サムネイル

センスなさすぎ!彼女ががっかりする待ち合わせの指定場所

彼女とのデート。気を抜いてはいけないのが待ち合わせ場所。女性が「なぜこの場所で待ち合わせ?」と感じてしまうようなセンスのない場所での待ち合わせでは、その後のデートは台無しとまでは行かなくても、彼女のなかでなんか引っかかるデートになります。今回は、男性が選びがちな「センスなさすぎ!」な待ち合わせ指定場所をご紹介します。

  • 更新日:

エスコートは待ち合わせ場所から

デートは、待ち合わせ場所で出会ってから始まると思っていませんか?でも、女性のドキドキが高まっているのは待ち合わせの時から!

「化粧乱れていないかな。」「服装変じゃなかったかな。」

と最高にドキドキしつつ、この後のデートのことを想像しながらあなたのことを待っています。でも、待ち合わせ場所がドキドキどころか、(なんでここ?といった)気分が盛り下がってしまうよう待ち合わせ場所だったら…?きっと2回目のデートへの期待も薄まりそうです。

あなたのエスコートは待ち合わせ場所からはじまっているといっても過言ではありません。

今回は、実際にセンスがなさすぎ!な待ち合わせ場所を4つご紹介します♪

NG待ち合わせ場所①お店に直接

「19時に○○というお店で予約しているから。」

そんな連絡を彼女にしているあなたは要注意!。確かに、お店での待ち合わせは、待ち合わせ場所で彼女を見つける手間は省けるかもしれません。でも、彼女からしてみたら、

初めて行く場所は緊張するし、一人で行くのは心細い。

駅から迷子になってしまうかもしれないし、お店のドアだってあけるのも緊張する。ましてや、お店に先についてしまったら、一人ぼっちであなたを待つという辛い時間を過ごすことになってしまいます。効率的だからといって、行ったこともないお店に彼女ひとりで待たせる可能性がある待ち合わせはセンスなさすぎます。

センスなさすぎ②人混みの多い場所

駅構内や若者が集まる場所、観光スポット等・・・人混みの多い場所での待ち合わせ。あなたと彼女はお互いを探すために、携帯片手にキョロキョロ。こんな状態では、ときめきなんてあったものではありません。なかなか会わずに、知らない人に声をかけそうになってしまったり、いろんな人の顔をチェックをしなくてはいけなかったり。

ひとり突っ立てると通行人の邪魔になりますし…

ましてや、人が多いということは知り合いに会う可能性も・・・。会社の上司や同僚に見つかった日には、気まづくて仕方ありませんよね。人ごみが多い場所は、スムーズに出会えない可能性や誰かに見られるリスクがあります。そのため、こちらも避けた方が良い待ち合わせ場所といえるでしょう。

センスなさすぎ③ ファミレスやチェーンのカフェ

駅から程よく近い場所にあるファミレスやチェーンのカフェ。確かに迷子にもならないし、わかりやすい待ち合わせ場所ではあると思います。また、次の予定までお店で会話がてら時間をつぶすことも出来ます。でも、そう思っているのはあなただけ。彼女からしてみたら、

そんなに、安い女なの?

という気持ちになってしまうことは間違いありません。
ファミレスやチェーンのカフェは、若者や家族がたくさんいる場所。わかりやすい場所とはいえ、大人がデートをする場所としては適していません。ましてや、土日はかなり混雑してしまう場所。席に座るまで時間がかかる可能性もあります。彼女に席取りを頼む気ですか?

待ち合わせ場所だから・・・という軽い気持ちで、ファミレスやチェーンのカフェを選んでるとしたら、センスなさすぎます!デートとはどんなシーンであっても、少し現実とは違う空間を作りだすことが大事ですよ。

センスなさすぎ④ 屋根のないところ

人通りも少なく、駅からも近い、そしてわかりやすい場所。完璧な待ち合わせ場所と思っているあなた。上を見上げてみてください。

そこには暑さをしのぐ屋根や風をさえぎる壁がありますか?

屋外で屋根がない場所ということは、彼女はあなたを待っている間、ずっと外にいるということになります。天気がいい日であれば、ずっと紫外線を浴びてまっていることになりますし、雨が降った日にはぬれてしまう可能性もある。暑い日であれば、汗だくになる可能性もあるし、寒い日であれば、体が冷え切ってしまう可能性だってあるんです。

屋根や壁がないところも避けた方がよいセンスがない待ち合わせ場所といえるでしょう。

デートは導入からスムーズに

センスなさすぎ!な待ち合わせ場所。あなたは思い当たるような行動をしてしまっていませんか?待ち合わせはデートのはじまり。ここがうまくいけば、つかみはOKなはず。だからこそ、待ち合わせ場所にもこだわってほしいのです。

たかが待ち合わせ場所・・・なんて思うことは厳禁。待ち合わせ場所から、あなたの評価につながっていることを忘れないでくださいね。

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター