮮な相手なので、彼よりもときめかせられるシチュエーションを作りやすいからです。

上に書いたように「理解者」であるという部分に付け加えて「ときめきをくれる相手」でもある、となるとかなりポイントは高く、女性の心も揺れに揺れまくることと思います。そして、ときめかせる方法は相手の女性と彼との現状をリサーチする必要があります。彼とはしていないような内容のデートに誘ったり、その女性の恋愛観や性格からこういうことを言ったりしたりすればときめくだろう、ということをしてドキドキさせて下さい。

略奪愛を成功させるためには、彼女を自分に恋させなければいけません!

安心感も与える

理解して、ときめかせて気を引くことに成功したとしても、女性はふと考えます。

「これって一時的な感情なのかな?結局彼といる方が落ち着くのかな?」

と。

なので、自分はときめきだけではない、安心感も与えられる相手なんだ、ということを同時にアピールすることが彼から略奪するにはとても大切です。女性に安心感を与えるには、①いつもいつも頑張りすぎないこと、②気を使い過ぎないこと、が大事です。ガツガツ頑張りすぎたり、気を使われすぎると女性はリラックスできません。ときめきばかりではなく、なんかこの人といると落ち着くな~という時間を作ることも大切です。そのバランスが重要です。

いつも彼女を「口説き落とそう」と頑張るばかりではなく、時には気を抜いた素の自分も見せて下さい。そうすると女性もあなたの前で素でいれるようになるので、彼との間にある「安心感」の部分はあなたにもあるんだと思わせられます。そうなると、ときめきも安心感も両方あって尚且つ自分の理解者である男性、となります。ここまでなれれば略奪まであと一押しです。

告白して、いつまでも側にいないということを伝える

ここにくるまでの間に、言葉にはしていなくてもあなたの気持ちは十分女性に伝わっています。そして最終、今の彼と現状維持か、それともあなたの方へ行くのか、「選べる」という余裕が女性の中にあります。そこでその余裕を奪ってしまうことが略奪成功への道です。

彼がいながらあなたともここまできた、でもまだ彼とは別れていないということは、ある意味あなたが都合の良い存在になっているかもしれません。女性がかなり揺れているなと分かるくらいの状態になったら、ハッキリと告白して下さい。「彼と別れて僕と付き合ってほしい」と。それですぐにYESの返事がもらえれば万々歳ですが、まだ迷っている、すぐに答えを出せそうにない、というニュアンスの返事が返ってきたなら、

「好きだからこそ彼がいる状態の〇〇ちゃんと会うのがこれ以上続くと辛い。これで最後にするからちゃんと考えてほしい」

という気持ちをハッキリと伝えて下さい。
いつまでも自分のことを好きでいてくれる都合の良い男性、だと女性に思われてはいけません。相手が優しいうちはどうしても甘えてしまうんです…。本当に彼女への思いが真剣ならば尚更、最後にとどめをさして下さい。当たり前に自分に好意を持ち続けてくれていると勝手に思い込んでた男性に、急に背を向けられそうだと感じた女性は焦るでしょう。その焦った気持ち=「え?私って〇△君のことこんなに好きになってたんだ」という感情になります。そうなればもうこちらのものです。女性はあなたがいなければダメだという状態になっているので、きっと彼と別れてあなたの元に来るはずです。

好きな彼女を略奪するには忍耐強くコツコツ頑張る

好きな女性が自分と会っていない時間、彼と会って何をしているのか、なんて考えるのは辛いですよね。でも、彼がいる女性を好きになってしまった以上、そういうことに耐える忍耐強さは必要です。そして焦って最初からガツガツいっても彼がいる女性は引いてしまいます。

なので長期戦で少しずつ女性の気持ちをこちらに向かせることが確実な方法です。そして略奪したという形で付き合うことになったら、当分はあなたの比較対象に「元カレ」という存在が付きまとうことになります。「やっぱり彼の方が良かった」と思われないように「釣った魚には餌をやり続ける」ということもお忘れなく…!

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター