サムネイル

彼女への嫉妬が止まらない…大人の男性として余裕を見せる振る舞い方

彼女の事が大好きだからこそ嫉妬してしまう。けど本当はそんな嫉妬したくないし、ましてや嫉妬を表になんて出したくないと悩んでいる方はいませんか?嫉妬心を上手に抑えて大人の対応を磨きませんか?あなたの大切な彼女に「この人口うるさいな」なんて思われないように、対処方や心構えをここで学んでおきましょう!

  • 更新日:

度が過ぎる嫉妬はタブー

大好きな彼女だからこそ嫉妬心が抑えられない…そんな悩みを抱えている男性は多いと思います。彼女が他の男性と話しているのも気になってしまう。飲み会に男がいるのだって気になる。今携帯いじってるけど、一体どんな人と連絡取り合っているのだろうか。などなど、嫉妬心が強い人はあらゆることに対して嫉妬心が芽生えてしまいますよね。もういい大人だし、出来れば嫉妬なんてしたくない。余裕で構えていたい。そう思いませんか?

しかし、どうしたら嫉妬心は抑えられるのでしょうか…?

ちょっとしたヤキモチなら二人の仲のスパイスになりますが、度が過ぎる嫉妬は二人の仲を壊してしまう可能性があります。今回は、気持ちの中で燃え上がってしまう嫉妬心の対処法をお教えしたいと思います。

対処法①彼女の性格を知ってあげる

付き合っていく上で、自分の彼女の性格やタイプを知ってあげる事はとても重要な事です。
例えば、彼女がとても社交的で誰とても仲よくなってしまうタイプだとすれば、男友達も多くなってしまう可能性は十分ありますよね。異性と一緒にいる姿をよく見るあなたはどうしても彼女のことが心配になってしまいますが、もともと彼女の性格がそうであったのであれば、彼女の人格と言うものを尊重してあげると少しでも嫉妬心を抑える事ができるようになります。
勿論、それによって全てを我慢しているとストレスがたまってしまい、結局すれ違ってしまうので、きちんと彼女に「本当は心配しているんだよ」と言う事を伝えたうえで、彼女と言う人間を尊重してあげたいという気持ちを伝えるようにしましょう。

それでも心配な場合は、いくら友達でも1対1で遊んだり、番号を簡単に交換するのはしてほしくないと、自分の気持ちを伝えてみるのもいいでしょう。やみくもに「誰とも会うな、口をきくな」と言ってしまうより彼女も納得しやすいと思いますよ。

対処法②自分に自信を持つ事が大事

嫉妬の中には「どうせ自分なんて…」と卑下してしまう劣等感のかたまりが隠されています。格好が良くないから、スタイルが悪いからと、自分自身の劣等感を斜め角度から見ることも大切ですが、あまりに気にしていたら、あなたを選んで付き合っている彼女もうんざりしてしまいます。世の中に男性は沢山いますが、彼女はその中であなたを選んで付き合っているということをお忘れなく。

出来るだけ自分自身の良い所を見つけて自信を持ちましょう。そうする事で気持ちの中に余裕が持てるようになり、余裕が出てくる事によって彼女を信じる事が出来るようになり、そして結果として強い嫉妬心に襲われることが減ってくるようになるのです。

対処法③彼女が飲み会なら自分も飲み会に

社会人になるとお付き合いと言うものが出てきますよね。学生の時みたいに「今日はパス」なんて事はなかなか通用しなくなってくるので大変です。会社には色んな人がいて、男性社員の数も多いですから、彼女から「今日は日頃から仲のいい同僚達と飲みにいく」なんて聞くと浮気してしまうんじゃないかと心配になり、嫉妬心が大きくなってしまいますよね。

だからと言って飲み会に行くことをやみくもに反対してはいけません。彼氏から行くなと言われたら、自分は信用されてないんだと思ってしまいます。そんな時は「行ってもかまわないけど心配だから途中で連絡入れてくれると安心する」などと、信用してないのではなく、心配しているんだと言うことをきちんと分からせてあげましょう。

そして、飲み会に行くことに嫉妬を感じてしまうのなら、あなたも飲み会に行けば良いのです。相手と同じことをすると自然と気が紛れるものですよ。家に一人でいるよりも外で気を紛らわし、彼女と帰りの時間を大体の目安で約束しておき、その時間に帰るなり迎えに行くなりする。ただし、約束の時間まではしつこく連絡をしないことが鉄則です。面倒臭い彼氏にならないためにもこれはしっかりと守ってくださいね。

④自分自身の生活を充実させる

彼女の事しか見えなくなると、どうしても嫉妬心ばかりが加速してしまいます。そんな事にならないようにするためにも、自分の世界を持つ事はとても大事なことなのです。
先にも述べましたが、彼女が飲みに行くときは、自分も仲のいい友人達と飲みに行ったり、趣味を見つけて一人でも楽しめる時間を持ってみたり、自分の時間を最大限に楽しむために視野を広げてみると、彼女への気持ちは変わらないまま世界が広がるので嫉妬心を強く感じる事がなくなります。

彼女との時間を大切にする事は勿論大切な事ですが、自分自身の時間を持つ事は二人の仲を長く続けるにとってとても大事な事なんだと思います。

嫉妬はNG!ヤキモチはOK!

お付き合いをする中で、ヤキモチを妬くことは悪いことではありません。彼女のタイプによっては、嫉妬されないことで「私の彼氏はちっともヤキモチを妬いてくれないし、きっと愛されていない」と感じる場合も。ヤキモチを妬くことは、二人の仲にスパイスをいれるようなもので、少量なら全然問題ないのです。

ただそれが度を過ぎるとヤキモチではなく嫉妬に変わるので、彼女の負担になってしまうのです。ヤキモチはほどほどが大事だということを念頭に置いて、大好きな彼女と末長くお付き合いしていってくださいね♡

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター