サムネイル

衝撃!日本のカップルのセックス頻度とレスを回避する方法

世界に比べてセックスの頻度が低いといわれる日本。日本人カップルのセックス平均頻度と、セックスレス回避の方法とは?男性も女性も心を開放できるセックスの方法をご紹介します。セックスレス気味だと感じたり、彼女といつまでもセックスをしていきたいと考えている男性の皆さんが即実践できる方法なので、ぜひ参考にして下さいね。

  • 更新日:

セックスの頻度、平均回数は月に2回!

皆さんはパートナーと月にどのくらいの頻度でセックスをしていますか?

相模ゴム工業株式会社の調査で、パートナーがいる男女に対して「1ヶ月のセックスの回数(頻度)は?」という質問をしたところ、全体の平均回数は 2.1回という結果に!

年代別では20代が4回と一番頻度が高く、30代が2.6回、40代が1.7回、50代が1.3回、60代が0.9回となりました。年代ごとにセックスの頻度は徐々に減っていく傾向に。

さらに、Durex社が2005年に発表した、先進国を中心とした41か国別のセックス頻度調査では、日本人は最下位の結果になったそう。関係性が慣れてくるにつれて、セックスレスの問題も起こります…。

そこで今回は、カップルで愛があるセックスを続けるための方法をご紹介します。

セックス頻度と年齢の関係

一般的に見ても、年齢を重ねるごとにパートナーや彼女とセックスをする頻度は減少傾向にあります。理由としては、男性側では体力的な問題が大きく、セックスをしたい欲求はあってもできないということもありますよね。また、結婚をしたカップルは、交際時よりもセックス頻度が低くなります。結婚や妊娠ということがきっかけでセックスに対しての考え方が変わってしまうことが多いのは、日本人によく見受けられる傾向です。

年齢別でも、年齢が上がるとエッチの頻度が減るという統計がありますが、やはり家庭や仕事が抱える問題も関係がありそう。30代ぐらいのカップルでは、仕事も忙しく、帰って家事もするというようなハードなスケジュールの中で、セックスをするまでに至らないケースが多いそう。確かに、疲れていたりするとセックスをすることが面倒という悲しい結論に至るケースもあります。

体力面では年齢に逆らえないものですが、セックスをすること自体を面倒と思うことは避けていきたいですよね。

男女の理想のセックス頻度ってどれくらい?

では、男女では理想のセックス頻度に違いがあるのでしょうか?

やはりここは男性の方が多めで、週に2回という意見が多数です。年齢にもよりますが、20代〜30代の男性は週1〜2回のペースで彼女とセックスをするのが理想だそう。働き盛りの男性なので、平日というよりは、2人でゆっくり過ごせる週末にセックスをしたいと考えている方が多いのが特徴です。確かに、平日の睡眠時間を削ってするよりも、2人で時間をかけてできた方が女性にとっても嬉しいです。

一方女性ですが、男性に比べるとやや控えめなセックス頻度。週に1回くらいが理想で、毎日セックスをしたいと思っている女性は男性の半分以下です。もともとの性欲が男性に比べて少ないことや、休日を自分のことに使いたいと考えている女性ほど、セックスの頻度や重要性にこだわりを持たない傾向があります。

性別が異なる分、男女でのセックス頻度への認識は異なりますが、大切なのはコミュニケーション。独りよがりにならず、彼女やパートナーと話し合ってみるのがいいかもしれません。

セックスで愛を深める

セックスの頻度がわかったところで、どうしたらセックスレスを回避できるのでしょうか?セックスは欲求を消化して満たされる他に、愛情のつながりを感じたり、好きという気持ちを確認することもできます。

心を解放し、男女問わず愛情を伝えるためのセックスというのは、一体どんなものがあるでしょうか?彼女や奥様がいる男性はもちろん、そうでない方にも是非参考にしてくださいね!

相手に対して、自分を解放する!

自分に自信のない人は、自分のセックスにも自信を持てません。彼女との夜を素晴らしいものにするために、まずは自分の心を解放してください。
自分を解放するとは、自分を作ったり演出したりせず、ありのままの貴方で相手と向き合うことだと思います。女性は男性より、感受性やコミュニケーション能力が高いことが多いので、彼が本心を見せているのかどうかを意外にも見抜いてしまうもの。セックスの最中でも、あなたの行動が女性に伝わってしまっている可能性もあります。

そんな敏感な女性でも、まっすぐで飾らない貴方に正面からぶつかられれば、彼女自身が想像していた以上にあなたに信頼と安心を感じるようになるかも。彼女でいるということは、あなたの一番近い存在でありたいものです。身体的かつ心でもあなたとの繋がりを感じられれば、二人の関係はより良いものになりますよね!
彼女とセックスをするときは、飾らない自分でいることを心がけてみてくださいね!

あなたの好きなセックスを相手に伝える

「セックスでは常に主導権を握りたい」「服は着たままの方が興奮する」
…など、セックスの趣味趣向は人それぞれ。自らの性の嗜好を認識し、相手がそれを受け入れて楽しんでくれるのか徐々に探っていきましょう。

相手が本当に嫌な行為をしない限り、付き合っている二人の夜にタブーなどありません。前提として、女性は「イヤ」と一度拒否をしたがる生き物だと考え、自分の“したいこと”を正直に打ち明けてみてください。彼女の反応を見て、本気で嫌がっているのかどうかを判断してみて。

もし彼女があなたのしたいセックスを本気で嫌がっているのであれば、反応がなくなったり何かサインが出るはず。反対に、やってみたいなという感じであれば、「いや」と言いつつも流れに身を任せてくるはずです。
そこは男性がリードしてセックスへ導いてあげてくださいね。

新しいことに挑戦してみる

セックスレスのカップルの場合、カップルの関係自体がマンネリしているのか、セックスがマンネリしているのかで異なります。もしカップルの関係自体がマンネリしてしまい、相手を愛している気持ちが薄れてしまっている場合は、その付き合い自体を考えることもアリだと思います。これが結婚しているとなると、安易に離婚と言う訳にはいかないため、話し合うことや関係修復のためにすべきことがあると思います。

しかし、セックスがマンネリしていてセックスレスになっている場合なら、何か新しいことに挑戦してみることでセックスの楽しさが発見できることも多いにあります。

・前戯に思いっきり時間をかける
・したことのない場所でセックスしてみる
・アダルトグッズを使う
・複数プレイをしてみる
・敢えて最後までしないで焦らしまくる→女性から誘ってくるのを待つ

など、他にもたくさんあると思います。とにかく今までしてこなかった新しいセックスをして、彼女の隠れた性癖を発見できるくらいに自分もオープンにする必要があります。

特にオススメで効果がすぐ出ると女性の間で話題なのが媚薬セックス♡

実際に私の友人の中で今まであまりセックスの気持ち良さを感じられなかったけれど、媚薬を使うことでかなりの快感を得ることができ、結果的に彼とのセックス自体が好きになったと言う意見も!媚薬は、女性が自分から買うことは抵抗がありますが、彼から言われたら使ってみたい!と言う女子が多いんです。

そんな時には、男性の方から提案してもらえると興味がある女性にとっては新しい世界を覗けるようで興奮してしまいます。また、媚薬を使うとこれまでに感じたことがないくらい気持ちよくなり、興奮してイキまくるなんてことも。

女性は自分が体験したことがないセックスを経験させてくれる男性となら、何度でもセックスしたくなってしまうものです♡ぜひ一度媚薬セックスにトライしてみては?

行為の時は世界にどっぷり浸かって

新しいプレイに挑戦するときは、より深くあなたがその彼女とのセックスの世界に入ることが重要です。なぜなら、やっぱり強引な男性に弱いのが女性だからです。あなたがその世界に深く入れば入れるほど、女性は少しの挑戦ならしてみようかな?と冒険心がわいてきます。
外でのセックスや誰かに見てもらいたい等の、二人きりでは完結しない嗜好があなたにある場合は、女性の気持ちを敏感に感じ取り、押したり引いたりしてみてくださいね。

愛が深まるセックス頻度は◯回?!

心が解放できるようなセックスをお互いできれば、自然と男女の関係もうまくいきますよね!では、一番理想的なセックスの頻度とは何回なのでしょうか?

男女が共に生活していく上で、一番二人の関係が良好になるセックスの回数は、【週に2回】だと言われています。世界でセックス頻度が高い国よりも少し少ない数ですが、お互いの頻度が異なったときにも、週に2回のセックスであればストレスを感じにくい頻度なんだとか。

女性にとっても2回であればそこまで負担に感じにくいのではないでしょうか。もちろん個人差があるので、パートナーや彼女と話して決めることが必要ですが、週2回の頻度がオススメです。

素晴らしい夜が迎えられた二人は確実に愛情が深まる♡

お互いが相手の好きなセックスを理解し、気持ち良いセックスを続けていれば、愛情はさらに深まります。その中で、さらに新しい快感を発見したり…愛あるカップルのセックスの探究心は収まりません!

日本人の特徴として、セックスは男性がリードすることがつきもの。まずは、貴方から自分をさらけ出して、相手に自分の好きなセックスを徐々に見せるところから始めてみてください!

あなたのセックスの頻度が高くなりますように。

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター