サムネイル

婚活で女性が男性に望むことって?年収に対する女子の価値観

婚活には色んな形がありますが、女性は結婚相手の男性の年収に対してどんな価値観を持っているのか気になりますよね。お金だけではなくちゃんと自分自身を見てくれる人が良いと思ってしまうのは当然ですが、実際のところ女性がどんな価値観を持っているのか気になりませんか?今回こちらで検証していきたいと思います!

  • 更新日:

婚活において年収への価値観とは

婚活をするにあたって、やはり結婚相手のポイントとなるのが男性の年収ですよね。全く気にならない!なんて女性は正直いないと思います。今回は、女性が男性の年収に対してどんな事を望んでいるのかを検証していきたいと思います。

婚活にあたって決して年収が全てではないですが、是非「女性の中にはこんな意見もあるのか」と参考にしてみてくださいね。

①年収300万台では結婚できない!?

年収300万程の男性は、確かに婚活において不利な状況には間違いありません。ですが、年収が低くても女性と結ばれるチャンスはあるのです。

結婚後も働きたい女性となら可能性あり!

一昔前までは女性は結婚すると専業主婦になるのが当たり前の時代でしたが、今の時代は結婚後も働いてキャリアを積みたい女性は本当に沢山います。そして共働きは当たり前の時代なのです。
なので、男性の方が収入が低くても二人の分を合算すれば問題ないと言う女性なら、男性の収入が300万円台でもかまわないと言うわけです。
しかしその際、次に女性が気にするのは貯金額です。収入が少なくても貯金が出来ている男性は経済観念がある人だと見てくれるのです。ちなみに貯金額は500万程度あるのが理想のようです。

低年収でも貯蓄があればOK!

年収が低くても、貯蓄が500万円程ある男性は婚活相手として合格ラインに届いている可能性があります。年収が低い中でも貯金が出来ると言う事は、先の将来を見ても生活が安定しているイメージが持てるからです。将来子供が出来たとしても臨機応変に対応が出来る頼もしい面が予想できるというわけです。

ただしこれは結婚費用とは別です。貯金をしているけれど披露宴をした後スッカラカンになってしまった…なんて状態は避けたい思いがあるようです。

その他にも

年齢がまだ若いなら将来性も期待できるので、婚活のお相手としてまだ可能性が見込めます。
その他にも公務員など、生活面が安定を見込める職業に就いているなら年収が低くても良いと言う女性もいます。上場企業に勤めている方も倒産する可能性が低いのでOKと言う女性もいますよ。

年収1000万だったらオールオッケー?

婚活している女性にとって年収1000万の男性は確かに魅力的に映ります。でも年収さえ良ければ後は何でもいいの?と言われるとそうでもないのです。年収が高い分、女性は色んな所に目を付けています。

貯金はあるの?

年収1000万と言えば日本でも上位クラスの収入になりますが、貯金額が少なかったり、もしくは全くない状態の男性では結婚後の生活がとても不安に思えます。
年収があるにもかかわらず貯金が少ないということは、イコールお金に対してだらしがないという事に繋がるわけです。「お金ならいくらでも稼いでるからいくら遣っても大丈夫」なんて考えでは、これから家族が増えたときに家計が行きづまることは目にみえています。そして浪費癖はなかなか治らない癖なので、こういう考えの男性は女性の中でちょっと待ったがかかります。

ゆくゆくは安定…?

婚活の場で話していると、確かに現在の収入は1000万円に及ばないけれど、順調に出世すればそれも夢じゃないと言う男性や、企業することを考えている男性がたまにいます。もしくは、将来跡取りと決まっている男性なども。今すぐは無理だけれど、将来を見据えるとアリだという男性も沢山います。

年収が高ければ、それだけ仕事が大変…

年収が多いということはその分責任が大きかったり、日常の業務が激務だったりとストレスが溜まりやすい状況である事も少なくありません。大変な仕事ならストレスは多いだろうし、夫婦生活上手くいくかな?なんて不安を感じる人もいます。
「そんな大変な仕事だからこそしっかりと支えてあげなきゃ!」と言う女性なら、このタイプの男性との結婚には前向きでしょう。

年収が少なくても、他でカバーする

確かに年収はとても重要なポイントになりますが、婚活するにあたって年収が全てというわけではありません。これから一生過ごすにあたって、性格などの相性もとても重要になってきます。むしろ年収は現在の話であって、結婚をすれば一生の間にいろいろな事があるわけです。その時、苦楽を一緒に乗り越えられるかどうかと言う事がとても大事だという事も女性はちゃんと分かっています。

なので、年収が少なくても「この人となら乗り越えられる」と思ったり、年収が高くても「この人は、苦労しそうだ」と思われる事もあるわけです。

そんな事を色々と想定した上で、女性は結婚相手を選んでいるんだという事を念頭に置いておくようにしましょう。

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター