サムネイル

【完璧な女性の褒め方】ネイル・髪型・ファッション編

「褒め上手」はモテる男のたしなみ。自然と女性を褒めることができる男性はモテます。とはいえ、自然に女性を褒めるなんて、照れくさくて恥ずかしくて難しい…なんて方も多いのでは?特に外見は内面を褒めるよりも難しく、女性を不愉快にさせてしまうなんてことも。今回は完璧な女性の外見の褒め方についてお伝えしちゃいます♪

  • 更新日:

女性は褒められたい生き物、男性は気づかない生き物

褒められるのが嫌いなんて女性はどこにもいません。むしろ、女性は褒められるのが大好き!自分を認めてもらえた気がして、照れくさそうにしていたとしても、内心は嬉しくてドキドキしているはずです。そして、褒めてくれた相手に少なからず好意を抱く女性は多いはずです。

特にネイル・髪型・ファッションに関しては、女性各々のこだわりが反映されやすい場所であり、こう見られたいという理想に向かって、一番努力している部位。そして女性が一番お金と時間をかけている場所ですので、ここを褒めることができると女性のあなたへの評価は確実に上がります。

にも関わらず、男性は女性の外見の変化になかなか気づかない生き物。髪型を10センチきろうが、髪の色を変えようが、かわいいネイルにしようが、新しい服を着ようが、それに対して気づかず、ノーリアクションという男性は多く、女性からすると「私に興味がないんだろうな。」と感じずにはいられません。

女性を褒めるには、まずは女性の変化に敏感になることがとても大事です。

女性のネイルの褒め方

男性でネイルをする方はいませんし、ネイルそのものに興味がない男性は多いのではないでしょうか?そのため、女性のネイルを褒めるのは難易度が高いといえるでしょう。「手がきれいですね。」「似合っていますね。」だけでは、インパクトには残らず、お決まりの言葉過ぎますし、ただ褒めているだけという印象がぬぐい切れません。

ネイルを褒めるポイントはデザインに注目すること!女性が好んでするのが季節限定のデザイン。冬は雪の結晶だったり、バレンタインはハートマークだったり、夏は海をイメージさせるデザインだったり…と、季節に応じたデザインにこだわったネイルをしている女性は多いです。

そのため、「そのネイル可愛いね。今の季節にピッタリだし。雪の結晶だよね?すごい似合ってる。」と、さりげなく女性がこだわったデザインを伝えることができれば、細かいこだわりに気づいてくれる男性だなという印象を与えられます。

また季節限定のデザインではなかったとしても、流行りに応じた色だったり、またその彼女が好んでいるデザインだったりするはずです。ネイルを褒める時に大事なのは、彼女のこだわりを見つけて褒めること。それが出来ればあなたの男性としての魅力はグッとあがるはずです!

女性の髪形の褒め方

また、ネイルと同じくらいほめるのが難しいのが髪型。女性の髪形の変化というのは、男性がなかなか気づかないところ。ロングからショート、黒髪から金髪だったらすぐに分かると思いますが、ほとんどの女性は、よっぽどのことがない限り、バッサリ髪を切ることもないし、髪の色も大幅に変えるなんてこともありません。

髪型で重要なのは、具体的な褒め方をしないこと。「あれ?なんか雰囲気かわった?可愛くなった気がする。」少しずるいですがこれが一番効果的です(笑)髪をきった女性であれば髪を切ったと伝えてくれるはずですし、万が一、髪を切っていなくても、髪のセットをこだわっている場合もありますし、なんか最近魅力的になったよ?なんて発言でごまかせます。

ネイルと違って、髪型は具体的に褒めると「そこじゃない部分」だったりして失敗するケースが多いです。そのため、雰囲気を褒めることを心掛けましょう。

女性のファッションの褒め方

女性はファッションに対しては一番時間を費やす生き物。なかにはデートの前日は明日着ていく服を決めるためにファッションショーを何時間もしていますし、服装が決まらなくてデートの時間に遅れてしまうなんて女性もいるくらいです。

自分に一番似合う服装は何か。どうやったらスタイルが良く見える着こなしができるか。毎日着るものだからこそ、努力をしている女性は自分の魅力を一番引き出してくれるかということを常日頃考えているはずです。

そんなこだわりをもった服装だからこそ、ここは純粋に「可愛い」「綺麗」と伝えてあげることが正解!

「今日のファッションすごく可愛い。○○ちゃんに似合っている。」「いつもと雰囲気が違うからドキドキした。」と素直に伝えてあげることが良いのではないでしょうか?

女性も可愛くみられたい、美しくみられたいという願望でファッションに力を入れているはずです。だからこそファッションセンスを褒めるのではなく、ドキドキする。可愛く見える。といつもとの変化を褒めるということが重要ですよ♪

ありがち!NGな褒め方

あなたにとってもは褒めているつもりでも女性を不機嫌にさせてしまう褒め方があります。

まず、金銭面に触れること。女性は魅力的に見てもらいたくて頑張っているわけで、お金持ちに見られたくて頑張っているわけではありません。「その服高そうだね!」「月いくらかかっているの?」は、女性からしてみたら愚問。金銭面に触れることは褒め言葉ではありません。

また「若がえったね」「幼くなった」も禁物。女性からしてみたら「普段はどう見えてるんだ?」と疑いかねない一言です。そもそも女性はいつまでも若くいたいと思う生き物。そのため「老い」というものには敏感です。あなたにとっては、褒め言葉かもしれませんが、誤解を与えかねない表現なので気をつけましょう。

さらに「セクシーだね。」「色気がすごいよ。」もNG。体目当ての男性とおもわれてしまう発言ですし、一歩間違えばセクハラです(笑)せっかく勇気を出して褒めたのに、相手を不快な気分にさせては元も子もありません。褒め方には気をつけましょうね。

褒めるときは堂々と自信をもって褒めること

男性が褒める時にありがちなのが、照れくさそうに言ったり、おどおどしていったり、目を合わさなかったりと、何か自信がなさそうにしているということ。せっかく素敵に褒めているにも関わらず、それでは女性には伝わりません。褒めるときは堂々と自信をもって女性に伝えること。そのほうが女性の心に響きドキドキしてもらえますよ♡同じ褒めるなら堂々といきましょう!

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター